琴欧洲勝紀とは?

琴欧洲勝紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 06:42 UTC 版)

琴欧洲 勝紀(ことおうしゅう かつのり、1983年2月19日 - )は、旧・ブルガリア人民共和国(現在のブルガリア共和国ヴェリコ・タルノヴォ州ヴェリコ・タルノヴォ市出身で佐渡ヶ嶽部屋所属の元大相撲力士。本名は安藤(あんどう)カロヤン。ブルガリア国籍時代の本名はカロヤン・ステファノフ・マハリャノフブルガリア語Калоян Стефанов Махляновラテン文字転写例:Kalojan Stefanov Mahljanov)、愛称はカロヤン。身長202cm、体重155kg、握力120kg、血液型はO型。得意手は右四つ・寄り・上手投げ。最高位は東大関[1]。現在は年寄:15代鳴戸として、鳴戸部屋の師匠を務めている。




注釈

  1. ^ 関脇陥落場所で大関特例復帰ならずも勝ち越した力士は、過去1974年7月場所・大受2017年3月場所・琴奨菊(共に9勝6敗)、2013年1月場所・把瑠都(8勝7敗)の三人がいる。
  2. ^ 「大関3年」は3年以内に年寄株を取得するよほどの確証が無い限り理事会で承認されることがなく、事実、1998年5月1日に「大関3年」が制定されて以来栃東と琴欧洲の2例しか存在しない。初めて承認された例である栃東大裕の場合は近親者でもある年寄(先代玉ノ井)が3年以内に停年を迎える予定であったため承認された。琴欧洲の場合は空き名跡が10家あったため認められた(琴欧洲の引退時点で)。
  3. ^ 朝青龍と優勝決定戦
  4. ^ 右膝関節捻挫及び内側側副靱帯損傷により7日目から途中休場
  5. ^ a b c d e f g 大関角番(全7回)
  6. ^ 左上腕二頭筋挫傷により9日目から途中休場
  7. ^ 右膝内側側副帯損傷・右膝蓋大腿関節症により11日目から途中休場
  8. ^ 右肘内側側副靱帯損傷・右膝蓋大腿関節症により7日目から途中休場
  9. ^ 右足根骨靱帯損傷により千秋楽不戦敗
  10. ^ 右肩甲下筋挫傷により6日目から途中休場
  11. ^ 左肘関節外側側副靱帯損傷により6日目から途中休場
  12. ^ 左大腿二頭筋挫傷により7日目から途中休場
  13. ^ 左肩鎖関節脱臼により4日目から途中休場
  14. ^ 関脇陥落
  15. ^ 左肩鎖関節脱臼により11日目から途中休場、12日目に引退

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p24
  2. ^ 琴欧洲自伝 2014, pp. 20-21.
  3. ^ a b c d e f g 参考:相撲塾 関ノ戸(元小結・岩木山)との対談(両国国技館) 2014年5月10日
  4. ^ a b 「引退」琴欧洲 理想の″指導者像″は父親 東スポWeb 2014年3月20日16時00分
  5. ^ ブルガリアから来日→角界入り即断。琴欧洲は運命の出会いを果たした(1/3ページ) web Sportiva 2019.07.07(2019年9月20日閲覧)
  6. ^ 琴欧洲自伝 2014, pp. 44-45.
  7. ^ a b c d e f g h 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)212ページから213ページ
  8. ^ 琴欧洲親方が現役時代の秘話明かす nikkansports.com 2014年5月10日16時24分
    引退後、大相撲の面白を紹介する「相撲塾」でファンに対して「何て大ざっぱな名前なのかと思った」と当時の感想を明かしている。
  9. ^ ブルガリアから来日→角界入り即断。琴欧洲は運命の出会いを果たした(2/3ページ) web Sportiva 2019.07.07(2019年9月20日閲覧)
  10. ^ 「若い衆の頃は地獄でした…」琴欧洲はなぜスピード出世できたのか?(1/3ページ)web Sportiva 2019.07.14(2019年9月20日閲覧)
  11. ^ a b 「若い衆の頃は地獄でした…」琴欧洲はなぜスピード出世できたのか?(2/3ページ)web Sportiva 2019.07.14(2019年9月20日閲覧)
  12. ^ a b c 琴欧洲自伝 2014, pp. 114-117.
  13. ^ “主な力士の大関昇進時の口上”. 日刊スポーツ. (2011年11月30日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20111130-870494.html 2018年3月18日閲覧。 
  14. ^ 琴欧洲自伝 2014, pp. 118-119.
  15. ^ ニッカニカ!琴欧洲ズバッと“変化急” スポニチ 2008年05月23日
  16. ^ 琴欧洲 涙の初V!名古屋で綱獲りだ スポニチ 2008年05月25日
  17. ^ 琴欧洲14勝締めも名古屋へ“全勝ノルマ” スポニチ 2008年05月26日
  18. ^ 琴欧洲自伝 2014, pp. 130-131.
  19. ^ 仕切り焦ってしまった琴欧洲もう負けた スポニチ 2008年07月14日
  20. ^ “腰痛再発…118日ぶり黒星/夏場所”. 日刊スポーツ. (2009年5月24日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20090524-498314.html 2018年4月27日閲覧。 
  21. ^ “佐渡ケ嶽部屋オランダ初の大相撲に大歓声”. 日刊スポーツ. (2009年6月6日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20090606-503700.html 2018年4月27日閲覧。 
  22. ^ a b “琴欧洲2敗残った!V残った/名古屋場所”. 日刊スポーツ. (2009年7月26日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20090726-523410.html 2018年4月27日閲覧。 
  23. ^ “琴欧洲昨年夏以来の10連勝/名古屋場所”. 日刊スポーツ. (2009年7月22日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20090722-521598.html 2018年4月27日閲覧。 
  24. ^ “白鵬、遅刻大失態に動じずV/名古屋場所”. 日刊スポーツ. (2009年7月27日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20090727-523706.html 2018年4月27日閲覧。 
  25. ^ “両横綱全勝、琴欧洲は2敗目/九州場所”. 日刊スポーツ. (2009年11月24日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20091124-569230.html 2018年4月27日閲覧。 
  26. ^ “把瑠都全勝守る、連日の大関撃破/春場所”. 日刊スポーツ. (2010年3月24日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20100324-609553.html 2018年4月27日閲覧。 
  27. ^ “魁皇大台!千代の富士以来!/夏場所”. 日刊スポーツ. (2010年5月23日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20100523-633135.html 2018年4月27日閲覧。 
  28. ^ “鶴竜が全勝対決で琴欧洲倒す/名古屋場所”. 日刊スポーツ. (2010年7月18日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20100718-655153.html 2018年4月27日閲覧。 
  29. ^ “琴欧洲1敗キープ、白鵬追撃態勢/秋場所”. 日刊スポーツ. (2010年9月22日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20100922-681553.html 2018年4月27日閲覧。 
  30. ^ “把瑠都ニヤリ初V残った/初場所”. 日刊スポーツ. (2011年1月18日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20110118-725792.html 2018年4月27日閲覧。 
  31. ^ “かど番琴欧洲マイペース調整”. 日刊スポーツ. (2011年7月6日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20110706-800871.html 2018年4月27日閲覧。 
  32. ^ “「魁皇として最高の人生」/名古屋場所”. 日刊スポーツ. (2011年7月20日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20110720-807864.html 2018年4月27日閲覧。 
  33. ^ “琴欧洲が6年ぶり優勝/力士選士権”. 日刊スポーツ. (2011年10月3日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20111003-844504.html 2018年4月27日閲覧。 
  34. ^ a b “琴欧洲パパ頑張る6連勝/初場所”. 日刊スポーツ. (2012年1月13日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20120113-889136.html 2018年4月27日閲覧。 
  35. ^ “白鵬見てV逸「反省だけ」/初場所”. 日刊スポーツ. (2012年1月20日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20120120-892561.html 2018年4月27日閲覧。 
  36. ^ 琴欧洲が休場=白鵬らの逆転優勝消える-大相撲夏場所千秋楽 時事通信 2012年5月20日
  37. ^ “理事長「誠に遺憾」休場欧洲名指しで批判”. 日刊スポーツ. (2012年5月20日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20120520-954292.html 2018年4月27日閲覧。 
  38. ^ “琴欧洲白星も笑顔なし/名古屋場所”. 日刊スポーツ. (2012年7月8日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20120708-980106.html 2018年4月27日閲覧。 
  39. ^ “3大関休場で理事長「自覚持て」/秋場所”. 日刊スポーツ. (2012年9月14日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20120914-1016978.html 2018年4月27日閲覧。 
  40. ^ “琴欧洲かど番脱出「疲れた」/九州場所”. 日刊スポーツ. (2012年11月22日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20121122-1050172.html 2018年4月27日閲覧。 
  41. ^ “白鵬 絶好の上手与えて敗北「まあ、一番一番です」”. スポニチ. (2013年1月24日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/24/kiji/K20130124005052310.html 2018年4月27日閲覧。 
  42. ^ “琴欧洲が7度目休場 左肘治療、夏は6度目のカド番に”. スポニチ. (2013年3月16日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/03/16/kiji/K20130316005402900.html 2018年4月27日閲覧。 
  43. ^ “かど番琴欧洲「やるしかないでしょ!」”. 日刊スポーツ. (2013年4月19日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20130419-1114805.html 2018年4月27日閲覧。 
  44. ^ “琴欧洲「ホッ」千秋楽かど番脱出/夏場所”. 日刊スポーツ. (2013年5月26日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20130526-1133497.html 2018年4月27日閲覧。 
  45. ^ “琴欧洲 久々の存在感/名古屋場所”. 日刊スポーツ. (2013年7月16日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20130716-1158092.html 2018年4月27日閲覧。 
  46. ^ “琴欧洲、秋場所再出場を断念”. 日刊スポーツ. (2013年9月24日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20130924-1194585.html 2018年4月27日閲覧。 
  47. ^ 大相撲九州場所:琴欧洲休場 大関陥落必至(毎日新聞)
  48. ^ 琴欧洲は再出場せず、関脇陥落確実に(日刊スポーツ)
  49. ^ 琴欧洲と時天空、日本国籍取得=大相撲(時事ドットコム)” (2014年1月16日). 2014年1月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月16日閲覧。
  50. ^ 平成26年1月7日法務省告示第3号。
  51. ^ 「告示」『官報』6203号、国立印刷局2014年1月7日、2面。
  52. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年2月号39頁
  53. ^ 琴欧洲、遠藤にぶん投げられた…大関返り咲き消滅/初場所(サンケイスポーツ)
  54. ^ 関脇琴欧洲が休場 2日目から9連敗 日刊スポーツ 2014年3月19日10時59分
  55. ^ a b 【春場所】琴欧洲が引退 史上4位の大関在位47場所 スポーツ報知 2014年3月20日閲覧
  56. ^ 朝日新聞 2014年3月20日
  57. ^ 琴欧洲が引退「賜杯重かった」一問一答 nikkansports.com 2014年3月20日18時57分
  58. ^ a b c 琴欧洲親方が断髪式…部屋独立に意欲”. 日刊スポーツ (2014年10月4日). 2014年10月7日閲覧。
  59. ^ 琴欧洲 涙の断髪式「横綱育てたい」果たせなかった夢、親方で”. スポニチ (2014年10月5日). 2014年10月7日閲覧。
  60. ^ 年寄継承襲名のお知らせ 日本相撲協会 2015年2月12日閲覧
  61. ^ 琴欧洲が年寄「鳴戸」襲名=大相撲 時事ドットコム 2015年2月12日(2015年2月12日閲覧)
  62. ^ “鳴戸部屋を承認 親方「私を超える弟子育てたい」”. 日刊スポーツ. (2017年3月11日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1790522.html 2017年3月31日閲覧。 
  63. ^ “欧州出身初の師匠、鳴戸親方(元大関琴欧洲)が土俵開きで意欲 「私を超える弟子を」 ”. 産経新聞. (2017年4月1日). http://www.sankei.com/sports/news/170401/spo1704010040-n1.html 2017年4月2日閲覧。 
  64. ^ 毎日新聞2017年4月4日 東京朝刊
  65. ^ “元大関琴欧洲の鳴戸親方が部屋開き「うれしい」”. 日刊スポーツ. (2017年4月1日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1800956.html 2018年4月27日閲覧。 
  66. ^ 鳴戸親方「最先端のトレーニング学ぶ」 デイリースポーツonline 2015年4月4日
  67. ^ 琴欧洲親方が日体大生に 来日前に大学中退、3年から「編入」 Sponichi Annex 2014年10月8日 05:30
  68. ^ 元大関琴欧洲が日体大“卒業” 相撲協会の業務と両立難しく特例 DAILY SPORTS ONLINE 2017.3.30
  69. ^ 鳴戸部屋で暴力 三段目、弟弟子に絞め技…名目は仕事の失敗の罰 SANSPO.COM (産経新聞社、2019年2月1日閲覧)
  70. ^ 暴力行為の鳴戸部屋三段目力士が引退 親方減給処分 日刊スポーツ 2019年2月8日21時20分(日刊スポーツ新聞社、2019年2月18日閲覧)
  71. ^ “鳴戸部屋が部屋開き 鳴戸親方「ここからが本当のスタート」”. スポニチ. (2019年6月8日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/06/08/kiji/20190608s00005000273000c.html 2019年7月23日閲覧。 
  72. ^ “鳴戸部屋が部屋開き 師匠の元大関琴欧洲、横綱育成へ意欲”. サンスポ. (2019年6月8日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190608/sum19060818030004-n1.html 2019年7月23日閲覧。 
  73. ^ a b “序ノ口で史上初、同部屋3人が全勝で優勝決定戦”. 朝日新聞デジタル. (2019年7月21日). https://www.asahi.com/articles/ASM7P42L8M7PUTQP01B.html 2019年7月23日閲覧。 
  74. ^ 2004年11月場所千秋楽
  75. ^ 引退したばかりの時期である2014年3月25日の朝日新聞には「ほとんど張り手を使わなかった」という内容の投書がファンから寄せられていた。
  76. ^ 平成29年11月22日付静岡新聞『論壇』
  77. ^ 『相撲』2012年10月号
  78. ^ 琴欧洲「書くの難しい」漢字の名前は断念東スポWeb 2014年2月10日16時00分
  79. ^ 琴欧洲自伝 2014, pp. 134-140.
  80. ^ ありがとう ございます(琴欧洲オフィシャルブログ・2014年3月25日付)
  81. ^ 琴欧洲親方の「泣けるブログ」存続(東スポweb・2014年4月24日付)
  82. ^ “「言葉は悩みながら選んでる」ひらがなブログが癒されると話題の元大関琴欧洲・鳴戸親方にインタビュー BLOG of the year 2017”. Ameba TIMES. (2018年2月21日). https://abematimes.com/posts/3739980 2018年3月13日閲覧。 
  83. ^ 鳴戸親方すごっ!引退から3年も背筋力281キロ 日刊スポーツ 2017年7月3日20時27分(日刊スポーツ新聞社、2019年2月18日閲覧)
  84. ^ “魁皇 笑顔の引退会見「悔いも後悔もない」”. スポニチ. (2011年7月21日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/07/21/kiji/K20110721001251440.html 2018年4月28日閲覧。 
  85. ^ 琴欧洲、大関初の腰砕け/夏場所(サンスポ・2013年5月25日記事)
  86. ^ 琴欧洲自伝 2014, pp. 162-167.
  87. ^ 鳴戸親方が稀勢に苦言「初心に戻って」(サンスポ・2018年6月30日記事)
  88. ^ 稀勢の里引退・談話(JIJI.COM・2019年1月16日記事)
  89. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年4月号 p.54
  90. ^ “化粧まわしは友好の架け橋”. livedoor NEWS. (2006年4月24日). http://news.livedoor.com/article/detail/1883149/ 2018年4月28日閲覧。 
  91. ^ 力士ほどのグルメはいない? ちゃんこだけにとどまらない相撲めしの数々 ダ・ヴィンチニュース 2018/3/25 (KADOKAWA、2018年4月12日閲覧)
  92. ^ 元琴欧洲と元若の里の親方コンビが前橋競輪でトークショー…稀勢の里は「九州は多分出ます」 2017年10月7日23時19分 スポーツ報知(2017年10月8日閲覧)
  93. ^ 「ちゃんこってなんですか?」ド素人の質問を元力士&漫画家の琴剣淳弥さんにぶつけてみた【相撲メシ】メシ通 2018-03-30 (リクルート、2018年4月12日閲覧)
  94. ^ 琴欧洲自伝 2014, pp. 80-81.
  95. ^ 鳴戸部屋公式Twitter
  96. ^ 父・ステファンさん「頭の中が真っ白」(相撲) スポニチ Sponichi Annex スポーツ 大相撲 2008年 夏場所、2014年1月23日閲覧
  97. ^ 日本人横綱のいない土俵が映し出す「国柄」 msn産経ニュース 2014.4.3 08:33
  98. ^ “幸せ琴欧州「親方に意欲」麻子夫人と挙式”. 日刊スポーツ. (2010年2月15日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20100215-596215.html 2018年4月27日閲覧。 
  99. ^ 琴欧洲自伝 2014, pp. 102-107.
  100. ^ 平成18年度外国議会との交流:参議院”. 参議院. 2018年8月2日閲覧。
  101. ^ ブルガリアフェア 開催のお知らせ”. 日本ブルガリア協会. 2018年8月2日閲覧。
  102. ^ EUSA-JAPAN Newsletter No.17 (PDF)”. 日本EU学会. 2018年8月2日閲覧。
  103. ^ “琴欧洲も観戦!実はサッカー通だった”. デイリースポーツ. (2013年5月31日). https://www.daily.co.jp/soccer/2013/05/31/0006036326.shtml 2018年4月28日閲覧。 
  104. ^ “「アサショーリュー憎し」/ブルガリアでは敵役”. SHIKOKU NEWS. (2005年9月24日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/general/20050924000326 2018年4月28日閲覧。 
  105. ^ “琴欧洲が母国ブルガリア最高位の勲章受章”. 日刊スポーツ. (2009年7月29日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20090729-524497.html 2018年4月27日閲覧。 
  106. ^ “欧洲格が違うブルガリア対決/名古屋場所”. 日刊スポーツ. (2012年7月13日). https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20120713-982433.html 2018年4月28日閲覧。 
  107. ^ a b c d e f g 琴欧洲勝紀のCM出演情報”. oricon ME. 2018年4月29日閲覧。
  108. ^ 当社広告に「琴欧州」を起用”. 日本郵船. 2018年4月29日閲覧。
  109. ^ 人権週間キャンペーンを実施”. 東京都. 2018年4月29日閲覧。


「琴欧洲勝紀」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「琴欧洲勝紀」の関連用語

琴欧洲勝紀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



琴欧洲勝紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの琴欧洲勝紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS