レコードプレーヤーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > レコードプレーヤーの意味・解説 

レコード‐プレーヤー【record player】

レコード録音された音を再生する装置。ターンテーブル・モーター・ピックアップなどからなるプレーヤー。レコードデッキ。


レコードプレーヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 15:29 UTC 版)

レコードプレーヤー英語: record player, turntable)は、アナログレコードを再生する音響機器である。蓄音機(アメリカ英語: phonograph、イギリス英語: gramophone)とも。古くは蓄音機と称した。用語としては、SP盤(もしくは初期の蝋管レコード)専用のものを「蓄音機」(駆動と音声信号の再生に電気を利用するものは「電気蓄音機」、略して「電蓄」)、LPレコードがかけられるもの(初期アメリカでは45回転専用プレーヤーもあった)を「レコードプレーヤー」と呼んでいる。最近ではDJ(ディスクジョッキー)用語から「ターンテーブル」と呼ぶ事が多い。




  1. ^ 直接駆動は先にオープンリールテープレコーダーなどで採用されていたが、レコードプレーヤーは回転速度が桁違いに低いため難しい。 4.76 cm/s と低速なコンパクトカセットのキャプスタン軸でも回転速度は 300 rpm 以上ある。
  2. ^ 前年の 1969 年に松下電器が SP-10 の発表を行ったが、 1970 年の製品の発売はソニー TTS-4000 の方が早い。また同年にはデンオンも業務用の直接駆動方式「ステレオ円盤再生機」 DN-302F を発売している。なお、はるか以前の 1929 年にトーレンスが直接駆動のレコードプレーヤーの特許を取得しているが、当時はトランジスタの発明以前であり、ようやく五極管が登場した年では精密な回転速度制御など不可能で、トーレンスがベルト駆動に戻ってしまったのは当然といえる。
  3. ^ 松下電器テクニクス SP-10 は DC モーター、ソニー TTS-4000 、デンオン DN-302F は AC モーターであった。
  4. ^ スロットレス DC モーターにはコギングトルクはないが、トルクむらがないわけではない。
  5. ^ かつての松下電器テクニクスは直接駆動方式レコードプレーヤーのモーターに、 SL-QL1 など僅かな例外を除き、ほとんどスロット付き DC モーターを用いていた。ただし 2016 年になって発売された SL-1200G シリーズではスロットレス DC モーターが採用されている。
  6. ^ これはカートリッジの機械的な取り付けについてであり、電気的な適合性、たとえばそのフォノイコライザに MC 型カートリッジを接続して使えるかどうかなどはまた別の話である。
  7. ^ 範囲は決まっているが一意に決まっていない。これは最初から規格があったのではなく、後からできたためである。
  8. ^ 同社のレコードプレーヤーテクニクス SL-10 と付属カートリッジ EPC-310MC で初めて使用された。
  9. ^ T4P 規格カートリッジにアダプターを付けて IEC/JIS 規格カートリッジとして使用することは原理的に可能で、実際にそのようなアダプターも存在するが、 IEC/JIS 規格のカートリッジを T4P 規格のカートリッジとして使用することは通常は不可能。
  10. ^ オーディオテクニカ「AT-30E」、パイオニア「PN-33MC」など。
  11. ^ DENON「DL-107B」など。
  12. ^ 中堅以上ではかつての主要メーカーで、倒産した「ナガオカ」のOB社員によって1990年に再設立された「ナガオカトレーディング」、オーディオテクニカデノンデノン コンシューマー マーケティング)などが存在する。オルトフォンなど、海外メーカー製品や中小の高級品メーカーの製品を含めればこの限りではない。
  13. ^ 製造は関連会社のナガオカ(本社・山形県東根市)で請け負っている。
  14. ^ NHK放送技術研究所とDENONの共同開発品。
  15. ^ audio-technica社製のMC型、MM(VM=PATのオリジナル発電方式)型など。
  16. ^ 日本精機宝石工業
  17. ^ アーピス・ジャパン
  18. ^ 2000年代以降の新製品では、中級以上の機種で2チャンネル用として使用される例が若干ある。
  19. ^ カッティング針に厚みがあるので切り込める角度に制限がある。
  20. ^ 時定数 3180 μs (50 Hz), 318 μs (500 Hz), 75 μs (2122 Hz)。
  21. ^ 実はそうなっていないという意見もあるが、たとえ RIAA イコライザ特性で再生するより他のイコライザ特性で再生する方が自然に聴こえるとしても、そのレコードがそのイコライザ特性で記録されたものとはいえない。本来の音がそうかもしれないからである。また機器の不調や操作ミスなどによって実際に他のイコライザ特性が適用されてしまったレコードもあるかもしれないが、それはエラーであって、イコライザ特性が統一されたかどうかとは関係がない。
  22. ^ IEC 60098 では RIAA イコライザ特性の時定数に加え、サブソニックを抑える目的で再生時に 7950 μs (20 Hz) の HPF を推奨していた。しかしこれは普及せずに終わった。
  23. ^ 繊細なピックアップ出力を長く引き回さずに済むので、業務用レコードプレーヤーではアナログレコード時代から普通だった形態である。
  24. ^ ピックアップの標準である MM 型カートリッジの出力電圧が低いためである。オーディオのアナログ信号による一般相互接続の基準動作レベルは 200 mVr.m.s. なのに対し、 MM 型カートリッジの基準動作レベルは 1 kHz において 2 mVr.m.s. 程度であり、約 1/100 (−40 dB) にすぎない。すなわちフォノイコライザの電圧感度は 1 kHz において一般のオーディオ入力の 100 倍 (+40 dB) 程度である。
  25. ^ 負荷抵抗もフォノイコライザの入力抵抗と接続ケーブルの絶縁抵抗が並列となるが、絶縁抵抗は 1 MΩ以上とれるため無視できる。これに対し負荷容量は接続ケーブルの容量が 100 pF 以上もあり、フォノイコライザの入力容量とあまり変わらないので無視できない。
  26. ^ 少数ながら MM 型カートリッジと同程度の出力電圧を有する MC 型カートリッジも存在し、それらは MM 型と同様に接続して使用できる。むしろ MM 型と同様に接続しなければならない。
  1. ^ a b c 藤本正熙、柴田憲男・村岡輝雄・武藤幸一・佐田無修『レコードとレコード・プレーヤー』井上敏也、ラジオ技術社、1979年。
  2. ^ JIS S8601『ディスクレコード』、JIS S8516『スタイラス』、IEC PUB 98
  3. ^ 海老沢徹『フォノ・カートリッジ大全』アイエー出版、東京、29頁。


「レコードプレーヤー」の続きの解説一覧



レコードプレーヤーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レコードプレーヤー」の関連用語

レコードプレーヤーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レコードプレーヤーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレコードプレーヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS