ワラビ中毒とは?

ワラビ中毒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/23 13:25 UTC 版)

ワラビ中毒(ワラビちゅうどく、bracken poisoning)とは、などの家畜に発生するワラビの摂取を原因とする中毒1960年代に牛の慢性血尿症がワラビの多い牧場で発生することが報告され、1960年代に牛にワラビを与えると急性ワラビ中毒症として白血球血小板の減少や出血などの骨髄障害、あるいは慢性血尿症が発生し、その牛の膀胱に腫瘍が発見された[1]。これがワラビによる発研究の契機となった。予防には牧野のワラビの除去が有効である。


  1. ^ 牛ワラビ中毒に関する病理学的研究 : わが国における初発例について岩手大学農学部獣医学科家畜病理学教室
  2. ^ 鄭大聲 『焼肉は好きですか?』 新潮社2001年7月ISBN 4-10-603503-0 p.120,121。
  3. ^ ワラビ 農業・食品産業技術総合研究機構


「ワラビ中毒」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ワラビ中毒」の関連用語

ワラビ中毒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワラビ中毒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワラビ中毒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS