ラップとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 音楽 > ラップの意味・解説 

ラップ【lap】

競走トラック一周競泳ではプール一往復。

ラップタイム」の略。

工作物表面精密な仕上げ用い研磨工具平面用・穴用・軸用などさまざまの形のものがある


ラップ【rap】


ラップ【wrap】

[名](スル)

包むこと。巻くこと。衣服などをまとうこと。

ラップフィルム」の略。「ラップでくるむ」「野菜をラップする」


ラップ

〔名〕 (英 lap

陸上競技と、スピード‐スケートで、トラックを二回以上まわる競技でのトラック一周のこと。競泳ではプール一往復をいう。〔アルス新語辞典(1930)〕

② 「ラップタイム」の略。

③ =ラップばん(━盤)

機械のなかの青春(1955)〈佐多稲子〉一「重量四貫のラップを機械からはずすもの」

工作物表面研磨するための工具または研磨剤

(5) 綿、羊毛などの紡績原料繊維圧搾して、一定の幅と厚さ長い筵(むしろ)状にしたもの通例次の工程に便利なように円筒状にしてある。むしろわた


ラップ

〔名〕 (英 rap

① 霊が物を叩くような音で意志伝えようとすること。交霊術でいう。

女面(1958)〈円地文子〉一「『あ!ラップです、ラップが聞えはじめました』と交霊術師が言った」

ポピュラー音楽様式一つリズム乗せ日常生活事物社会的主張などを語るもの。一九七〇年代後半ニューヨーク黒人若者の間で広まり、八〇年代初めからこの名で呼ばれるようになった


ラップ

〔名〕 (英 wrap

① 包むこと。包装すること。「野菜をラップして冷蔵庫に入れる」

家庭で食品包装に使う薄くて透明なポリエチレン製の膜。ラップフィルム

*岬(1975)〈中上健次〉「姉は、ラップで皿をおおう。紫のふろしきで包む」


RAP

読み方:ラップ
英文正式名Rights Accumulation Program
日本名(略称):ライツ・アキュムレーション・プログラム

IMFに対してカ月上の延滞が生じた国に適用されるプログラム一定期間原則3年プログラム実施することにより、延滞解消された時にRAP開始時の延滞額と同額までの資金供与を受ける権利rights)が保証される。

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

ラップ 【lap】

中綴製本する場合中綴機は折丁の端を引いてセットする。折丁を引く際に、製品キズがつくことを避けるため、折った状態で片方を10mm程度大きくしておく。この大きくした部分(図で薄黄部分)を「ラップ」という。
ラップ

ラップ

らっぷ

ラッピング用の工具工作物形状に応じて平面凹面凸面などのラップがある。鋳鉄ラップは、形状経時変化小さく比較安価であるので一般用いられる。工具鋼製のラップは砥粒転動性がよいと言われる金属イオンによる汚染を嫌ってガラスセラミック用い場合もある。

ラップ

ラップは「巻きつける」の意味。ラップコートは、ボタンなどを使わないで前の打ち合わせベルトで巻いたコートラップスカートは1の布を巻いて着るスカート


ラップ

名前 LapLappRapRuppRappRapfRappe

ラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 23:36 UTC 版)

ラップ (Rap) とは、音楽手法、歌唱法の一つ。「韻律、リズミカルな演説、ストリートの言葉[1] を組み込み、バックビートや伴奏など様々な方法で唱えられる[1]。ラップの要素には、「内容」(何が言われているか)、「フロウ」(リズム)、「話し方」(終止声調[2]が含まれる。ラップはインストルメンタルトラックの時間通りに実行されるという点で、スポークン・ワードとは異なる[3]。ラップはしばしばヒップホップ・ミュージックと関連しており、ヒップホップ・ミュージックの主要な要素ではあるが、この現象の起源ヒップホップ文化より先立っている。近代的なラップの最も初期の先駆けは、西アフリカグリオ伝統である。それは「口頭伝承者[4] や「賛歌歌手」[4] が、伝承や系譜を広めるか、あるいは「称賛または個人批評」[4] のために恐るべき修辞的な技術を使用していた。


  1. ^ a b Lynette Keyes, Cheryl (2004). Rap Music and Street Conciousness. University of Illinois Press. pp. 1 
  2. ^ Edwards 2009, p. x.
  3. ^ Golus, Carrie (2012). From Def Jam to Super Rich. Twenty First Century Books. pp. 22. ISBN 0761381570 
  4. ^ a b c Charry, Eric (2012). Hip Hop Africa: New African Music in a Globalizing World. Indiana University Press. pp. 79 – 80. ISBN 978-0-253-00575-5 
  5. ^ Duneier, Kasinitz, Murphy (2014). The Urban Ethnography Reader. Oxford University Press. ISBN 0199743576 
  6. ^ Edwards 2009, p. xii.
  7. ^ ラッパー - コトバンク2021年令和3年)3月1日閲覧
  8. ^ ネリー (ラッパー)「Dillemma」など
  9. ^ KRS-One「The Bridge is Over」など
  10. ^ http://www.whosampled.com/Twin-Hype/Do-It-to-the-Crowd/
  11. ^ http://www.songfacts.com/detail.php?id=1077
  12. ^ http://www.vh1.com/shows/dyn/pop_up_video/50274/episode_about.jhtml
  13. ^ 大石始いとうせいこう インタビュー (日本語) - e-days.cc、2021年(令和3年)3月1日閲覧。
  14. ^ 平山雄一『弱虫のロック論 GOOD CRITIC』角川書店2013年平成25年)、p.148、『SWITCH』(VOL.30.2012年(平成24年)7月、スイッチ・パブリッシング)p.19 - 21、SPEEDSTAR ONLINE - Victor Entertainment - 小林克也&ザ・ナンバーワン・バンド [リンク切れ]
  15. ^ 佐野元春は早すぎたB-BOYだった? 名盤『VISITORS』のラップが古びない理由”. Real Sound (2014年(平成26年)12月17日 07時00分). 2021年(令和3年)3月1日閲覧。 (日本語)
  16. ^ 「OPUSコラム第23回 佐野元春」 [リンク切れ] - 『bounce』256号、2004年(平成16年)、2020年(令和2年)12月23日閲覧。
  17. ^ 「宇多田ヒカル、Perfumeとコラボ 吉幾三「俺ら東京さ行ぐだ」大人気」 (日本語) - J-Castニュース、2008年(平成20年)4月22日、2021年(令和3年)3月1日閲覧。
  18. ^ a b Shigeto Kawahara "Half rhymes in Japanese rap lyrics and knowledge of similarity"『Journal of East Asian Linguistics』Volume 16, Number 2(2007年(平成19年)6月)掲載、2010年6月9日閲覧。
  19. ^ 菊地成孔『CDは株券ではない』2005年平成17年)、ぴあ、978-4835615639、P11 - 17
  20. ^ 猪俣孝『ラップのことば』P-Vine Books、2010年(平成22年)、978-4860203825
  21. ^ 『中村とうようの収集百珍』75.豊年斎梅坊主 など


「ラップ」の続きの解説一覧



ラップと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラップ」の関連用語

ラップのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2021 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
アパレルウェブアパレルウェブ
(C)Copyright 2021. APPAREL-WEB INC., All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS