アタラクシアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > アタラクシアの意味・解説 

アタラクシア【(ギリシャ)ataraxia】

読み方:あたらくしあ

哲学で、心の平静不動の状態。ヘレニズム時代人生観エピクロスはこの境地実現哲学目標であると説いた


アタラクシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/17 04:38 UTC 版)

アタラクシア古希: Ἀταραξία英語: Ataraxia)とは、の平静不動なる状態のこと[1]。乱されない心の状態[2]。激しい情熱欲望から自由な、平静な心のさま[3]。最後の α は長音なので表記はアタラクシアーとも。古代ギリシア哲学専門用語であり、ヘレニズム時代の人生観[2]エピクロスの処世哲学である[2]。エピクロス以外の同時代の哲学者も、似たような内容を説いた。


注釈

  1. ^ これは、馬の泡立つ唾液を描こうとした画家アペレスの経験に喩えられた。彼は、それがうまくいかないので、怒って途中で描くのをやめてしまい、筆をきれいにするのに使うスポンジを放り投げた。すると、それが画板にぶつかってうまく馬の唾液が表現できた、という[5]

出典

  1. ^ a b c d e 平凡社『哲学事典』1997, p.19【アタラクシア】
  2. ^ a b c 広辞苑 第六版
  3. ^ ブリタニカ【アタラクシア】
  4. ^ a b 岩波 哲学・思想事典【アタラクシア】
  5. ^ Sextus Empiricus, Outlines of Pyrrhonism, Translated by R.G. Bury, Harvard University Press, Cambridge, Massachusetts, 1933., p. 19, ISBN 0-674-99301-2.
  6. ^ Steven K. Strange, (2004), The Stoics on the Voluntariness of Passion in Stoicism: Traditions and Transformations, p. 37. Cambridge University Press.
  7. ^ 犍度


「アタラクシア」の続きの解説一覧



アタラクシアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アタラクシア」の関連用語

アタラクシアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アタラクシアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアタラクシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS