佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 食中毒 > 佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件の意味・解説 

佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 10:21 UTC 版)

佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件(さどがたけべやフグちゅうどくじけん)は、1963年11月11日大相撲佐渡ヶ嶽部屋で発生した死亡事件である。




  1. ^ 読売新聞1963年11月12日号夕刊は太田と斎藤山が重体。毎日新聞1963年11月12日号夕刊は太田(22歳)、斎藤山(20歳)、崎村(16歳)が意識不明と報じている。
  2. ^ 読売新聞1963年11月12日号夕刊は崎村ではなく佐藤川と誤報。
  1. ^ 読売新聞 1963年11月12日号 夕刊
  2. ^ a b 読売新聞 1963年11月15日号 朝刊
  3. ^ 「九州場所のとりてきエレジー フグ中毒事件の背後にある角界の”真空地帯”」週刊文春 5巻48号通巻240号 (1963年12月2日)


「佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件」の関連用語

佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS