池上季実子とは?

池上季実子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 05:50 UTC 版)

池上 季実子(いけがみ きみこ、1959年1月16日[1] - )は、日本女優タレント。本名は臼井 季実子[2]


注釈

  1. ^ 後に離婚。
  2. ^ 当時はできちゃった結婚と言われていたが、実際は報道以前から既に籍を入れており、それからの妊娠だった。
  3. ^ 妊娠がマスコミにばれた為、会見を開いたところ、できちゃった結婚として世間に広まった。
  4. ^ 東京12チャンネル(現:テレビ東京)ドラマ「純愛山河 愛と誠」主題歌。
  5. ^ MEG-CDよりCD-R盤が発売されている。
  6. ^ TBS系テレビドラマ『鬼龍院花子の生涯』主題歌。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.97.
  2. ^ a b c 池上 季実子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年9月9日閲覧。
  3. ^ a b インタビュー私のいえ~すまいの履歴書~ Vol.48「池上季実子」さん”. お役立ちガイド. 住友不動産販売 (2016年5月24日). 2016年9月9日閲覧。
  4. ^ a b 藤崎昭子 (2014年8月10日). “著者に会いたい 向き合う力 池上季実子さん”. BOOK asahi.com. 朝日新聞デジタル. 2016年9月9日閲覧。
  5. ^ a b 池上季実子 (2015年2月6日). テリー伊藤対談「池上季実子」(1)不幸な幼少期を経て芸能界入り. インタビュアー:テリー伊藤. アサ芸プラス, 徳間書店.. http://www.asagei.com/excerpt/31769 2016年9月9日閲覧。 
  6. ^ “坂東さんいとこ池上季実子「お兄ちゃん」”. 日刊スポーツ. (2015年2月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1437959.html 2016年9月9日閲覧。 
  7. ^ a b 池上 季実子”. タレント詳細. オスカープロモーション. 2016年9月9日閲覧。
  8. ^ a b ““おひとりさま”を楽しむコツとは? 過去の大事故を初告白した女優・池上季実子が語る モデルプレスインタビュー”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年8月9日). http://mdpr.jp/interview/detail/1401187 2016年9月9日閲覧。 
  9. ^ “池上季実子、オスカープロモーション退社し独立を発表「女優として、もう一踏ん張りしたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年1月8日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190108-OHT1T50069.html 2019年1月8日閲覧。 
  10. ^ a b “池上&神田、熟年カップル銀座でも“密着””. ZAKZAK. (2014年12月11日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_12/g2004121104.html 2016年9月9日閲覧。 
  11. ^ 池上季実子がスマホゲームで重大なマナー違反の疑い”. アサジョ. 2018年9月15日閲覧。
  12. ^ 2008年10月28日笑っていいとも!』内のコーナ
  13. ^ a b オリコン (2015年9月17日). “『科捜研の女』新レギュラーは池上季実子 組対の女刑事役”. 2015年9月18日閲覧。
  14. ^ 『福島民報』1976年4月2日付朝刊テレビ欄。


「池上季実子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「池上季実子」の関連用語

池上季実子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



池上季実子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの池上季実子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS