沿うとは?

そ・う〔そふ〕【沿う】

[動ワ五(ハ四)]

長くいているものに、離れないように付き従う。何かに並行した形で続いている。「流れに—・ってくだる」「道路に—・ってケヤキが植えてある」

(「添う」「副う」とも書く)方針基準となるものに従い、それから離れないようにして何かを行う。「要求に—・った回答


そ・う そふ 【添・副・沿・傍】

1 〔自ワ五(ハ四)〕 (あるものに対して新しく別のものがつけ加わる、の意)

つけ加わる増して多くなる。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「木のうつほをすみかとして、生ひいでたれど、めもあやなる光そひてなむありける

源氏100114頃)薄雲御位そひて牛車(うしぐるま)ゆるされ参りまかでし給ふを」

尋常小学読本(1887)〈文部省〉四「いつしかとしのかずそひて」

主なるものに寄り添う。そば近くにいる。付き添うつきまとう

万葉(8C後)一四・三四八五「劔大刀身に素布(ソフ)妹をとり見がね音をそ泣きつる手児あらなくに

太平記14C後)一一「貞俊も阿波の国流されて有しかば、今は召仕若党中間も身に傍(ソハ)ず」

連なるものなどの形のままにつき従う。そのそばに並ぶ。

催馬楽7C後‐8C)大路大路曾比(ソヒ)てのぼれる 青柳が花や」

大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)四「此従り東南に出て、三摩怛吒国に至る。近き大海に浜(ソヒ)、気序和暢なり」

④ かなうようにする。希望目的にかなう。

鬼剥げ(1954)〈島尾敏雄〉「だが結局は人の眼には期待に沿わないで、じらしてやろうとする気持強く、ふみとどまって」

(5) 男女が、夫婦になる。結婚して、いっしょに暮らす。連れ添う

大和(947‐957頃)一五七「もとのごとくあからめもせで、そひゐにける」

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「彼(あの)人ならば添(ソ)って見たいといふお鉄所思(おもはく)で」

2自他下二〕 ⇒そえる(添)


沿う

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 03:35 UTC 版)

漢字混じり表記

沿

  1. そう」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「沿う」の関連用語

沿うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



沿うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの沿う (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS