いしだあゆみとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 俳優・女優 > 日本の芸能人 > いしだあゆみの意味・解説 

いしだ あゆみ


石田 亜佑美(モーニング娘。’20)

石田亜佑美(モーニング娘。’20)の画像 石田亜佑美(モーニング娘。20)の画像
芸名石田 亜佑美(モーニング娘。20)
芸名フリガナいしだ あゆみ
性別女性
生年月日1997/1/7
星座やぎ座
干支丑年
血液型O
出身宮城県
URLhttp://www.helloproject.com/morningmusume/profile/ayumi_ishida/
ブログURLhttp://ameblo.jp/morningmusume-10ki
プロフィール宮城県出身2011年モーニング娘。10期メンバーに選ばれる出演作品は、シングルピョコピョコ ウルトラ』『恋愛ハンター』、コンサートモーニング娘。コンサートツアー2012春 ~ウルトラスマート~』など、他多数座右の銘は「日頃笑顔」。趣味はキャンディクラッシュ映画鑑賞
代表作品1テレビあらあらかしこレギュラー
代表作品2年2014
代表作品2写真集shine more
代表作品3携帯サイト『石田亜佑美 責任編集~私のこと教えます!~』
職種音楽
好きなスポーツドッジボール
趣味・特技ダンス/振り返りキレ/いつかはバク転ができるようになりたいです/キャンディクラッシュ/映画鑑賞
好きな音楽J-POP

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
大阪府出身のタレント  島かおり  千田訓子  みやなおこ  いしだあゆみ  青山知可子  寺田椿

いしだあゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 07:23 UTC 版)

いしだ あゆみ(1948年3月26日 - )は、日本のアイドル歌手女優。本名は石田 良子いしだ よしこイザワオフィス所属。




  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.531
  2. ^ 永六輔『芸人その世界』第九刷、文藝春秋、1972年、279頁。以下引用 “(前略)名づけ親ということになっているのは「いしだあゆみ」(後略)” 引用終了。 ……と、永六輔は自身が芸名の名付け親か否かをぼかしている。いしだあゆみ自身は土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界のゲストコーナー「乙女探検隊が行く〜関東新地図」に出演した際に「お世話になった方の娘さんの名前からいただいた」と、永六輔が名付け親という説を否定している。
  3. ^ a b 【発掘!流行り歌 徒然草】いしだあゆみ、初打ち合わせで「あっ、サンマ買いに行かなきゃ」 「アワー・コネクション」(1977年) - 産経新聞「zakzak」2017年3月7日
  4. ^ http://music-calendar.jp/2017021001
  5. ^ AERA』1990年3月27日号。
  6. ^ 『チキンラーメンの女房 実録 安藤仁子(まさこ)』(安藤百福発明記念館〈カップヌードルミュージアム大阪池田〉編、中央公論新社、2018年〈平成30年〉)
  7. ^ 「表紙のおしゃべり」『月刊平凡』12月号、マガジンハウス、1969年。
  8. ^ 小林大輔が『夜のヒットスタジオ』最高視聴率を叩きだした夜週刊女性PRIME、2015年3月27日掲載
  9. ^ 第9回「フジテレビ物語(前編)」チェリー、2016年9月3日掲載


「いしだあゆみ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「いしだあゆみ」の関連用語

いしだあゆみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



いしだあゆみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのいしだあゆみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS