ストラップとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ストラップ > ストラップの意味・解説 

ストラップ【strap】

読み方:すとらっぷ

ひも。特に、洋服下着カメラバッグなどのつりひも

電車つり革


ストラップ

【英】strap

ストラップとは、ヒモ帯を意味する英語の一般名詞であるが、ITの分野では携帯電話などに装着する提げひも(携帯ストラップ)を指して用いられる語である。

携帯電話におけるストラップは、移動中保持手段として手に提げたり首から提げたり、使用中落下防止として手に掛けたり、紛失防止のためにキーホルダーつなげたり、あるいは装飾のために装着したりと、さまざまな目的において利用されている。

ちなみにキャッシュカードクレジットカードの裏面に備わっている暗色帯を指して磁気ストラップ」のように述べ場合があるが、これは「磁気ストライプもしくは磁気ストリップ」の誤記である。ストライプ英語表記は「stripeであって綴り異なる。

携帯電話のほかの用語一覧
アクセサリ:  ホールドリング  モバイルバッテリー  リングストラップ  ストラップ
サービス:  位置ゲー  親指族  ウィルス対策アプリ

ストラップ

作者原田万里

収載図書15人の新進女流作家による恋愛短編小説
出版社愛知出版
刊行年月2001.12


ストラップ

名前 Strupp

ストラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/14 10:06 UTC 版)

ストラップ(Strap)とは、一般的に紐のことを指す。


  1. ^ ひもの呼称は Shoelace(主に米国)や Shoestring(s)が一般的。
  2. ^ 和田守健 『ロープの結び方』 舵社、2003年、74頁。ISBN 978-4807215119
  3. ^ 『根付とは何ですか?#ケータイストラップは根付が発祥元』


「ストラップ」の続きの解説一覧

ストラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 02:23 UTC 版)

ニンテンドーDSi」の記事における「ストラップ」の解説

ニンテンドーDSおよびニンテンドーDS Liteには専用ストラップが本体同梱されていたが、ニンテンドーDSiには同梱されていない

※この「ストラップ」の解説は、「ニンテンドーDSi」の解説の一部です。
「ストラップ」を含む「ニンテンドーDSi」の記事については、「ニンテンドーDSi」の概要を参照ください。


ストラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 15:34 UTC 版)

かいこの王国」の記事における「ストラップ」の解説

お蚕様ストラップ」かいこの王国シリーズ完結記念して発売された「かいこの王国 お蚕チョコレート」の約半分大きさのストラップ。

※この「ストラップ」の解説は、「かいこの王国」の解説の一部です。
「ストラップ」を含む「かいこの王国」の記事については、「かいこの王国」の概要を参照ください。


ストラップ(ウェビング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 02:57 UTC 版)

シートベルト」の記事における「ストラップ(ウェビング)」の解説

いわゆるシートベルトベルト部分腰部ストラップ(腰ベルト、ラップストラップ) 着用者骨盤固定するため、腰部横切ベルト通常2点式シートベルトと言った場合このベルトのみで構成される肩部ストラップショルダーストラップ、ダイアゴナルベルト) 着用者胸部肩からにかけて斜めに固定するベルト通常3点式シートベルトと言った場合、このベルトとラップストラップを組み合わせたものを指す。 脚部ストラップ(クロッチストラップ) 着用者股部分を固定するベルト。ハーネスベルトやチャイルドシート追加装備として用いられる

※この「ストラップ(ウェビング)」の解説は、「シートベルト」の解説の一部です。
「ストラップ(ウェビング)」を含む「シートベルト」の記事については、「シートベルト」の概要を参照ください。


ストラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 09:34 UTC 版)

Palm Top PC 110」の記事における「ストラップ」の解説

本体後部にはボディフレームワーク直接ビス止めできるストラップ穴プラスチック外装隠されているIBM強度基準 (ストラップで本体振り回して脱落しないことが要求された) をクリアできなかったため隠されることになったという。ただ、本体にはネジ穴刻まれているので、ユーザーがそれに合うネジ付けることができた。

※この「ストラップ」の解説は、「Palm Top PC 110」の解説の一部です。
「ストラップ」を含む「Palm Top PC 110」の記事については、「Palm Top PC 110」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ストラップ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ストラップ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ストラップと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ストラップのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ストラップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリストラップの記事を利用しております。
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2022 BOW All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストラップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのニンテンドーDSi (改訂履歴)、かいこの王国 (改訂履歴)、シートベルト (改訂履歴)、Palm Top PC 110 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS