相撲部屋とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 部屋 > 相撲部屋の意味・解説 

すもうべや すまふ- [0] 【《相撲》 《部屋》】


相撲部屋

作者柚木真理

収載図書父さん、ぼく面倒みきれません。
出版社新風舎
刊行年月2005.2


相撲部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/27 09:57 UTC 版)

相撲部屋(すもうべや)は、大相撲力士を養成する機関であり、力士が所属する各グループ、またその建物である。相撲界では単に部屋とも言う。2019年9月27日現在、45の部屋がある。




  1. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p66
  2. ^ また異なる部屋であっても、兄弟や叔父と甥など4親等以内の血縁者同士の取組も本割では組まれない。ただし優勝決定戦では同部屋や親族でも対戦させる。
  3. ^ 全員まとめて同じ部屋へ移籍するのが原則だが、旧田子ノ浦部屋の力士8名が2つの部屋に分かれて移籍した例もある。
  4. ^ “相撲部屋継、新設には理事会の承認が必要に”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2011年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/09/30/kiji/K20110930001725120.html 2016年1月21日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ 「法務省告示第百十四号」日本国へ帰化を許可する件 (PDF)”. 『官報』令和元年九月三日. 国立印刷局 (2019年9月3日). 2019年9月3日閲覧。
  6. ^ 2011年4月に大相撲八百長問題で引退した同じ時津風部屋所属の霜鳳より錦島の名跡を取得したが、2017年5月に高砂部屋所属の元関脇朝赤龍が現役引退して錦島を襲名した際に朝赤龍が錦島を取得していることが判明し、同時に豊ノ島が錦島を手放したことがわかった。
  7. ^ 1992年10月に二子山部屋から独立し花籠部屋を創設したが、2012年5月に経営難を理由に峰崎部屋へ吸収合併されて消滅している。
  8. ^ 木瀬部屋の師匠である肥後ノ海直哉は幕内通算53場所で部屋新設の条件を満たしていない。
  9. ^ 2016年10月の閉鎖処分の際に新たな師匠が就任する場合に部屋の再興が認められることになっていた。
  10. ^ 中川部屋の師匠である旭里憲治は幕内通算4場所のため部屋新設の条件を満たしていない。
  11. ^ a b 日刊スポーツ 2017年3月4日
  12. ^ 通常の条件もしくは願書を伴う申請で年寄名跡を取得できる力士は除く
  13. ^ 現在は追手風部屋の部屋付き親方だった15代中川(元幕内旭里)が旧春日山部屋の力士を引き取り中川部屋として再興された。
  14. ^ 大相撲:第49代横綱・栃ノ海の花田茂広さんに聞く”. 2014年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月2日閲覧。
  15. ^ 『相撲』2012年5月号に掲載された武蔵川大島の対談では、武蔵川が「リハビリ用であってこれを主体として稽古を行うつもりはなかった。」と積極的な利用の意図が無かったことを話していた。


「相撲部屋」の続きの解説一覧



相撲部屋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「相撲部屋」の関連用語

相撲部屋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



相撲部屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相撲部屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS