石田えりとは? わかりやすく解説

石田 えり

石田えりの画像 石田えりの画像
芸名石田 えり
芸名フリガナいしだ えり
性別女性
生年月日1960/11/9
星座さそり座
血液型A
出身地熊本県
身長162 cm
体重53 kg
URLhttp://www.eriishida.com/
デビュー年1977
プロフィール1981年に映画『遠雷』に出演し日本アカデミー賞優秀主演女優賞新人俳優賞受賞その後数々映画作品出演1987年1994年には映画『釣りバカ日誌シリーズ』で西田敏行の妻役を好演し国民的に広く知られる1991年、映画『飛ぶ夢をしばらく見ない』でアジア太平洋映画祭主演女優賞日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞日本映画界に欠かせない女優一人として映画を中心にドラマ舞台CMなど多方面活躍する
デビュー作映画『翼は心につけて
代表作品1年1980
代表作品1映画『遠雷
代表作品2年2007
代表作品2映画『サッドヴァケイション
代表作品3年2021
代表作品3映画『G.I.ジョー 漆黒スネークアイズ
職種俳優・女優タレント
語学英語/韓国語
好きなスポーツサーフィン
趣味・特技サーフィン

» タレントデータバンクはこちら

石田えり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/15 02:49 UTC 版)

石田 えり(いしだ えり、1960年11月9日[1][2][3] - )は、日本女優。本名:内田 恵理子(うちだ えりこ)[1][2][3][4][5]


  1. ^ a b c d 日本タレント名鑑2004』VIPタイムズ社、2004年、442頁。ISBN 978-4990124229 
  2. ^ a b c 『TVスター名鑑2005』東京ニュース通信社、2004年、17頁。ISBN 978-4924566354 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『日本映画人名事典』 女優編<上巻>、キネマ旬報社、1995年、170-171頁。ISBN 4873761409 
  4. ^ 報道陣から「うおお…」の声…石田えり、約20年ぶりにビキニ姿披露”. スポーツ報知 (2017年5月24日). 2017年12月1日閲覧。
  5. ^ 石田えり”. KINENOTE. 2017年12月1日閲覧。
  6. ^ ウルトラヒロインズ 2013, p. 79.
  7. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1982年9月24日号「芸名由来記」55頁
  8. ^ a b ウルトラヒロインズ 2013, p. 80
  9. ^ 石田えり、還暦でハリウッドデビュー 「G.I.ジョー 漆黒のスネークアイズ」貫禄の登場シーン”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2021年9月30日). 2022年9月4日閲覧。
  10. ^ 藤原令子&本郷奏多主演作「シネマの天使」老舗劇場の閉館惜しむ予告完成”. 映画.com (2015年7月31日). 2015年7月31日閲覧。
  11. ^ "井上真央主演映画『わたしのお母さん』今秋公開決定 ティザービジュアル&特報映像も". Real Sound. blueprint. 24 June 2022. 2022年6月24日閲覧
  12. ^ “川島海荷、決意の人生初金髪「今年は自分の分岐点」”. ORICON STYLE. (2016年4月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2070296/full/ 2016年4月26日閲覧。 
  13. ^ 観月ありさ×鄭義信の舞台「GS近松商店」9月27日上演決定”. 映画.com (2015年5月4日). 2015年5月7日閲覧。
  14. ^ “有名美女10人「夏バストどっきり報告」(1)石田えりがあのCMで魅せた!”. アサ芸プラス. (2017年6月24日). https://www.asagei.com/excerpt/83489 2020年2月10日閲覧。 


「石田えり」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石田えり」の関連用語

石田えりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石田えりのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2024 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石田えり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS