正当性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 正当性の意味・解説 

せいとう‐せい〔セイタウ‐〕【正当性】

読み方:せいとうせい

社会通念上また法律上正しく道理かなっていること。「主張の―を認める」


正当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 04:34 UTC 版)

正当性(せいとうせい)


  1. ^ 日本国語大辞典,デジタル大辞泉, 精選版. “正当性とは” (日本語). コトバンク. 2021年12月29日閲覧。


「正当性」の続きの解説一覧

正当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 09:18 UTC 版)

IDベース暗号」の記事における「正当性」の解説

全体がうまく動作するためには、当り前ではあるが以下を前提とする。 ∀ m ∈ M , I D ∈ { 0 , 1 } ∗ : D e c r y p t ( E x t r a c t ( P , K m , I D ) , P , E n c r y p t ( P , m , I D ) ) = m {\displaystyle \forall m\in {\mathcal {M}},ID\in \left\{0,1\right\}^{*}:Decrypt\left(Extract\left({\mathcal {P}},K_{m},ID\right),{\mathcal {P}},Encrypt\left({\mathcal {P}},m,ID\right)\right)=m} 。

※この「正当性」の解説は、「IDベース暗号」の解説の一部です。
「正当性」を含む「IDベース暗号」の記事については、「IDベース暗号」の概要を参照ください。


正当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 13:27 UTC 版)

公開鍵暗号」の記事における「正当性」の解説

定義 Π = ( G , E , D ) {\displaystyle \Pi =(G,E,D)} が以下の条件を満たすとき、 Π {\displaystyle \Pi } は正当性を満たすという : 任意の平文 m に対しPr((pk, sk) ← G(1k), C ← Epk(m) : Dsk(C) = m) は圧倒的 (overwhelming) である。

※この「正当性」の解説は、「公開鍵暗号」の解説の一部です。
「正当性」を含む「公開鍵暗号」の記事については、「公開鍵暗号」の概要を参照ください。


正当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 16:28 UTC 版)

表示的意味論」の記事における「正当性」の解説

観測される動作異なプログラム表示異なる。

※この「正当性」の解説は、「表示的意味論」の解説の一部です。
「正当性」を含む「表示的意味論」の記事については、「表示的意味論」の概要を参照ください。


正当性(correctness)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/21 02:23 UTC 版)

ホーア論理」の記事における「正当性(correctness)」の解説

事前条件 P が成り立つときに、プログラム S を実行すると、その実行が必ず終了するならば、プログラム S は、事前条件 P に関して停止する(terminate)と言うプログラム S が部分的に正当かつ停止するものであるとき、すなわち、プログラム S が事前条件 P に関して停止し停止後には必ず事後条件 Q が成り立つならば、プログラム S は、事前条件 P と事後条件 Q とに関して正当(correct)であるという。

※この「正当性(correctness)」の解説は、「ホーア論理」の解説の一部です。
「正当性(correctness)」を含む「ホーア論理」の記事については、「ホーア論理」の概要を参照ください。


正当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 04:48 UTC 版)

ジオブロッキング」の記事における「正当性」の解説

ジオブロッキング大本は、カートリッジCDなど解析コピーしネット上ダウンロードするといった著作権侵害対応するために家庭用ゲーム機器やPC用ゲーム施された政府主導リージョン制限が発端とされている(しかし、リージョン制限のないPlayStation 3では深刻な問題になっていないため、そもそも意味がないという批判も多い。)。 また、企業側としても地域ごとにソフトの需要価値大きく変わるため、経営戦略として発売日地域ごとに前後させたり、またはCEROといった各国法律文化基づいた独自の対応を行う余地を持たせるためとされている。特に需要が高い場合は「品質向上のために時間をかける」「その分価格設定高くする」といった対応を取り利益最大効率化を図る目的がある。

※この「正当性」の解説は、「ジオブロッキング」の解説の一部です。
「正当性」を含む「ジオブロッキング」の記事については、「ジオブロッキング」の概要を参照ください。


正当性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 15:31 UTC 版)

サンダラムの篩」の記事における「正当性」の解説

最終的な2倍し、1をたされた整数リストは、3から2n+1までの奇数含まれている。私たちは、リストから除外され奇数真に合成数であることを示さなければならない奇数整数は、それが2(i + j + 2ij) + 1という形で表せ、かつそのとき限り最終的なリストから除外されている。このとき、 2 ( i + j + 2 i j ) + 1 = 2 i + 2 j + 4 i j + 1 = ( 2 i + 1 ) ( 2 j + 1 ) . {\displaystyle {\begin{aligned}2(i+j+2ij)+1&=2i+2j+4ij+1\\&=(2i+1)(2j+1).\end{aligned}}} よって、奇数はそれが(2i + 1)(2j + 1)と因数分解される場合、つまり非自明な奇数因数を持つ場合かつそのとき限り最終的なリストから除外されるしたがって、最終的なリストは 2 n + 2 {\displaystyle 2n+2} 以下の奇素数だけを含む。

※この「正当性」の解説は、「サンダラムの篩」の解説の一部です。
「正当性」を含む「サンダラムの篩」の記事については、「サンダラムの篩」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「正当性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「正当性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正当性」の関連用語

正当性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



正当性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正当性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのIDベース暗号 (改訂履歴)、公開鍵暗号 (改訂履歴)、表示的意味論 (改訂履歴)、ホーア論理 (改訂履歴)、ジオブロッキング (改訂履歴)、サンダラムの篩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS