マヤ片岡とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > マヤ片岡の意味・解説 

マヤ片岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 01:54 UTC 版)

マヤ片岡(マヤ かたおか、1909年明治42年〉3月8日[1] - 2003年平成15年〉1月15日[4])は、日本美容家昭和初期のパーマネントウエーブの流行を牽引した人物の1人であり[5]、日本国内外での美容情報の発信により、美容界の発展に貢献した[6]。昭和期の美容界を代表する人物の1人とされ[6]、「パーマ界の草分け」とも呼ばれる[2]。本名は片岡信子[1]




注釈

  1. ^ 当時の日本で、有名ホテルの宿泊料が2円から3円であり、一般的な一流店のパーマ料金は30円から40円のところを、マヤの店のパーマは5円から10円であった[8]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 並木 2015, pp. 320-322
  2. ^ a b c 近現代日本女性人名事典 2001, p. 322
  3. ^ a b c 週刊ポスト 1970, pp. 33-34
  4. ^ a b c d e f g h 並木 2015, pp. 328-329
  5. ^ 並木 2015, p. 319.
  6. ^ a b c d e f g 並木 2015, pp. 326-328
  7. ^ 林光『母親がかわれば社会がかわる 河崎なつ伝』草土文化、1974年6月15日、68頁。NCID BN0202553X
  8. ^ a b c d e 並木 2015, pp. 322-325
  9. ^ 並木 2015, pp. 325-326
  10. ^ a b 日外アソシエーツ 1981, p. 234
  11. ^ 並木 2015, pp. 298-300.
  12. ^ 並木 2015, pp. 302-305.


「マヤ片岡」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マヤ片岡」の関連用語

マヤ片岡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マヤ片岡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマヤ片岡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS