キーボードとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 楽器 > 鍵盤 > キーボードの意味・解説 

キーボード【keyboard】

ピアノなどの鍵盤(けんばん)。

鍵盤楽器総称。特に、シンセサイザーなどの電子鍵盤楽器をさすことが多い。

コンピューターで、データ符号化する入力キー配列してある盤。

タイプライターで、印字する活字指定するキーを並べた盤。


キーボード

【英】keyboard

キーボードとは、コンピュータにおける最も基本的入力装置一つで、文字入力などの操作を行うためのキー複数並べて配置したもののことである。

一般的なキーボードでは、各キーキートップ入力できる情報内容刻印されている。キーボード上のキーを押す(押下する)と、そのキーに対応する情報入力される。主なキーは文字入力使用する文字キーであり、キーごとにアルファベットかな文字が1文字入力できるようになっている文章効率的入力するためには、キーボードは不可欠装置であると言える

文字入力用のキーの他にも、数字入力するためのテンキー画面上のカーソル移動させるためのカーソルキー、他のキー組み合わせることによって入力内容切り替えを行うShiftキーCtrlキーAltキーなどがある。アプリケーションキーWindowsキーといった、OSアプリケーション操作するためのキーもある。コンピュータ主要な操作は、ほぼ、キーボードから行うことができる。


.kbd

フルスペル:keyboard
読み方:キーボード

.kbdとは、Windowsにおけるキーボードドライバーのファイルに付く拡張子のことである。キーボードについての設定記載されているという。


キーボード〈key board〉


キーボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 07:56 UTC 版)

キーボード: keyboard)は、鍵盤を意味する語。




「キーボード」の続きの解説一覧

キーボード

出典:『Wiktionary』 (2020/03/07 14:14 UTC 版)

名詞

  1. 楽器鍵盤
  2. 鍵盤楽器。特に、鍵盤のある電子楽器
  3. コンピュータータイプライター入力装置で、キー並んだもの。

語源

発音

き↗ーぼ↘ーど

翻訳




キーボードと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キーボード」の関連用語

キーボードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キーボードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリキーボードの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.kbdの記事を利用しております。
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキーボード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキーボード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS