スカすとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > スカすの意味・解説 

すか・す [0]

( 動五 )
きどる。すます。めかしこむ。 「 - ・したやつだ」 「ずいぶん-・してきたね」

すか・す [0] 【空かす】

( 動五[四] )
〔「透かす」と同源
腹をへらす。空腹にする。 「腹を-・す」

すか・す [0] 【透かす】

( 動五[四] )
すき間をこしらえる。 「欄間一部を-・して作る」 「些と-・さないか,籠るやうだ/婦系図 鏡花
たてこんでいるものの一部取り去り,まばらにする。 「植木を-・す」
光を通して中の物や向う側を見る。 「明りに-・して見る」
すき間を通して物が見えるようにする。 「那様(どんな)人間だらうと格子から…-・して見る/婦系図 鏡花
油断をする。 「万事ひとつも-・さぬ人/浮世草子・織留 5
音のないように屁(へ)をする。 「 - ・しても音のするのは河童の屁柳多留 61」 〔「すく」に対す他動詞
[可能]すかせる

すか・す [0] 【賺す】

( 動五[四] )
言葉機嫌とったりなだめたりする。 「泣く子をなだめ-・す」 「おどしたり-・したりして承知させる」 「我は小児如く-・されて/即興詩人 鷗外
言いくるめてだます。 「旨(うま)く-・して土手下へ連出して/怪談牡丹灯籠 円朝
気持ちをそそる。おだてる。 「『猶の給へ』など-・せば,…いよいよ口すげみがちにて/増鏡

スカす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/28 04:56 UTC 版)

スカすとは大相撲隠語で、力士が自身が在籍する相撲部屋から逃げ出すことを示す。行為そのもののことはスカシとも呼ばれる。






「スカす」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「スカす」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるBPSとは

    株式の投資基準とされるBPS(Book-value Per Share)とは、1株あたり純資産のことです。BPSは、次の計算式で求めることができます。BPS=純資産÷発行済み株式数BPSは、企業の解散...

  • 株式の小型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スカす」の関連用語

スカすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スカすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスカす (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS