Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

 

株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。

有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換社債などが挙げられます。

有利子負債自己資本比率は、次の計算式で求めることができます。

有利子負債自己資本比率=有利子負債÷自己資本

例えば、有利子負債が300億円で、自己資本が1500億円の場合、有利子負債自己資本比率は0.2倍になります。

有利子負債自己資本比率=300億円÷1500億円=0.2倍

負債は資本で賄うことが望ましいという考えから、有利子負債自己資本比率が小さいほど企業の安定性が高いと判断できます。一方、有利子負債自己資本比率が1倍以上の場合は、負債が資本を上回っている状態なので企業の安定性が低いと判断できます。

次の表は、2012年7月現在の有利子負債自己資本比率が0.5倍以下の銘柄の一覧です。

コード銘柄有利子負債自己資本比率
1605国際石油開発帝石0.15
1721コムシスHD0.01
1928積水ハウス0.35
1963日揮0.03
2002日清製粉グループ本社0.03
2282日本ハム0.48
2531宝HD0.32
2802味の素0.21
2914日本たばこ産業0.30
3086J.フロント リテイリング0.32
3099三越伊勢丹HD0.38
3382セブン&アイHD0.39
3405クラレ0.18
3407旭化成0.25
4021日産化学工業0.33
4063信越化学工業0.01
4151協和発酵キリン0.00
4272日本化薬0.10
4324電通0.16
4452花王0.19
4502武田薬品工業0.27
4506大日本住友製薬0.40
4507塩野義製薬0.27
4568第一三共0.34
4689ヤフー0.00
4901富士フイルムHD0.12
5214日本電気硝子0.18
5301東海カーボン0.20
5332TOTO0.29
5541大平洋金属0.01
5631日本製鋼所0.47
5713住友金属鉱山0.41
5802住友電気工業0.37
5901東洋製罐0.21
6103オークマ0.31
6113アマダ0.03
6302住友重機械工業0.35
6366千代田化工建設0.06
6503三菱電機0.48
6674ジーエスユアサコーポレーション0.49
6702富士通0.45
6752パナソニック0.49
6767ミツミ電機0.05
6857アドバンテスト0.19
6902デンソー0.26
6971京セラ0.02
7202いすゞ自動車0.47
7269スズキ0.45
7731ニコン0.19
7735大日本スクリーン製造0.47
7751キヤノン0.00
7762シチズンHD0.39
7911凸版印刷0.35
7912大日本印刷0.26
7951ヤマハ0.06
8035東京エレクトロン0.01
8233高島屋0.42
9064ヤマトHD0.15
9301三菱倉庫0.26
9412スカパーJSAT HD0.34
9437エヌ・ティ・ティ・ドコモ0.05
9602東宝0.05
9735セコム0.12
9766コナミ0.06
9983ファーストリテイリング0.07


(2012年07月04日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS