人生観とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > > 人生観の意味・解説 

人生観

読み方:じんせいかん

人生に関するものの考え方意味する語。人生とはこういうものだ、こうあるべきだといった事柄を指すことが多い。生き様生き方全般を指すことも多い。

じんせい‐かん〔‐クワン〕【人生観】

読み方:じんせいかん

人生に対する見方人生目標・意味・価値などについての全体的統一的な見方で、人生とは何か、人生いかに生きるべきかについて、具体的、実践的な記述指針を含む。


人生観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 23:14 UTC 版)

人生観(じんせいかん)とは、人間ひとりひとりが、自分自身の人生や人間全般の人生について抱く諸観念のこと。人生の見方。人生についての理解・態度。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 飯田史彦、吉田武男 『スピリチュァリティ教育のすすめ: 「生きる意味」を問い「つながり感」を構築する本質的教育とは』PHP研究所、2009年。 


「人生観」の続きの解説一覧

人生観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 22:36 UTC 版)

福翁百話」の記事における「人生観」の解説

第7話の「人間の安心」において次のように人生観を述べている。 「宇宙(うちう)の間に我(わが)地球(ちきう)の存在そんざい)するは大海たいかい)に浮(うか)べる芥子(けし)の一粒(つぶ)と云ふも中々(なかなか)おろかなり」 そして、人間芥子粒のような地球上で生まれ死んでいく存在にすぎない。さらに、 「左れば宇宙(うちう)無邊(むへん)の考を以て獨(ひと)り自から觀(くわん)ずれば日月小なり地球(ちきう)も微なり况(ま)して人間如き無智(むち)無力(むりよく)見る影(かげ)もなき蛆蟲うじむし)同樣(どうやう)の小動物にして石火電光瞬間(しゆんかん)偶然(ぐうぜん)この世呼吸(こきふ)眠食(みんしよく)し喜怒哀樂きどあいらく)の一夢忽ち消えて痕(あと)なきのみ」 である。しかしながら、「既に世界(せかい)に生れ出た上は蛆蟲うじむしながらも相應(さうおう)の覺悟(かくご)なきを得ず」と述べる。それでは、その覚悟とは何かというと、 「人生じんせい)夲來(ほんらい)戲(たはむれ)と知りながら此一場の戲を戲とせずして恰も眞面目(まじめ)に勤(つと)め貧苦(ひんく)を去て富樂(ふらく)に志し同類(どうるゐ)の邪魔(じやま)せずして自から安樂あんらく)を求め五十七十壽命(じゆみやう)も永きものと思ふ父母(ふぼ)に事(つか)へ夫婦相親しみ子孫(しそん)の計(はかりごと)を爲(な)し又戸外公益こうえき)を謀(はか)り生涯一點過失(くわしつ)なからんことに心掛(こゝろがく)るこそ蛆蟲うじむし)の本分なれ」 とする。この覚悟を持ってこそ「萬物ばんぶつ)の靈(れい)として人間の獨(ひと)り誇る所のものなりということになる。

※この「人生観」の解説は、「福翁百話」の解説の一部です。
「人生観」を含む「福翁百話」の記事については、「福翁百話」の概要を参照ください。


人生観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:58 UTC 版)

藤田田」の記事における「人生観」の解説

最悪のあとには必ず最善がある。いかなる苦境にも屈しない強さを身につけていれば、おのずと道は開ける人生希望を6割達成できればあまあいい。7割いけば上出来、8割できれば感謝すべきである

※この「人生観」の解説は、「藤田田」の解説の一部です。
「人生観」を含む「藤田田」の記事については、「藤田田」の概要を参照ください。


人生観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 00:16 UTC 版)

フランソワーズ・サガン」の記事における「人生観」の解説

若き日対談集『愛と同じくらい孤独』(新潮文庫版朝吹由紀子訳)では以下のような人生観を披露している。 『お金今の社会では防衛手段であり、自由になれる手段です』 『お金持っている側だけでなく、持っていない人たちをも支配してしまいます』 『自由になれるのはお金次第です』 『わたしが大嫌いなものはお金で買うことのできるものではなくお金によって作られる人間関係お金大部分フランス人課している生活態度なのです』 『わたしは人の持つ安心感や人を落ち着かせるものが大嫌いです精神的に肉体的にでも、過剰なものがある休まるのです』 『わたしは孤独好きです、でも他人に愛を感じていますし、好きな人にはとても興味を持ってます。ですから、人生小さなドラマに対して自分嘲弄してユーモアをたっぷり持つことが必要だと思うのです。それでユーモアを持つための第一段階自分自身嘲笑うことだと思います

※この「人生観」の解説は、「フランソワーズ・サガン」の解説の一部です。
「人生観」を含む「フランソワーズ・サガン」の記事については、「フランソワーズ・サガン」の概要を参照ください。


人生観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 01:19 UTC 版)

人生」の記事における「人生観」の解説

詳細は「人生観」を参照 人生に対する見方や、人生の意味理解のしかたを人生観という。 飯田史彦はある著書で、人生一種の学校だととらえることができるとしている。壁を乗り越えることに意味がある考えるのではなく、壁があることに意味があり、壁に挑戦しているだけでもすでに意味がある、と考えることで、人生起きすべての出来事意味がある考えつつ人生前向きに生きてゆくことができる、と説明しているまた、飯田別の著書で「自分たちは、ある法則のもとで人生何度も繰り返しながら成長している」という人生観は人生について最も豊穣意味づけ可能にする、と述べている。この人生観を採用すると、「今の人生は、次の人生の下地なるものなのだから、今回人生日々大切に生きようそうすればその努力次の人生に反映されるのだ」と希望を持って努力することができるという。 西洋では聖書人々豊穣な人生観を提示してきた。東洋では仏典中に同様の役割を果たすものがある。たとえば法華経多くの人々人生生きる意味教えている。[要出典]

※この「人生観」の解説は、「人生」の解説の一部です。
「人生観」を含む「人生」の記事については、「人生」の概要を参照ください。


人生観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 06:17 UTC 版)

小林ハル」の記事における「人生観」の解説

ハル自らの人生観について、次のように語っている。 どこに行っていくつになってもいろいろな苦労あるものだ、でも、どんなにせつなくても、心のうち神さま仏さま見透かしておられる他の人たちは、そんなことわからずに、言いたいことを言い、したいことをするが、私は決し無理なことを言ったり、したりしないで、神さま仏さまおまかせしてきた — 小林・川2005、60-61頁。 他人からなんと言われようとも、盗人と言われなければそれでいいんです。本当のこと神さま仏さま見ていてよく知っていなさるんです。だから、言いたいことだっていっぱいあるけど、それを口に出したり、口を返すようなことをしたら、私も同じ罪になってしまう — 小林・川200561頁。 川野己は、ハルは「善い原因が、善い結果を生み、悪因悪い結果もたらす」という因果概念に従って生きたのだと説明するハル晩年自らの人生次のように振り返っている。 私が今、明る目をもらってこれなかったのは前の世悪いことをしてきたからなんだ。だから今、どんなに苦し勤めをしても、次の世は虫になってもいい。明る目さもらってこれればそれでいいから、そう思ってつとめ通してきた。 — 桐生2000378頁。 ハル戒名をつけた僧侶安澤浩祥はこの言葉について、「色も形も知らずとは何であるかわからないハルさんが、『どんなにも魂がある』という釈迦言葉信じて、欲を捨てた無欲悟り世界未来を託したであろう」と解釈している

※この「人生観」の解説は、「小林ハル」の解説の一部です。
「人生観」を含む「小林ハル」の記事については、「小林ハル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人生観」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「人生観」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



人生観と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人生観」の関連用語

人生観のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人生観のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人生観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの福翁百話 (改訂履歴)、藤田田 (改訂履歴)、フランソワーズ・サガン (改訂履歴)、人生 (改訂履歴)、小林ハル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS