ノートパソコンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > パソコン > ノートパソコンの意味・解説 

ノートパソコン

別名:ノートブックパソコンノートブック型コンピュータノート型パソコンノートPC
【英】notebook, notebook computer, notepad, notePC

ノートパソコンとは、小型軽量志向しコンピュータ本体液晶画面キーボードバッテリーなどを搭載した薄型コンピュータ総称である。B5A4判相当するサイズのものが一般的となっている。

ノートパソコンは基本的に持ち運びできること前提しておりデスクトップパソコンにある拡張性機能余裕を省く代わりに小型化軽量化図られている。省スペース化のために、ポインティングデバイスにはタッチパッドポインティングスティック搭載されACアダプタも本体の外部置かれている場合が多い。

ノートパソコンは当初システム構築する部品制約されていたこともあり、処理性能やハードディスク容量などにおいてデスクトップパソコンに劣る傾向強かった。しかし最近では小型化技術発達などによって、デスクトップパソコン比肩する性能を持つノートパソコンも登場している。ノートパソコンの機能利用シーン多様化しており、屋外で利用特化し続けているものもあれば、他方で省スペース一体型パソコンとして、配線などが必要なデスクトップパソコン代わりに用いられることを意識した高性能デスクノートなども登場している。

メーカー販売しているノートパソコンのシリーズ主なブランドとしては、東芝の「Dynabook」、ソニーの「VAIO」、NECの「LaVie」、シャープのMebius」、Appleの「MacBook」、 Lenovoの「ThinkPad」などを挙げることができる。なお「ThinkPad」はもともとIBM製造していたノートパソコンのブランドであったが、同社PC市場撤退に伴い2004年Lenovo譲渡されものである

パソコンのほかの用語一覧
ノート型PC:  ネットブック  ネットトップ  ネットノート  ノートパソコン  PCMCIA  PCカード  Presario

ノートパソコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 14:28 UTC 版)

ノートパソコン(ノート型パーソナルコンピュータ、ノートPC、ラップトップ: laptop, laptop computer, notebook computer, notepad computer, etc)は、モニタなどの表示画面、キーボードポインティングデバイスなどの入力機器バッテリー電池)などがコンピュータ本体と一体化され、ユーザーが任意の場所へ移動させて利用する(持ち運ぶ)ことを前提として設計された、二つ折りで軽量のパーソナルコンピュータの総称である。


注釈

  1. ^ 計量法の規定により、商取引で「インチ」の使用は禁止されている。
  2. ^ 一般的なノートパソコンでは、内部のスペースの制約によりHDDは1基のみ内蔵されることが多く、2基内蔵されるものは数少ない。
  3. ^ 広告などで価格帯を低いほうへ広げ、見かけの価格を低く抑えるため、最量販機種とは別にすべてのスペックが低いモデルが用意されている。
  4. ^ 2004年~2007年頃は1.8インチHDDを搭載するモデルが多く、処理速度の低下に輪をかけていた。
  5. ^ Let's note
  6. ^ Xs・Xシリーズ
  7. ^ LOOX Tシリーズ

出典




ノートパソコン(ラップトップ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:02 UTC 版)

パーソナルコンピュータ」の記事における「ノートパソコン(ラップトップ)」の解説

詳細は「ノートパソコン」を参照 パソコン本体キーボード液晶ディスプレーが一体となったノート形状・構造(※)をしたパソコン。 (※)具体的に言うとヒンジ機構備え開けたり閉めたりできる形状・構造のこと。 英語圏では「laptop computer」また単に「laptop」あるいは「notebook computer」と呼んでいる。lap多義語であるが「上におおいかぶさるようなパネル」のことである。英語圏では「laptop computer」と「notebook computer」は基本的に同義である。上部覆いかぶさるパネルになっているということと、ノートのように開け閉めできる構造ということは、ほぼ同義からである日本では主に「ノートパソコン」や「ノートPC」や、単に「ノート」と呼ばれている。日本国内呼び方列挙すると「ノートパソコン」「ノートPC」「ノート」「ノート型」などがある。 日本ではラップトップ大きめでノートパソコンが小ぶり」などと解釈して区別していた時期があるが、英語圏では現在、そういう区別をしているわけではない世界共通ではないが、日本国内独自に細分化していた「ラップトップパソコン」という分類法についてはラップトップパソコンを参照

※この「ノートパソコン(ラップトップ)」の解説は、「パーソナルコンピュータ」の解説の一部です。
「ノートパソコン(ラップトップ)」を含む「パーソナルコンピュータ」の記事については、「パーソナルコンピュータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ノートパソコン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ノートパソコン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ノートパソコンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ノートパソコンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノートパソコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリノートパソコンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノートパソコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパーソナルコンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS