足相撲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 相撲 > 足相撲の意味・解説 

あし‐ずもう〔‐ずまふ〕【足相撲】

二人向かい合ってあぐらをかき、互いに片足だけで押したり払ったりして相手を倒す遊び。→脛押(すねお)し


あし ずもう -ずまふ [3] 【足《相撲》】

尻(しり)を床につけて向かいあい、片足の股(もも)を両手でかかえ、もう一方の足を立てひざにして互いにからめ、相手を倒す遊戯

足相撲

読み方:アシズモウ(ashizumou)

尻を床につけて向かいあい、片足の股を両手でかかえ、もう一方の足を立てひざにして互いにからめ、相手を倒す遊戯


足相撲

作者嘉村礒多

収載図書昭和文学全集 7
出版社小学館
刊行年月1989.5

収載図書業苦崖の下
出版社講談社
刊行年月1998.9
シリーズ名講談社文芸文庫


足相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 01:12 UTC 版)

足相撲(あしずもう)とは、を使った遊戯で、基本的に2人で行う。古くは、足押しともいった[注 1]




  1. ^ 軍記物語である『土佐物語』巻第五には、永禄年間(16世紀後半)のこととして、「腕押し、脚押し、首引き、枕引き、手綱引き、磐持ち、飛競い」などの遊戯についての記述がみられる。また『広辞苑 第六版』岩波書店においても、「足押し」は記載されている。


「足相撲」の続きの解説一覧



足相撲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「足相撲」の関連用語

足相撲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



足相撲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの足相撲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS