アイディアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > アイディアの意味・解説 

アイディア【idea】

読み方:あいでぃあ

アイデア


発想

(アイディア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 18:00 UTC 版)

発想(はっそう)(idea、conception)とは、考え着想見解思いつき概念想像力理解のこと。


  1. ^ 朝日新聞1988年1月7日の記事(琉球大学国文学教授岡本恵徳の話ほか)


「発想」の続きの解説一覧

アイディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 01:23 UTC 版)

Paillier暗号」の記事における「アイディア」の解説

G の任意のg = 1 + kn mod n2 をひとつ固定し、m ∈ Zn暗号文c = g m r n mod n 2 {\displaystyle c=g^{m}r^{n}{\bmod {n}}^{2}} で定義する。ここで r は Z n 2 ∗ {\displaystyle \mathbb {Z} _{n^{2}}^{*}} から選ばれた乱数である。 rn は n 乗剰余であるので、H の元である。したがっrn位数は λ の約数である。そこで復号際に秘密の情報 λ を用い、cλ を計算すると、 c λ = ( g m r n ) λ = g λ m = ( 1 + k n ) λ m = 1 + k λ m n mod n 2 {\displaystyle c^{\lambda }=(g^{m}r^{n})^{\lambda }=g^{\lambda m}=(1+kn)^{\lambda m}=1+k\lambda mn\mod n^{2}\,} となる。よって L() = λkm である。同様の議論により L(gλ) = λk も示せるので、L()/L(mλ) により、平文 m を計算できる

※この「アイディア」の解説は、「Paillier暗号」の解説の一部です。
「アイディア」を含む「Paillier暗号」の記事については、「Paillier暗号」の概要を参照ください。


アイディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 06:03 UTC 版)

磁気浮上式鉄道」の記事における「アイディア」の解説

浮上式の交通機関アイデア古くから存在する大部分は航空機へとつながるアイデアであるが、19世紀頃には、気球車体に取付け空中設置され軌道走行する鉄道や、水流乗って走る鉄道想像図描かれ特許多数申請された。実際1870年頃のフランスパリ行われた博覧会では、軌道から吹き上げ車両浮上させてその上を走る列車運転された。初期のリニアモータによる推進の列車特許ドイツ人発明家Alfred Zehdenによってアメリカ合衆国特許782,312号(1907年6月21日)とアメリカ合衆国特許RE12,700号(1907年8月21日)がそれぞれ取得された。1907年同様に初期の電磁式交通機関F. S. Smithによって開発された。 第二次世界大戦後航空機自動車技術発達する鉄道に関して高速化に関する研究各国始まる。鉄道の高速化に際しレール鉄輪組み合わせボトルネックになると考えられていた。そこで、車両そのもの浮上させて高速化図ろうというアイデア提案されるうになる具体的には、磁気浮上空気浮上2種類考えられた。

※この「アイディア」の解説は、「磁気浮上式鉄道」の解説の一部です。
「アイディア」を含む「磁気浮上式鉄道」の記事については、「磁気浮上式鉄道」の概要を参照ください。


アイディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 20:29 UTC 版)

ビットコインキャッシュ」の記事における「アイディア」の解説

2017年7月20日、「ビットコイン改善提案(BIP)91」(通称Segregated Witness)がアクティベートした。 ビットコインコミュニティの一部メンバーブロックサイズの上限を上げずに「BIP91」を採用することは単に問題に直面することを先送りしただけであり、BIP91に賛成した人々ビットコイン取引通貨よりもデジタル投資として扱うことを望んでいると感じたハードフォーク計画最初にASICマイニングハードウェアメーカーのBitmainから発表されその後開発者プロジェクトへの関心寄せたビットコインキャッシュプロジェクトは元々はBIP148 (UASF)が成功した場合にBitmainが実行するコンティンジェンシー・プラン」と呼ばれたビットコインキャッシュの名称は元々は中国マイニングプールの「ViaBTC」が提案した

※この「アイディア」の解説は、「ビットコインキャッシュ」の解説の一部です。
「アイディア」を含む「ビットコインキャッシュ」の記事については、「ビットコインキャッシュ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アイディア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アイディア

出典:『Wiktionary』 (2018/08/23 09:00 UTC 版)

語源

英語:idea音写

異表記・別形

発音(?)

ア↘イディア
ア↗イディ↘ア

名詞

アイディア

  1. 着想思いつき考案構想
  2. 考え観念イデア

関連語

  • 熟語:アイディアマン、グッドアイディア

「アイディア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アイディアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アイディアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイディアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIDEAの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPaillier暗号 (改訂履歴)、磁気浮上式鉄道 (改訂履歴)、ビットコインキャッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアイディア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS