佐藤浩市とは?

佐藤 浩市

佐藤浩市の画像 佐藤浩市の画像
芸名佐藤 浩市
芸名フリガナさとう こういち
性別男性
生年月日1960/12/10
星座いて座
干支子年
血液型A
出身東京都
URLhttp://www.t-poche.jp/actor.detail/?Id=102
プロフィール1960年生まれ東京都出身俳優1980年NHK続・続事件』でデビュー。翌年出演した映画『青春の門』でブルーリボン賞新人賞を受賞以来多くの映画やドラマ出演し、その重厚演技は高く評価され、数多く映画賞受賞一方三谷幸喜監督ザ・マジックアワー』、宮藤官九郎監督少年メリケンサック』などで抜群のコメディセンスも発揮し、硬軟両様演技を魅せ、日本の映画界・ドラマ界では欠かせない存在となっている。父は名優三國連太郎
代表作品1映画『青春の門
代表作品2映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談
代表作品3TBSLEADERS リーダーズ
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら

佐藤浩市

以下の映画佐藤浩市関連しています。
 
東京テアトル・バビット
東映クラシックフィルム
東映クラシックスフィルム
シネ・ロツポニカ


佐藤浩市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/18 00:28 UTC 版)

佐藤 浩市(さとう こういち、1960年昭和35年)12月10日 - )は、日本俳優大学教授(客員)。本名同じ。テアトル・ド・ポッシュ所属。身長182cm、体重67kg。父は俳優の三國連太郎




  1. ^ 日本を代表する俳優 佐藤浩市氏と児童文学の専門家 越水利江子氏が文芸学科客員教授に着任いたしました”. 東北芸術工科大学 TUAD (2012年4月12日). 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月7日閲覧。
  2. ^ “佐藤浩市 東北芸工大の客員教授に就任「学生に希望や情熱を伝えられる」”. Sponichi Annex. (2012年4月14日). オリジナルの2012年6月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120627035010/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/14/kiji/K20120414003043390.html 2014年6月7日閲覧。 
  3. ^ “佐藤浩市ジュニア・寛一郎が俳優デビュー。映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に出演”. スポーツ報知. (2017年3月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170302-OHT1T50273.html 2017年3月6日閲覧。 
  4. ^ 道楽の道。佐藤浩市”. Kodansha BC. 2017年12月9日閲覧。
  5. ^ 男の履歴書 佐藤浩市”. INLIFE. 2013年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月7日閲覧。
  6. ^ 【照明灯】佐藤浩市さん”. カナロコ. 神奈川新聞社 (2015年6月7日). 2017年12月9日閲覧。
  7. ^ 三国連太郎・佐藤浩市 確執の父子が映画「美味しんぼ」で共演”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2017年12月9日閲覧。
  8. ^ 又吉直樹&佐藤浩市ら豪華顔ぶれ!二宮和也主演「坊っちゃん」”. シネマカフェ (2015年12月24日). 2015年12月26日閲覧。
  9. ^ 尾野真千子、本格警察ドラマに主演 佐藤浩市は「結婚祝い」で出演快諾”. ORICON STYLE (2016年8月24日). 2015年8月24日閲覧。
  10. ^ 佐藤浩市の洗礼を受けた新人俳優出演 『Aではない君と』キャスト追加発表”. ORICON NEWS (2018年8月24日). 2018年8月24日閲覧。
  11. ^ “大竹しのぶ役に池脇千鶴、名物P役に佐藤浩市 - さんま企画ドラマ全キャスト”. マイナビニュース. (2017年3月21日). https://news.mynavi.jp/article/20170321-a025/ 2018年11月14日閲覧。 
  12. ^ “野村萬斎と市川猿之助映画で初共演!”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年4月6日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/04/06/0008961814.shtml 2016年4月6日閲覧。 
  13. ^ “篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛らが吉永小百合のもとに結集!「北の桜守」に豪華キャスト”. 映画.com. (2017年3月22日). http://eiga.com/news/20170322/3/ 2017年3月22日閲覧。 
  14. ^ “佐藤浩市、玉木宏、藤竜也が「空母いぶき」に出演、追加キャスト22人一挙解禁”. 映画ナタリー. (2018年11月16日). https://natalie.mu/eiga/news/308124 2018年11月16日閲覧。 
  15. ^ “町田くんの世界:実写映画主演に新人2人抜てき 岩田剛典、高畑充希、戸田恵梨香ら豪華キャストも”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年1月22日). https://mantan-web.jp/article/20190121dog00m200049000c.html 2019年1月22日閲覧。 
  16. ^ “岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演”. 映画.com. (2018年6月23日). https://eiga.com/news/20180623/2/ 2018年6月23日閲覧。 
  17. ^ “福島第一原発事故描く「Fukushima 50」会見、佐藤浩市「事実をどう刻むか考えた」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月18日). https://natalie.mu/eiga/news/328260 2019年4月18日閲覧。 
  18. ^ 戦後70年 千の証言スペシャル「私の街も戦場だった」(TBS)、2015年3月9日閲覧
  19. ^ 佐藤浩市、三浦友和ら豪華出演陣 クルマづくりの情熱描く動画公開”. スポニチアネックス (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
  20. ^ “佐藤浩市、共演ミッツをバッサリ ラブコールに「存在脂っぽい…」”. スポニチアネックス. (2016年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/29/kiji/K20160329012300970.html 2016年3月29日閲覧。 
  21. ^ “【報知映画賞】佐藤浩市、三國連太郎さんと父子栄冠”. スポーツ報知. (2015年11月26日). オリジナルの2015年11月26日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20151126014053/http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20151125-OHT1T50136.html 2015年11月26日閲覧。 
  22. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月19日閲覧。
  23. ^ 2015年度・受賞者”. おおさかシネマフェスティバル公式サイト. 2016年2月3日閲覧。
  24. ^ “佐藤浩市が主演男優賞「あまのじゃくです」映画大賞”. 日刊スポーツ. (2016年12月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1747982.html 2016年12月6日閲覧。 
  25. ^ 第40回日本アカデミー賞 最優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2017年3月6日閲覧。


「佐藤浩市」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐藤浩市」の関連用語

佐藤浩市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



佐藤浩市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐藤浩市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS