シダとは? わかりやすく解説

しだ

とき。際(さい)。

「あが面(おも)の忘れむ—は国はふり嶺(ね)に立つを見つつ偲はせ」〈万・三五一五〉

[補説] 万葉集東歌(あずまうた)と肥前風土記のみにみられる語。


しだ【羊歯/歯×朶】

読み方:しだ

シダ植物総称花はなく、胞子によって繁殖するが、特に無性世代胞子体をさしていう。シノブ・ワラビ・ゼンマイなどがあるが、ウラジロをいうことが多い。《 新年》「誰が聟(むこ)ぞ—に餅負ふ丑の年芭蕉

羊歯/歯朶の画像
ハマホラシノブ/撮影広瀬雅敏
羊歯/歯朶の画像
羊歯を模した紋所一つ「羊歯の丸」

歯朶

読み方:シダ(shida)

シダ植物の一綱


師太

読み方:シダ(shida)

ウラジロの別称。
ウラジロ科常緑多年草園芸植物薬用植物

学名 Gleichenia japonica


師太

読み方:シダ(shida)

シダ類総称


歯朶

読み方:シダ(shida)

ウラジロの別称。
ウラジロ科常緑多年草園芸植物薬用植物

学名 Gleichenia japonica


歯朶

読み方:シダ(shida)

シダ類総称


羊歯

読み方:シダ(shida)

ウラジロの別称。
ウラジロ科常緑多年草園芸植物薬用植物

学名 Gleichenia japonica


羊歯

読み方:シダ(shida)

イノモトソウの別称。
イノモトソウ科常緑多年草薬用植物

学名 Pteris multifida


歯朶

読み方:シダ(shida)

昔は今日いうところのウラジロ一種をさしていた

季節 新年

分類 植物


信太

読み方:シダ(shida)

初演 元禄8.9(江戸山村座)


信田

読み方:シダ(shida)

初演 元禄8.9(江戸山村座)


信田

読み方:シダ(shida)

初演 正徳1.11(江戸山村座)


信太

読み方:シダ(shida)

分野 幸若

年代 室町時代

作者 作者未詳


信田

読み方:シダ(shida)

分野 幸若

年代 室町時代

作者 作者未詳


信太

読み方:シダ(shida)

所在 茨城県稲敷郡美浦村


志太

読み方:シダ(shida)

所在 静岡県藤枝市


志田

読み方:シダ(shida)

所在 山梨県甲斐市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

シダ類

(シダ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 10:09 UTC 版)

シダ類(シダるい、羊歯類、: Ferns)は、一般に「シダ」(羊歯、歯朶)と総称される維管束植物の一群である[1][2][3]。伝統的分類および一般的な文脈では、薄嚢シダ類に加え、合わせて真嚢シダ類とも呼ばれるリュウビンタイ目ハナヤスリ目を含む分類群を指す[1][3]


  1. ^ a b c d e f g h 山田ほか 1983, p.524
  2. ^ a b c d 新村 2008, p.1237
  3. ^ a b c 伊藤 1972, pp. 8–10.
  4. ^ a b 海老原 2016, pp.16-17
  5. ^ a b 村上 2012, pp.67-73
  6. ^ a b c 伊藤 2012, pp.116-129
  7. ^ 田川 1959, pp.1-5
  8. ^ a b 岩槻 1975, pp.157-193
  9. ^ a b 巌佐ほか 2013, p.1642
  10. ^ PPG I 2016、pp.563-603
  11. ^ Smith et al. 2006, pp.705-731
  12. ^ Kenrick & Crane 1997, pp.226-259
  13. ^ 長谷部 2020, pp.143-150
  14. ^ a b c d 加納 2007, p.146
  15. ^ a b c d e 伊藤 1972, p. 1.
  16. ^ a b c d e f 西田 1997, pp.73-76
  17. ^ a b c d e f 加納 2007, p.407
  18. ^ 岩槻 1992, p. 156.
  19. ^ a b 岩槻 1992, p. 226.
  20. ^ a b c d 鈴木 1997, pp.9-15
  21. ^ a b 加藤 1997, pp.19-24
  22. ^ a b c 今市 1997, pp.60-61
  23. ^ 桶川・大作 2020, p. 66.
  24. ^ 岩槻 1992, p. 115.
  25. ^ 長谷部 2020, pp. 1-4, 68-70
  26. ^ Pryer et al. 2004
  27. ^ a b c d e f g h 岩槻 1997, pp.2-5
  28. ^ a b c d e f g h 海老原 2016, pp.9-15
  29. ^ a b c d e f g h 西田・橋本 1997, pp.66-70
  30. ^ 西田 2017, p. 155.
  31. ^ 清水 2001, p.132
  32. ^ a b c d 加藤 1997, pp.30-32
  33. ^ a b Christenhusz & Chase 2014, pp.571-594
  34. ^ a b Copeland 1947, pp.1-232
  35. ^ a b 吉野 1988, p.114
  36. ^ 吉野 1988, p.270
  37. ^ a b 加藤 1997, pp.56-59
  38. ^ a b 林・中池 1997, pp.26-29
  39. ^ a b c 村上 1997, pp.38-43
  40. ^ a b c 鈴木 1997, pp.43-47
  41. ^ a b c d 益山 1997, pp.51-54
  42. ^ 宮本 1997, pp.55-56
  43. ^ 林 1997, pp.59-60
  44. ^ a b 栗田 1997, pp.35-38
  45. ^ 佐橋 1997, pp.82-84
  46. ^ a b c d e f g h i 星川 1979, pp.297-298
  47. ^ a b c d e 松本 2009, pp.55-65
  48. ^ 伊藤 1972, pp. 1–11.
  49. ^ a b c 長谷部 1997, pp.5-7
  50. ^ 中池 1997, p.77


「シダ類」の続きの解説一覧

シダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/21 01:52 UTC 版)

アクアテラリウム」の記事における「シダ」の解説

耐陰性があり、湿気を好むものも多いために使われる一般家庭販売店置かれているサイズアクアテラリウムでは、プテリスアジアンタムなどの小型種がよく使われるまた、水草として販売されているミクロソリウムなども水上葉水中葉ともによく使われる

※この「シダ」の解説は、「アクアテラリウム」の解説の一部です。
「シダ」を含む「アクアテラリウム」の記事については、「アクアテラリウム」の概要を参照ください。


シダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 00:16 UTC 版)

ワルキューレ (千之ナイフ)」の記事における「シダ」の解説

アンドロイドハンター。元は孤児乳児院におり、14歳のとき養父母引き取られるアンドロイド養父母殺され、自らもサイボーグとならねばならないほどのケガ負わされたことへの復讐から、アンドロイドハンターとなる。乳児院では、紫夜の兄代わりとして面倒を見ていた。マリア人質に取られる格好でガウディーらの計画加わりワルキューレ破壊工作のために潜入することとなる。

※この「シダ」の解説は、「ワルキューレ (千之ナイフ)」の解説の一部です。
「シダ」を含む「ワルキューレ (千之ナイフ)」の記事については、「ワルキューレ (千之ナイフ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シダ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シダ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

シダのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシダ類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアクアテラリウム (改訂履歴)、ワルキューレ (千之ナイフ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS