桃井かおりとは?

桃井かおり

以下の映画桃井かおり関連しています。
チームオクヤマ
オメガ・エンタテインメント=ドラゴン・フィルム
スコルピオン=シネマ・ドゥ・シネマ配給
日本ヘラルド映画=エースピクチャーズ配給
日本ヘラルド映画=エースピクチャーズ配給
東映アストロフィルム
シネ・ロツポニカ
 
東映クラシックフィルム


桃井かおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 01:29 UTC 版)

桃井 かおり(ももい かおり、1951年4月8日[1] - )は、日本女優




注釈

  1. ^ NHK若いこだま」月曜日主題歌。
  2. ^ 日本テレビ系「ダウンタウン物語」主題歌。
  3. ^ 1981年秋の資生堂「ベネフィーク」CMソング。
  4. ^ 来生たかおとデュエット。
  5. ^ TBS系TVシティ「林真理子の星に願いを」テーマソング。
  6. ^ 日本テレビ系「名門私立女子高」主題歌。
  7. ^ 西田敏行とデュエット。
  8. ^ 日本テレビ系「名門私立女子高」插入歌。
  9. ^ ブティックJOY・MISS TAKAO」CFソング。
  10. ^ 夏木マリとデュエット。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.83.
  2. ^ 桃井かおりのデビュー作は、あの田原総一朗が監督した”. 週刊朝日 2012年10月5日号 (2012年10月5日). 2015年1月30日閲覧。
  3. ^ 8月25日〜8月29日の「ラジオバイオグラフィー 5冊のアルバム」のゲストは桃井かおりさん”. 文化放送くにまるジャパン』番組公式サイト (2014年8月25日). 2015年1月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e 週刊朝日 2012年10月5日号 61〜65ページのインタビュー記事より。
  5. ^ 『わたしの失敗』産経新聞出版、2006年5月、188頁。ISBN 4-902970-38-4
  6. ^ <やらせ>論4 - Docu×Docu ドキュメンタリーという生き方(2013年8月6日時点のアーカイブ
  7. ^ TVでた蔵『2015年1月16日放送『スッキリ!!』(「エンタメまるごとクイズッス Question(1)」参照)』”. ワイヤーアクション (2015年1月16日). 2015年1月30日閲覧。
  8. ^ a b 阿藤海『この熱き人たち』文芸社、2000年5月1日、163頁。ISBN 4835503279
  9. ^ 2018年8月1日 NHKBS早坂暁を探して〜桃井かおりの暁さん遍路〜での本人談。
  10. ^ 番組エピソード 早坂暁と「NHKドラマ」 NHKアーカイブス
  11. ^ 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたすべての情報 2008年8月1日~2008年10月17日放送分(8/8)”. 価格.com. 2015年1月30日閲覧。
  12. ^ 商品情報”. 日本コロムビア 2015年1月21日 (2015年1月21日). 2016年9月22日閲覧。
  13. ^ なかにし礼の大ヒット企画に新たに浅野ゆう子を迎えた「なかにし礼と13人の女優たち」が9月28日に発売決定!”. 日刊エンタメクリップ合同会社 2016年9月22日 (2016年9月22日). 2016年9月22日閲覧。
  14. ^ 桃井かおり 1月に結婚していた!年上の音楽プロデューサーと”. スポニチ 2015年10月18日 (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  15. ^ 「僕たちの好きな倉本ドラマ 別冊宝島 870」より
  16. ^ 「笑う犬」が一夜限りで復活、「小須田部長」など伝説キャラも。”. ナリナリドットコム (2008年9月11日). 2015年1月30日閲覧。
  17. ^ 2011年7月9日「テレビを輝かせた100人」”. gooテレビ関西版 (2011年7月9日). 2015年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  18. ^ マイケル宮内「笑えるけど超ヤバい!テレビ放送事故&ハプニング」(廣済堂出版)
  19. ^ 『「タバコやめてネ」コンテスト』入選者リスト 2003(2003年6月28日時点のアーカイブ)、2004(2004年6月4日時点のアーカイブ)、2005(2006年7月2日時点のアーカイブ
  20. ^ 桃井かおりさんの愛用化粧品(コスメ)とエイジングスキンケア”. Beauty's Natural. 2015年1月30日閲覧。
  21. ^ a b c 週刊文春 2008年11月20日号 157ページ記事より。
  22. ^ 婦人公論 1998年8月22日号 62〜65ページ「キスより楽しいことがある」より。
  23. ^ 第890回 足4の字、コブラツイストに共通する”国民的必殺技” (HTML)”. 二宮清純「唯我独論」. SPORTS COMMUNICATIONS (2019年3月13日). 2019年5月22日閲覧。
  24. ^ 『時刊Momoi Kaori 2号』(Gakken Mook)より。
  25. ^ 『夢チャンネル』(新潮社)「わたしの人間見物」の章より
  26. ^ 後藤久美子『ゴクミ』(講談社)に寄せられたコメントより。
  27. ^ http://ironna.jp/article/8192
  28. ^ 週刊文春 2005年12月15日号 146〜150ページ『阿川佐和子のこの人に会いたい』より。
  29. ^ a b SmaSTATION-6特別企画「松田優作伝説・完結編」”. SmaSTATION!!番組公式サイト. 2015年1月30日閲覧。
  30. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004585
  31. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004588
  32. ^ 危険なふたり - テレビドラマデータベース
  33. ^ 危険なふたり(2)湯けむり再会編 - テレビドラマデータベース
  34. ^ 危険なふたり(3)飛んで火に入る就職編 - テレビドラマデータベース
  35. ^ 危険なふたり(4)しあわせの木を下さい! - テレビドラマデータベース
  36. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004594
  37. ^ 危険なふたり ふるさと純情編 - テレビドラマデータベース
  38. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004591
  39. ^ 番組エピソード 早坂暁と「NHKドラマ」 NHKアーカイブス”. NHK. 2021年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月11日閲覧。
  40. ^ カフェオリエンタル - テレビドラマデータベース
  41. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004527
  42. ^ 女が家を買うとき - テレビドラマデータベース
  43. ^ 殿様ごっこ - テレビドラマデータベース
  44. ^ “桃井かおり監督・脚本・主演「火 Hee」8月公開、中村文則の小説を映像化”. 映画ナタリー. (2016年5月12日). http://natalie.mu/eiga/news/187232 2016年5月12日閲覧。 
  45. ^ 桃井かおり、日本とバルト諸国初の共同製作作品で主演!”. シネマトゥデイ (2015年2月16日). 2015年2月20日閲覧。
  46. ^ 映画「おちをつけなんせ」(YouTube)”. 2020年5月9日閲覧。
  47. ^ “桃井かおり:清原果耶と初共演 「宇宙でいちばんあかるい屋根」で謎の老女“星ばあ”に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年4月10日). https://mantan-web.jp/article/20200409dog00m200043000c.html 2020年4月10日閲覧。 
  48. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00785
  49. ^ 放送ライブラリー 番組ID:009110
  50. ^ a b c d e f g h i j k 桃井かおりのCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月19日閲覧。
  51. ^ “レディー・ガガ、本日発売のアルバム「ジョアン」CMで桃井かおりがガガを語る”. MUSICIAN-NET. (2016年10月21日). http://www.musicman-net.com/artist/62070.html 2016年10月21日閲覧。 
  52. ^ 『まわり舞台の上で 荒木一郎』文遊社、2016年、266-269頁。ISBN 978-4-89257-120-6
  53. ^ 毎日映画コンクール 大賞に橋口監督の「恋人たち」”. 毎日新聞 (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桃井かおり」の関連用語

桃井かおりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



桃井かおりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桃井かおり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS