PDAとは? わかりやすく解説

PDA 【Pulse Distribution Amplifier】


PDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/30 02:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

PDA



PDA (Private Digital Assistant)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 02:28 UTC 版)

ハンドレッド (小説)」の記事における「PDA (Private Digital Assistant)」の解説

海上学園都市艦リトルガーデン暮らすべてのが所有している薄型携帯端末身分証明証にもなる。

※この「PDA (Private Digital Assistant)」の解説は、「ハンドレッド (小説)」の解説の一部です。
「PDA (Private Digital Assistant)」を含む「ハンドレッド (小説)」の記事については、「ハンドレッド (小説)」の概要を参照ください。


PDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/03 16:46 UTC 版)

Just Cause 2」の記事における「PDA」の解説

地図ナビ備品注文リストゲームの進行状況などを各モード確認できる他、下記のブラックマーケット呼び出せる。

※この「PDA」の解説は、「Just Cause 2」の解説の一部です。
「PDA」を含む「Just Cause 2」の記事については、「Just Cause 2」の概要を参照ください。


PDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 04:05 UTC 版)

電子書籍」の記事における「PDA」の解説

1999年6月シャープのISPポータルサイトSharp Space TownでPDAザウルス向けに電子書店ザウルス文庫」を開始。このコンテンツにおいてXMDFフォーマットを初採用した2001年11月に、凸版印刷ビットウェイがPDA向けに「@irBitway」の名称でサービス開始2002年にはNTTドコモによるがInfogate接続PC・PDA向けに「M-stage Book」を開始NTTソルマーレキオスク端末「Foobio」接続のPDA向けに、ソニースタイルCLIE向けにコンテンツ数は少ないものの電子書籍コンテンツ販売行っていた。

※この「PDA」の解説は、「電子書籍」の解説の一部です。
「PDA」を含む「電子書籍」の記事については、「電子書籍」の概要を参照ください。


PDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 21:40 UTC 版)

Just Cause」の記事における「PDA」の解説

リコ携帯している小型情報端末機。端末には、地図機能搭載されている。送迎乗り物デリバリー要請可能である

※この「PDA」の解説は、「Just Cause」の解説の一部です。
「PDA」を含む「Just Cause」の記事については、「Just Cause」の概要を参照ください。


PDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 06:33 UTC 版)

マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス」の記事における「PDA」の解説

前作にも登場したプレイヤー携帯している小型情報端末機。今作はメールシステムが廃止されたが、地図メニューナビゲーション・システム追加された。端末には、備品リスト、各情報友好度のゲージミッションの内容会話ログゲーム進行情況各モード確認できる

※この「PDA」の解説は、「マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス」の解説の一部です。
「PDA」を含む「マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス」の記事については、「マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス」の概要を参照ください。


PDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 09:56 UTC 版)

「宇宙戦艦ヤマト2199」記事における「PDA」の解説

タブレット状の端末で、大型の艦内用と小型の携帯用がある。艦内用は縦幅250mm、横幅172mm、厚さ11.5mmで、内面にはフロントカメラ備わっているヤマト科員が情報共有のために使用しており、表示される内容は科によって様々であるヤマトコンピュータとも連携しており、PDAの画面ヤマトモニター転送するともできる携帯用は主に艦外で使用され異星人文明機器ハッキングする際端末として用いられている。

※この「PDA」の解説は、「宇宙戦艦ヤマト2199」の解説の一部です。
「PDA」を含む「宇宙戦艦ヤマト2199」の記事については、「宇宙戦艦ヤマト2199」の概要を参照ください。


PDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 16:42 UTC 版)

オペレーティングシステムの一覧」の記事における「PDA」の解説

PDAのオペレーティングシステムGarnet OS (Palm OS):携帯電話にも使用Windows MobileWindows Mobile 5以前 (Handheld PC, Palm-size PC, Pocket PC) Windows Mobile 6.xのClassic

※この「PDA」の解説は、「オペレーティングシステムの一覧」の解説の一部です。
「PDA」を含む「オペレーティングシステムの一覧」の記事については、「オペレーティングシステムの一覧」の概要を参照ください。


PDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:02 UTC 版)

パーソナルコンピュータ」の記事における「PDA」の解説

詳細は「Personal Data Assistantを参照 手のひらに入るサイズ汎用コンピュータで、パームサイズやハンドヘルドとも呼ばれる。主にタッチパネルペン操作する省電力化と小さ画面適した操作性持たせるため、パーソナルコンピュータとは異なアーキテクチャ及びモバイルオペレーティングシステム採用されている。スマートフォン及びタブレットここから派生したが、2010年代以降メディアプレーヤタブレット端末およびスマートフォンなどの携帯デバイスの市場吸収された形となっている。

※この「PDA」の解説は、「パーソナルコンピュータ」の解説の一部です。
「PDA」を含む「パーソナルコンピュータ」の記事については、「パーソナルコンピュータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「PDA」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「PDA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

PDAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PDAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPDAの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPDA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハンドレッド (小説) (改訂履歴)、Just Cause 2 (改訂履歴)、電子書籍 (改訂履歴)、Just Cause (改訂履歴)、マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマト2199 (改訂履歴)、オペレーティングシステムの一覧 (改訂履歴)、パーソナルコンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS