還暦土俵入りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 還暦土俵入りの意味・解説 

還暦土俵入り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 14:11 UTC 版)

還暦土俵入り(かんれきどひょういり)は、相撲において現役時代の最高位が横綱の元力士還暦(60歳)を迎えた際に、「長寿祝い」として行われる特別な横綱土俵入りのことである。




  1. ^ その綱は「赤綱」と呼ばれるが、これは俗称であって正式なものではない。
  2. ^ 千代の富士(九重)の還暦土俵入り
  3. ^ ウルフ感無量「まんざら、悪くないね」 デイリースポーツ 2015年6月1日記事
  4. ^ 当時四股踏みが不可能だったため、せり上がりの構えと立った状態での柏手のみ行った。
  5. ^ この時は還暦7ヶ月前だったが、武蔵川部屋の記念パーティーに合わせて早めに行った。


「還暦土俵入り」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「還暦土俵入り」の関連用語

還暦土俵入りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



還暦土俵入りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの還暦土俵入り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS