陣幕久五郎とは?

陣幕久五郎

読み方じんまく きゅうごろう

力士第十二代横綱。名は石倉一太郎出雲国八束郡生。初め尾道初汐五郎大坂朝日山、のち江戸に出て秀の山雷五郎門人となる。安政3年蜂須賀氏抱え力士となり陣幕久五郎と改め、通高と称した。慶応3年五条家吉田司家横綱免許される。また勤王家でもあり西郷隆盛知遇を受けた。明治36年(1903)歿、75才。

陣幕久五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/16 19:05 UTC 版)

陣幕 久五郎(じんまく きゅうごろう、文政12年5月3日1829年6月4日) - 明治36年(1903年10月21日)は、出雲国意宇郡意東村(現・島根県松江市東出雲町下意東)出身の元大相撲力士。第12代横綱(江戸最後の横綱)。本名は石倉 槇太郎(いしくら まきたろう)。「負けず屋」と言われた強豪で、明治維新の後に大阪頭取総長となり横綱の代数を創案した[1]




  1. ^ 澤田一矢(編)『大相撲の辞典』平成7年、94頁。


「陣幕久五郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陣幕久五郎」の関連用語

陣幕久五郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陣幕久五郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陣幕久五郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS