解決策とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 解決策の意味・解説 

解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 15:36 UTC 版)

天下り」の記事における「解決策」の解説

公務員定年60歳であり、定年退職した公務員含めて退職者ほとんどは再就職希望している。背景には65歳年金支給まで5年間の無給間がある事が問題だされていて定年後1年以内任期65歳まで更新繰り返パートタイムである再任用では収入では年金含めて半減以下になることや再任用者の能力活用出来職務を必要数だけ用意することから解決策として難しい。そのため、天下り含めた公務員再就職問題の解決策として、65歳まで定年延長することが再任用で働いている職員から提案されている。

※この「解決策」の解説は、「天下り」の解説の一部です。
「解決策」を含む「天下り」の記事については、「天下り」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/12 01:14 UTC 版)

仮想継承」の記事における「解決策」の解説

クラス宣言次のように修正する。 // 2つクラスAnimal仮想継承するclass Mammal : public virtual Animal { public: virtual Color getHairColor();};class WingedAnimal : public virtual Animal { public: virtual void flap();};// こうもり依然として翼のある哺乳類であるclass Bat : public Mammal, public WingedAnimal {}; これで、Bat::WingedAnimal の Animal 部分は、Bat::Mammal使われている Animal同一になり、つまり1つBat インスタンスには1つAnimal だけが対応することになってBat::eat() 呼び出し曖昧でなくなる。 これは、Mammal と WingedAnimal にvtableポインタを伴うような実装になる。つまり、Mammal先頭Animal 部分先頭とのメモリオフセットは実行時まで不明となる。従って、Bat は (vtable*, Mammal, vtable*, WingedAnimal, Bat, Animal) となる。1つオブジェクト2つvtable ポインタあるためそのぶんだけオブジェクトサイズ大きくなるが、Animal1つだけなるので曖昧さがなくなる。2つvtable ポインタMammal と WingedAnimal それぞれの Animal仮想継承対応して存在するBat 型の全オブジェクトvtable * の値は同じだが、Batオブジェクトそれぞれユニークな Animal オブジェクト内包する別のクラス例えSquirrelリス)が Mammal継承する場合Squirrel における Mammal オブジェクトvtable* は Bat の場合とは異なる。ただし、オブジェクトにおける Bat 部分Squirrel 部分が同じサイズであればvtable* は同じになる仮想関数テーブル実際には同一ということはないが、基本的に距離(オフセットを格納しているという点で同じである

※この「解決策」の解説は、「仮想継承」の解説の一部です。
「解決策」を含む「仮想継承」の記事については、「仮想継承」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 18:01 UTC 版)

縮退都市」の記事における「解決策」の解説

様々な都市用いた複数アプローチによるこの問題の解決試みられている。 ビジネス誘致などによって中心部活気を取り戻す事による解決方法だけでなく、都市成長境界線を使う方法考えられている。これはスプロール現象抑制しようしておりそれによって縮退都市問題が起こる前に阻止する事が期待されている。都市成長境界線都市とその近郊囲う様に引かれており、また職住近接出来るようにし、縮退都市化が起こらない様に引かれている。実際にオレゴン州ポートランド等で使われ成功収めインフラへの支出に於いて最大限還元為されている。 また、ノースカロライナ州にある芸術人文のように芸術的観点から解決試みる場所もある。

※この「解決策」の解説は、「縮退都市」の解説の一部です。
「解決策」を含む「縮退都市」の記事については、「縮退都市」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 02:31 UTC 版)

NBTI」の記事における「解決策」の解説

半導体設計及び製造プロセスに起因している為、製造プロセス変更酸化膜厚最適化、歪シリコン採用など。

※この「解決策」の解説は、「NBTI」の解説の一部です。
「解決策」を含む「NBTI」の記事については、「NBTI」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 07:10 UTC 版)

大きすぎて潰せない」の記事における「解決策」の解説

大きすぎて潰せない問題の解決策提案されているものの、議論分かれるところである。その選択肢には、例え銀行分割リスク削減させる規制導入巨大金融機関に対する銀行税の増税監視委員会によるモニタリング強化などが挙げられよう。

※この「解決策」の解説は、「大きすぎて潰せない」の解説の一部です。
「解決策」を含む「大きすぎて潰せない」の記事については、「大きすぎて潰せない」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 00:11 UTC 版)

Model View ViewModel」の記事における「解決策」の解説

model-viewでの開発プロセス差異課題1)を許容しかつview状態を表現する課題2)ために、MVVMパターンではソフトウェアModel (モデル)、View (ビュー)、ViewModel (ビューモデル) に三分割する。 MVVMではmodelview明示的に分離する関心の分離#プレゼンテーションとドメインの分離)。これによりmodelview異なツール異なる人が開発でき、効率よい協業可能になる。 またMVVMでは「Viewのためのモデルmodel for a view)」としてViewModel導入するViewModelViewModel中間に存在し表示のためにmodel値をデータバインディング可能な形式変換して態として保持する。また操作のために演算コマンドハンドラ)を有している。このViewModelによる状態表現により、modelview関知せず構築しviewデータバインディング介したUI表示のみに特化させながら、model-view間をシームレスに繋ぐことが可能になる

※この「解決策」の解説は、「Model View ViewModel」の解説の一部です。
「解決策」を含む「Model View ViewModel」の記事については、「Model View ViewModel」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 22:39 UTC 版)

サンダースパイ」の記事における「解決策」の解説

ルイテンベリは、サンダースパイ脆弱性にはソフトウェアによる簡単な解決策が存在せずThunderboltポート完全に無効化することによってのみ緩和できる主張している。一方Intelは、ビジネス端末備えられている多くの侵入防止機能有効にすることよって、この攻撃端末電源オンにしたままカーネルレベルのメモリ読み取る)の影響は、大幅に緩和されるとしている。

※この「解決策」の解説は、「サンダースパイ」の解説の一部です。
「解決策」を含む「サンダースパイ」の記事については、「サンダースパイ」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 16:55 UTC 版)

シュレーディンガーの猫」の記事における「解決策」の解説

現場物理学者シュレーディンガーの猫のようなことに思い悩むことはないヒラリー・パトナム1965年指摘している。なぜなら現場物理学者は、量子力学とは別の付加的な仮定として巨視的な可観測量が常に明確な値を保持する原理受け入れており、この原理を元に測定がいつ起こらなければならないかを導き出しており、その結果として波動関数の収縮巨視的な重ね合わせ予想される直前起きるべきとの立場をとる、とパトナム説明する

※この「解決策」の解説は、「シュレーディンガーの猫」の解説の一部です。
「解決策」を含む「シュレーディンガーの猫」の記事については、「シュレーディンガーの猫」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 09:02 UTC 版)

USBフラッシュドライブの機密保護」の記事における「解決策」の解説

物理的なドライブ機密保護損なわれやすい持ち運びやすさの利点なしには保証できない機密保護管理基本的にマルウェアによる実行であるかしれないような、疑いを招くようなドライブにおける不正な利用者不正な理に対してデータアクセス不能にさせることに専念することである。一つありふれた対処法は、保存データ暗号化と、コンピュータウイルスマルウェア、及びスパイウェアに対する対ウイルスプログラムによる定期的なUSBフラッシュドライブ走査である、けれども他の方法可能である

※この「解決策」の解説は、「USBフラッシュドライブの機密保護」の解説の一部です。
「解決策」を含む「USBフラッシュドライブの機密保護」の記事については、「USBフラッシュドライブの機密保護」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 10:16 UTC 版)

体を動かさない生活」の記事における「解決策」の解説

多くの健康・環境関係機関自動車による移動から、安全で魅力的なウォーキングサイクリング促進することを目的とする「アクティブ・モビリティ(英語版)」(活発な移動)の推進を解決策として採用している。 「ウエルネスプログラム」では道しるべとなる具体的な目標を持つことが必要不可欠である定期的な運動心臓の健康を維持するためにも非常に重要であり、(友人一緒に歩いたりスポーツリーグプレーするように)楽しみながら運動をするなら、より良い効果をもたらすことが期待できる

※この「解決策」の解説は、「体を動かさない生活」の解説の一部です。
「解決策」を含む「体を動かさない生活」の記事については、「体を動かさない生活」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 07:40 UTC 版)

ECCメモリ」の記事における「解決策」の解説

望ましくないビット反転対処するため、いくつかのアプローチ開発されている。障害許容性プログラミング[訳語疑問点](immunity-aware programming)、パリティつきRAM英語版)、ECCメモリなどである。 余分なビットを持つメモリこれらのビットを使うメモリコントローラを持つDRAMモジュールを使うことで、この問題緩和することができる。これらの余分なビットにはパリティまたは誤り訂正符号(ECC)を記録するパリティ1ビット(実際上奇数ビット)のエラー検出できる。最も一般的な誤り訂正符号ハミング符号ハミングコード)で、1ビットエラー訂正でき、(普通の構成では余分なパリティビット使って)2ビットエラー検出できる1ビットエラー訂正2ビットエラー検出(SECDED、single-error correction and double-error detection)である。Chipkill ECCはより効果的なバージョンで、メモリチップ全体データ損失を含む複数ビット訂正ができる。

※この「解決策」の解説は、「ECCメモリ」の解説の一部です。
「解決策」を含む「ECCメモリ」の記事については、「ECCメモリ」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 14:46 UTC 版)

頭蓋骨縫合早期癒合症」の記事における「解決策」の解説

頭蓋変形に対する関心の高まり専門外来普及求められている。

※この「解決策」の解説は、「頭蓋骨縫合早期癒合症」の解説の一部です。
「解決策」を含む「頭蓋骨縫合早期癒合症」の記事については、「頭蓋骨縫合早期癒合症」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 22:30 UTC 版)

中国語版ウィキペディア」の記事における「解決策」の解説

プロジェクトのニアフォーキングを避けるために、2005年1月ごろ、中国語版ウィキペディアは、利用者設定次第で異な文字正式名称をその利用者地域適したものに自動変換するサーバ側のメカニズム提供し始めた利用者は以下の6つ地域文体から1つ設定できる。 zh-cn(大陆简体/大陸簡体中国大陸) zh-hk(香港繁體/香港繁体香港) zh-mo(澳門繁體/澳門繁体マカオ) zh-my(大马简体/大馬簡体マレーシア) zh-sg(新加坡简体/新加坡簡体シンガポール) zh-tw(臺灣正體/台湾正体台湾2013年には香港・マカオ向けのzh-hk(港澳繁體/港澳繁体)が2分割され、2018年6月28日にはマレーシア・シンガポール向けのzh-sg(马新简体/馬新簡体)が2分割された。 変換管理者によって編集されるひと組の文字変換テーブルを通じてなされる特別なウィキマークアップ構文で、編集者記事の中の文書特定の節のために変換テーブル重ね処理することがあるまた、単純な文字変換として、 zh-hans(简体、簡体字) zh-hant(繁體繁体字) もソフトウェア的に指定可能(アドレスバー等からの入力の場合)となっており、中国語版ウィクショナリーメニューでは上のzh-cn/hk/mo/my/sg/twの代わりに実装されている。 さらに、記事名変換自動リダイレクト使われている。異なった文字異なった訳で前もって名づけられた記事統合され繁体字簡体字両方項目名からたどり着くことができる。この場合日本語版においての(○○か転送)に相当する(重新導向自○○)/(重定向○○)が表示されないことがある

※この「解決策」の解説は、「中国語版ウィキペディア」の解説の一部です。
「解決策」を含む「中国語版ウィキペディア」の記事については、「中国語版ウィキペディア」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 03:54 UTC 版)

2015年欧州難民危機」の記事における「解決策」の解説

2016年1月時点で、この危機への唯一の解決策は庇護申請者EU配分するようなメカニズムであるとドイツのメルケル首相主張している。だが、EU加盟国間で考え方大きな差があり、EU加盟国難民割り当てるというプラン実現性乏しい。偶然か意図してドイツ側他のEU加盟国から聞く声は明解である2015年の夏にEU移民についての規則壊したのはメルケル首相であるからメルケル首相責任を持って解決すべきだというのである危機本格化する以前ドイツは、移民受け入れたがらない他のEU加盟国ダブリン規約乱用していると主張しダブリン規約破棄するように求めていた2015年8月下旬ドイツダブリン規約停止しシリアからの難民ドイツ庇護申請できるようにした。既にドイツ以外の国で庇護申請をしていた難民に対してドイツでの申請を行うように命じた。 そして移民・難民問題に対してEU出した解答難民の地位に関するジュネーブ条約締結国家への移民・難民強制送還であった2016年3月EUギリシャ流入してきた移民・難民トルコへ強制送還する案を了承したEU計画では、レスボス島などで難民申請者の登録のためにそれまで使用してきた受付センター拘留キャンプ簡易裁判所などに変えられる経済移民とその他難民申請者はトルコへ強制送還される。姿をくらますリスクのある経済移民拘留されることになる。UNHCR警告するように、難民申請者を個別審査無しで集団強制送還することは国際法反する。そのためEU難民審査官による面接不可欠である移民EU難民審査官面接応じた後、ギリシャ裁判所手短なヒアリング移民からの申し立て却下するかどうか決定を下す2016年3月中旬移民トルコ強制送還する協定締結された。移民・難民トルコへ強制送還され、トルコシリア難民欧州へ送る(上限は72000人)。その見返りにトルコには60ユーロ資金EUから提供されトルコ一定の条件満たせトルコ国民6月からビザなしでシェンゲン圏移動できる権利与えられるトルコアフメト・ダウトオール首相は、「トルコEUは同じ運命、同じ課題、同じ未来がある認識した」と述べ、その締結日歴史的な日とした。 だが、トルコへ強制送還人道的に国際法的観点から問題がある2016年3月時点でトルコ難民の地位に関するジュネーブ条約批准しておらず、アフガニスタン人やイラク人戦争荒廃した彼らの祖国へ強制送還している。よってトルコへ送還EU法にも国際法にも違反していると専門家述べる。これに対し欧州理事会トゥスク議長は、絶対的優先事項EUによる決定EU法国際法遵守することを確かなものにすることだと述べたアムネスティ・インターナショナルは(そのEUトルコ間の)協定が国的な義務意図的に無視するものであり、難民危機(の対応)に関してEU後退することを隠すための協定であるとEU非難した国際法遵守保証することと移民トルコ強制送還することとは矛盾しており、またトルコへ強制送還という欠陥ありのプロセス非合法でありモラルにも反している。どのような幻の保証が(非合法になると)事前にわかりきったことに先行しようとも、トルコ難民移民にとって安全な国ではない。アムネスティ・インターナショナルはこの協定狂ったものであるとし、欧州人道難民条約にとっての暗黒の日であると述べた

※この「解決策」の解説は、「2015年欧州難民危機」の解説の一部です。
「解決策」を含む「2015年欧州難民危機」の記事については、「2015年欧州難民危機」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 04:48 UTC 版)

食料 VS 燃料」の記事における「解決策」の解説

各国では食料飼料用穀物生産競合しない資源的な制約少な原材料製造する第二世代バイオ燃料に関する研究進められる一例としてセルロース分解菌品種改良により、おが屑間伐材等、従来バイオエタノール原料として使用されてこなかった原料を元にバイオエタノール製造する技術開発中である。セルロース細胞壁分解は熱と化学処理伴い従来難しい問題であった。またセルラーゼ分解することも実施されていたが、前処理手間がかかり大変であった。メリーランド大学カレッジパーク校Steve Hutchesonチェサピーク湾沼地発見されバクテリア(サッカロファガス デグラダンス(英語版))強力なセルロース細胞壁分解能有する事を突き止めた。Zymetis社ではさらに効率よく糖に変更するために遺伝子組み換えて、72時間で1トンのセルロースバイオマスを糖に変換できる事を実証したまた、シロアリ消化器官内の共生によるセルロース分解プロセスバイオマスエタノール製造役立つ事が期待され琉球大学理化学研究所等で研究進められる他にもメタン菌による嫌気性発酵によって下水処理施設などでメタンガスブタンガス生成する取り組み進められる

※この「解決策」の解説は、「食料 VS 燃料」の解説の一部です。
「解決策」を含む「食料 VS 燃料」の記事については、「食料 VS 燃料」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/25 14:00 UTC 版)

マイクロペイメント」の記事における「解決策」の解説

マイクロペイメント重大な問題点は、顧客から代金集めるという点である。最も簡単な集金方法としては、顧客クレジットカード購入したぶんだけ料金請求する方法がある。クレジットカード例え1ドル料金請求することは、マイクロペイメントプロバイダにとっては財政上現実的ではない。というのもクレジットカード会社の手数料がかかってしまうからである実際にマイクロペイメント会社採用している方法は、マイクロ貨幣 (microcurrency) を一定量クレジットカードで購入してもらい、マイクロペイメントにはその貨幣少しずつ使ってもらうという方式である。マイクロペイメントプロバイダ取り分購入価格最大25%まで様々であるマイクロ貨幣一種の仮想貨幣あるいは代用紙幣であり、まとめて購入するもので、一般に1度大量に購入するほど割引されることが多い。マイクロ貨幣その後様々なアイテム購入使われるオンラインの小売店他のプロバイダは、それぞれ独自のマイクロ貨幣設定することが多い。例えば、Xbox Live Marketplace では、そこでしか使えないマイクロソフトポイント使っている。このようなマイクロ貨幣利点は、顧客ポイント使った時点では決済されないという点で、実際の金は最初にまとめて決済されている。 もう1つ実用化されているシステムとして、2番目の口座設け方式があり、その2目の口座マイクロペイメントによる購入金額集積しある程度まとまったところでクレジットカード課金する。この方式は、様々なサイトでの購入1つ会社マイクロペイメントプロバイダ)がまとめるため、クレジットカード明細に個々の購入サイト現れず、プライバシー守れるという利点がある。 さらにもう1つクレジットカードの手数料のオーバーヘッド低減させる戦略として、複数マイクロペイメント取引をある一定期間でまとめ、1回クレジットカード取引にする方法がある。これは iTunes Store使われている方法で、1週間単位課金される

※この「解決策」の解説は、「マイクロペイメント」の解説の一部です。
「解決策」を含む「マイクロペイメント」の記事については、「マイクロペイメント」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 01:03 UTC 版)

クロック同期」の記事における「解決策」の解説

中央サーバを持つシステムでは、サーバシステム時間決定するため、同期化の解決策は些細なものであるクリスティアンアルゴリズム英語版)とバークレーアルゴリズム(英語版)は、このような環境でのクロック同期問題に対す潜在的な解決策である。 分散コンピューティングでは、グローバルな時間容易にはわからないため、この問題はより複雑になるインターネット上で最も使用されているクロック同期法は、UDPでのメッセージのやり取り基づ階層クライアント・サーバー・アーキテクチャであるNetwork Time Protocol (NTP)である。ランポートタイムスタンプ(英語版)とベクタークロック(英語版)は、分散コンピューティングにおける論理クロック英語版)の概念である。 無線ネットワーク英語版)では、無線媒体上で同期パケット衝突の可能性や、低コスト無線機器ではクロックドリフト率が高くなるため、問題はさらに難しくなる

※この「解決策」の解説は、「クロック同期」の解説の一部です。
「解決策」を含む「クロック同期」の記事については、「クロック同期」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 15:04 UTC 版)

北方領土問題」の記事における「解決策」の解説

当事国領土帰属問題について合意することが困難な際、国連機関である国際司法裁判所利用することができる。しかし国際司法裁判所制度によれば付託するためには紛争当事国両国同意必要であり、仮に日本提訴した場合ロシアが国司法裁判所への付託同意しない限り審議開始されない。過去北方領土問題関連の国際司法裁判所をめぐる外相交渉については上記北方領土関係史」の1972年箇所を参照のこと。個別交渉の場合、ソビエト・ロシアサンフランシスコ講和条約参加していないため、北方領土問題解決には、ロシア同意不可欠となっている。これに対して下記各項目のような提案交渉が行われてきた。

※この「解決策」の解説は、「北方領土問題」の解説の一部です。
「解決策」を含む「北方領土問題」の記事については、「北方領土問題」の概要を参照ください。


解決策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/10 16:59 UTC 版)

ブルックスの法則」の記事における「解決策」の解説

ブルックスの法則指摘している問題を避けるためには、プロジェクト全体小規模グループ担当できるサイズ分けより上位のチームシステム統合引き受け必要がある。しかし、この解決策にも問題がある。なぜなら、プロジェクト適切に分割できなければチーム間の意思疎通コスト増えるので、プロジェクトがさらに大きくなってしまう可能性があるからである

※この「解決策」の解説は、「ブルックスの法則」の解説の一部です。
「解決策」を含む「ブルックスの法則」の記事については、「ブルックスの法則」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「解決策」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「解決策」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「解決策」の関連用語

解決策のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



解決策のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの天下り (改訂履歴)、仮想継承 (改訂履歴)、縮退都市 (改訂履歴)、NBTI (改訂履歴)、大きすぎて潰せない (改訂履歴)、Model View ViewModel (改訂履歴)、サンダースパイ (改訂履歴)、シュレーディンガーの猫 (改訂履歴)、USBフラッシュドライブの機密保護 (改訂履歴)、体を動かさない生活 (改訂履歴)、ECCメモリ (改訂履歴)、頭蓋骨縫合早期癒合症 (改訂履歴)、中国語版ウィキペディア (改訂履歴)、2015年欧州難民危機 (改訂履歴)、食料 VS 燃料 (改訂履歴)、マイクロペイメント (改訂履歴)、クロック同期 (改訂履歴)、北方領土問題 (改訂履歴)、ブルックスの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS