ブームとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ブームの意味・解説 

ブーム【boom】

読み方:ぶーむ

ある物が一時的に盛んになること。急に熱狂的な人気の対象となること。「―を呼ぶ」「サッカー―」

急に需要増して価格急騰すること。にわか景気。「土地―」


ブーム boom

クレーンなどの楊重機械の腕木部分この先端に荷物などをつりあげる装置があって、 平、垂直両方向につり荷を移動する俗称ブー」とか「ブーちやんとかいう

ブーム

名前 Boom

ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/03 06:31 UTC 版)

ブーム: boom




「ブーム」の続きの解説一覧

ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 06:04 UTC 版)

大久野島のうさぎ」の記事における「ブーム」の解説

Clip 島内にあるうさ耳オブジェ 2011年干支が卯だった年に日本のメディアCNN Travel紹介したこと、更に同年日本の旅行会社が国内外向けにウサギテーマとした旅行プラン企画したこと、そして2013年・2014年頃に海外ニュースサイト動画付き紹介したり、島を訪れた外国人動画サイト投稿したりしたことで、国際的にも「ウサギの島としての知名度一気知れ渡った年間来島客は2010年度で約152,000人だったが2014年に約186,000人、外国人至っては2013年378人、2014年5,564人、2015年17,215人と大幅に増えている。2017年は約36万人達した2018年行われた来島客を対象としたアンケートでは、回答者93%がウサギとのふれあい目的来島している、という結果出ている。

※この「ブーム」の解説は、「大久野島のうさぎ」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「大久野島のうさぎ」の記事については、「大久野島のうさぎ」の概要を参照ください。


ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:23 UTC 版)

讃岐うどん」の記事における「ブーム」の解説

1980年代末頃から、香川県タウン情報誌月刊タウン情報かがわTJかがわ)』で連載され個性的なうどん店紹介企画ゲリラうどん通ごっこ」が評判となる県内で「うどん屋探訪」がレジャーとして盛んになり、味に加えて個性的な自体楽しむ客が大きく増えた1988年には瀬戸大橋開通好影響及ぼし加ト吉冷凍讃岐うどん」の売上急増した。 まず、在京テレビ局グルメ番組で、1992年頃から武田鉄矢吉村明宏といったタレント穴場うどん店を巡る番組放送され始め、それは一過性のものに終わことなく引き続いていく。近隣地方局でも情報番組などで穴場うどん店紹介頻繁に取り上げる。やがて90年代後半には料理対決番組でのうどんVSそば、テレビ東京TVチャンピオン』での「讃岐うどん王選手」の定期開催など、うどんと穴場うどん店にまつわる露出加速していった。 また出版物においては1993年上記連載単行本恐るべきさぬきうどん』がホットカプセルTJかがわ出版元)から県下発売後に新潮社から全国発売される。これは何巻にも渡って刊を重ねた並行して雑誌レタスクラブ』『DIME』『Hanako』『AERA』などへの寄稿アドバイス精力的に行う。これらの書籍記事触発されたうどん遠征記なども書籍化された。広告プランナー佐藤尚之さとなお)の『うまひゃひゃさぬきうどん』(1998年)もその初期の一つである。 1998年明石海峡大橋開通により、京阪神方面香川県高速道路で直結した。上記の動きあいまって県外からもうどん屋巡り目的とする観光スタイル広がっていった。また同時期を通じて香川県のうどん生産量倍増し田舎の穴場店」に観光客が行列を作る光景見られるようになった2006年には映画UDON』が公開された

※この「ブーム」の解説は、「讃岐うどん」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「讃岐うどん」の記事については、「讃岐うどん」の概要を参照ください。


ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:07 UTC 版)

パワーレンジャー・S.P.D.」の記事における「ブーム」の解説

キャット助手元はS.P.D.候補生落ちこぼれだったが、ドギー救われて、キャット助手になることができた。ドジ三枚目ではあるが、キャット助手務めているだけに科学者としての腕は確かでブリッジとの共同でR.I.C.改修したこともある。キャット発明によりモンスター変身してスカイたちの特訓相手となっている。

※この「ブーム」の解説は、「パワーレンジャー・S.P.D.」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「パワーレンジャー・S.P.D.」の記事については、「パワーレンジャー・S.P.D.」の概要を参照ください。


ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 04:43 UTC 版)

ボーダーワールド -碧落のTAO-」の記事における「ブーム」の解説

ストラ騎乗するガイスト投げ飛ばす実力を持つ。

※この「ブーム」の解説は、「ボーダーワールド -碧落のTAO-」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「ボーダーワールド -碧落のTAO-」の記事については、「ボーダーワールド -碧落のTAO-」の概要を参照ください。


ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 14:39 UTC 版)

ウィンドサーフィン」の記事における「ブーム」の解説

セイラー握りリグ操作するハンドル役割荷いセイルのブーム長を造作するもの。マストに取り付ける形状楕円形長さ120cm〜310cmのものがあり、多く長さ調節可能でセイルにあわせてブーム長を調節し使用するアルミニウム製カーボン製がある。マストとの接合部(ブーム・ジョー)はプラスチック・ゴム樹脂製でマストくわえ込む構造になっており、反対側の端(ブーム・エンド)には固定するための紐(シート)を通す穴と引っ掛けフック付属されている。ブームエンド穴に通したシートセイル後端部クリュー)との間で数往復させて引っ張り、ブームエンドのフックにかけることで伸張調節を行う。

※この「ブーム」の解説は、「ウィンドサーフィン」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「ウィンドサーフィン」の記事については、「ウィンドサーフィン」の概要を参照ください。


ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 18:28 UTC 版)

豆乳鍋」の記事における「ブーム」の解説

2000年以降豆乳需要増え豆乳ブームとともに健康志向から人気に火がついたのをきっかけに女性中心に支持集め人気鍋として定着した。 さらに近年では豆乳鍋進化し、「ごま豆乳鍋」「豆乳坦々鍋」など、バリエーション豊かになってきている。

※この「ブーム」の解説は、「豆乳鍋」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「豆乳鍋」の記事については、「豆乳鍋」の概要を参照ください。


ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 14:38 UTC 版)

サンシャイン水族館」の記事における「ブーム」の解説

1980年代ラッコウーパールーパーなどの一大ブームを引き起したアロワナピラニア展示して話題になったウーパールーパーは、TBS系の「わくわく動物ランド」がブームに火を点けたものだが、当時展示施設少なかったため、サンシャイン国際水族館観客殺到した

※この「ブーム」の解説は、「サンシャイン水族館」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「サンシャイン水族館」の記事については、「サンシャイン水族館」の概要を参照ください。


ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 21:57 UTC 版)

水を吐くフグ」の記事における「ブーム」の解説

2019年平成31年3月10日東京新聞のコーナー親子で学ぶぅ」のTwitterアカウントが、秋田県会社岩手県雫石町温泉水利用して毒を持たないトラフグ養殖しているという内容投稿行った。そこで掲載された写真トラフグ吸い込んだ勢いよく吐き出している瞬間捉えたもので、その姿話題呼んだ3月13日にはゲーム開発者が「水を吐くフグです」という文面と共に3D化したフグビームのように吐き出すという内容動画ツイートし、話題となった。さらに3月14日フリー素材サイトいらすとや」が「水を吐くフグイラスト」としてイラスト公開した。この公開知らせツイート3月15日時点で21000リツイート集めたその後も「水を吐くフグ」をモデルとしたさまざまなイラストや動画作品投稿され、「水を吐くフグ」はTwitter中心にネット上でブームとなった3月18日には上記のフグ養殖しているプラザホテル山麓グループ公式Twitterが「水を吐くフグの様子を収めた動画投稿したところ3を超えるいいねを集め10日間で70を超える再生回数記録したここからさらに「水を吐くフグ」は、イルカの口に突かれて体が凹んだフグ写真や、カニハサミ掴まれて皮が伸びてしまったフグ写真と共に不遇なフグ」として人気を集めた3月20日には漫画家大川ぶくぶ自身のTwitter水を吐くフグ含めた不遇なフグ」をネタとして盛り込んだ『ポプテピピック』4コマ漫画投稿し話題となった3月24日にはフグの形の蛇口作り水を吐くフグ」を再現した動画話題呼び、「再現度高すぎ」や「商品化して欲しい」」「お風呂場おもちゃに欲しい」などの声が寄せられた。さらに同日陶芸家川原直樹枯山水)が「お茶を吐くフグ」として題して水を吐くフグ模して作った急須写真Twitter公開し1万2000リツイート集めたニコニコ動画では動画コメント機能用いて水を吐くフグイラスト再現するユーザー現れ、その完成度の高さ絶賛するコメント書き込まれた。同年8月12日より4日開催された「コミックマーケット96」では、水を吐くフグコスプレをする参加者現れたイー・ガーディアンによる2019年Twitter上で多くツイートされたワード調査したSNS流行語大賞2019」にもノミネートされたが、トップ5入り果たしていない

※この「ブーム」の解説は、「水を吐くフグ」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「水を吐くフグ」の記事については、「水を吐くフグ」の概要を参照ください。


ブーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:50 UTC 版)

抗日神劇」の記事における「ブーム」の解説

2012年だけでも200以上の作品製作されるほどのブームにより、日本兵役が不足したため、同じ日本人俳優多数作品で同じ(歴史上の人物演じていたり、作品によっては日本語話せない中国人演じていることも多い。それでもモブキャラクターとしてまとまった数が必要であるため、日本兵役の中国人エキストラの史中は、普段でも一日7〜8回、最も多い時には一日31回も死ぬシーン演じたという。三浦研一矢野浩二渋谷天馬塚越博隆ら、中国活動する日本人俳優悪役常連となったため、皮肉にも中国での知名度上昇したが、「極寒雪中行軍最中、馬から飛び降りて娘を強姦する」という不自然なシーンに対して抗議する聴き入れられなかった塚越オーディション挑むも「痩せすぎで、怖くない日本兵見えない。」という理由で不合格になることが多かった渋谷など、彼らは製作側の「悪い日本兵」というイメージに対して複雑な感情抱いている。抗日ドラマ日本兵役を演じるのに疲れてしまった矢野は、2008年からバラエティー番組司会を始め、「日本鬼子」と呼ばれることは少なくなったが、どのようなドラマであろう日本人の役は必ず最後に死んでしまうのが気になると語る。塚越はあるロケ撮影中に高齢女性が「この小日本鬼子め!」と叫びながら襲ってきたこともあると言う塚越先述雪中行軍での演技の際も「君は分かっていない当時の日本兵はこんな風だったんだ」と“正しく理解して演じる”よう監督から諭されているくらいで、製作陣や(それは一部かも知れないが)一般視聴者反日意識根深さ感じざるを得ないという。日本人俳優撮影スタッフから「日本人悪いことをしたのだからおまえが代わりに謝れと言んばかり態度執られることもあるという。ブームの最中にあった2009年中国人ブログ「慎言」に掲載された反日記事妄想中国映画」は、「近年抗日戦争映画日本兵可愛げで馬鹿っぽく描くことが多くあまりにも現実離れしている」と批判し日本鬼子描写本来の貪欲で残虐で非人間的」なものでなければならない主張していた。 製作現場知らない日本人と言えばこの件について深く考える者はほとんどいなかった。中国本土在住日本人普段から抗日神劇見聞きしていたわけであるが、特に批判することなくコメディ作品見做してほとんど無関心という態度多かったという。抗日神劇批判的な中国人は、中国在住日本人さすがに怒っているに違いない危惧していたため、緩い反応意外であったらしい。日本国内日本人の場合は荒唐無稽な内容話題となり、2018年平成30年)に解説書中国抗日ドラマ読本意図せざる反日愛国コメディ』が出版されるなど、批判するよりもコメディ作品見做す者が、これはマスメディア含めて当初から多かった。すなわち、おおかたの日本人にとって中国反日教育続けていることは周知の事実で、今さら気持ち新たに怒ってみせるようなことでもなく、むしろ呆れて笑ってしまうというのが本当のところであった抗日ドラマ愛国コメディであるとする解説書観点得心する中国人の声もあった。もっとも、中国ニュースアプリ今日頭条」のSNSでは、「日本戦後戦争について教育行ってこなかったためではないか」との主張がある他方解説書出版に当たって普段から抗日神劇批判的な中国人からは「我が国の恥が海外に曝されてしまった」と嘆く声も多く聞かれた。また、中国ネットユーザーは、ゲームや動画など特に取締まるに当たらないものまで禁止する一方反日イデオロギーのために抗日ドラマだけを放任している検閲当局非難矛先を向けもした。この世を受けて異例なことに中国政府メディア抗日ドラマ非難し始め中国共産党機関紙人民日報系の環球日報電子版までもが「(抗日ドラマで)恥をかいた」と記したまた、中国青年報』は評論記事で「馬鹿馬鹿しい抗日ドラマ歴史歪曲した」と批判した

※この「ブーム」の解説は、「抗日神劇」の解説の一部です。
「ブーム」を含む「抗日神劇」の記事については、「抗日神劇」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブーム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ブーム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ブーム」に関係したコラム

  • CFDの砂糖取引とは

    砂糖の先物取引は、ニューヨーク市場やロンドン市場、東京市場などで行われています。そしてCFDの砂糖価格は、ニューヨーク市場での砂糖の価格に連動して推移します。砂糖の価格変動要因には、粗糖生産国の気象、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブーム」の関連用語

ブームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブームのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2023 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大久野島のうさぎ (改訂履歴)、讃岐うどん (改訂履歴)、パワーレンジャー・S.P.D. (改訂履歴)、ボーダーワールド -碧落のTAO- (改訂履歴)、ウィンドサーフィン (改訂履歴)、豆乳鍋 (改訂履歴)、サンシャイン水族館 (改訂履歴)、水を吐くフグ (改訂履歴)、抗日神劇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS