第64回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第64回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第64回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 16:13 UTC 版)

第64回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうよんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2013年平成25年)12月31日JST、以下同じ)に放送された通算64回目のNHK紅白歌合戦である。




  1. ^ Sexy Zone」「Lady ダイヤモンド」「Sexy Summerに雪が降る」「Real Sexy!」「バィバィDuバィ〜See you again〜」の計5曲披露。
  2. ^ Follow Me」「ごめんなさいのKissing You」の順に披露。
  3. ^ Preserved Roses」「革命デュアリズム」を順に披露。
  4. ^ 綾瀬はるかと紅白歌手有志による「花は咲く」の合唱。
  5. ^ GOUNN」「走れ!」を順に披露。
  6. ^ 暦の上ではディセンバー」「潮騒のメモリー」「地元に帰ろう」のメドレーを交えた寸劇。
  7. ^ 岩手県陸前高田市高田小学校体育館からの中継出場[13][32]
  8. ^ にんじゃりばんばん」「もったいないとらんど」を順に披露。
  9. ^ へそ曲がり」「T.W.L」を順に披露。
  10. ^ 嵐が南大東村立南大東小中学校(沖縄県)を訪ねて交流した様子のVTRの後、全国の小学生が歌う動画とともに嵐が「ふるさと」を歌唱。
  11. ^ 恋するフォーチュンクッキー」「ヘビーローテーション」を順に披露。
  12. ^ 神奈川県横浜市・パシフィコ横浜展示ホールより「vs.2013 〜知覚と快楽の螺旋〜」と「誕生日には真白な百合を」を披露。
  13. ^ 東京都港区グランドプリンスホテル新高輪大宴会場「飛天」より「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」(聖子のみ)「夢がさめて」(デュエット)を順に披露。
  14. ^ Endless Game」「Breathless」を順に披露。
  15. ^ Mistake!」「Joy!!」を順に披露。

注釈

  1. ^ 『あまちゃん』の挿入歌「地元に帰ろう」のスカアレンジ[2]
  2. ^ 「あまちゃん オープニングテーマ」「お正月」などを過去の紅白オープニングテーマを参考に作編曲したオリジナルソング。作曲・大友良英、ストリングスアレンジ・江藤直子 (Giulietta Machine)。[2]
  3. ^ 実際には北三陸駅前のシーンはVTRで、「スナック梨明日」のセットを紅白の会場であるNHKホールに隣接したNHK放送センター内のみんなの広場ふれあいホールに組んで生放送に臨んでいたという[19]
  4. ^ 18歳未満のメンバーである松井珠理奈などは出演できなかった。
  5. ^ 織井茂子第11回1960年 - 第40回1989年)の29年間の最長ブランクタイ。
  6. ^ ただしAKB48として登場した指原莉乃はHKT48に属している(これはAKB48の歌唱曲「恋するフォーチュンクッキー」のセンターを勤めている都合上、AKB48側としての出場となるため)。また、五木ひろしとAKB48の曲中にも指原を含む一部のHKT48メンバーが出演している。
  7. ^ 事前収録で、当日出演はなし

出典

  1. ^ とっておきテレビ
  2. ^ a b c d e 大友良英 (2014年1月2日). “紅白「あまちゃん 第157話」”. 大友良英のJAMJAM日記. 2014年1月2日閲覧。
  3. ^ [業界プロジェクトX]第64回NHK紅白歌合戦制作統括・山田良介さん - スポーツ報知、2013年11月12日
  4. ^ 第64回紅白歌合戦について(会長記者会見要旨 2013/9/5)
  5. ^ “紅白司会の綾瀬はるかさんと「嵐」会見”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年10月18日). オリジナルの2013年10月18日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-1018-1218-12/www3.nhk.or.jp/news/html/20131018/k10015376541000.html 2013年10月18日閲覧。 
  6. ^ “大みそかまで“あまちゃん”! 能年玲奈、紅白PR大使に決定”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2031096/full/ 2013年11月20日閲覧。 
  7. ^ “【紅白】出場歌手決定 初出場はE-girlsら9組 高橋真梨子も29年ぶり出場”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年11月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2031198/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  8. ^ 「ラジオ」中継、「紅白ウラトークチャンネル」アナウンサー・キャスター決定について”. 第64回NHK紅白歌合戦公式サイト (2013年12月5日). 2014年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  9. ^ “福山雅治、紅白初の世界3元中継!日本と台湾つなぐ”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2013年12月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0059054 2013年12月20日閲覧。 
  10. ^ “跨年晚會 明星球星、百萬人倒數”. 聯合報 (聯合報). (2013年12月17日). http://udn.com/NEWS/DOMESTIC/DOM2/8367575.shtml 2013年12月20日閲覧。 
  11. ^ “『第64回NHK紅白歌合戦』曲目発表 北島三郎は「まつり」で“有終の美””. ORICON STYLE. (2013年12月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2032113/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  12. ^ “紅白 サブちゃんまつりで大騒ぎ!! メドレーは過去最多11組”. 中日スポーツ. (2013年12月19日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2013121902000178.html 2014年1月4日閲覧。 
  13. ^ a b c DREAMS COME TRUE 東北からの中継決定!のお知らせ 〜復興への願いをこめた魂のステージ〜”. 第64回NHK紅白歌合戦公式サイト (2013年12月18日). 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  14. ^ 紅白で朝ドラの特別編を放送する事例は第36回1985年)において、同年上期の『澪つくし』の特別編を放送して以来28年ぶりである。
  15. ^ a b “『あまちゃん』紅白で復活! クドカン脚本で歌・ダンス・笑いのステージショー”. マイナビニュース. (2013年12月24日). http://news.mynavi.jp/news/2013/12/24/034/ 2014年1月4日閲覧。 
  16. ^ 【紅白】審査員に滝川クリステル、マー君ら話題の人ズラリ くまモンも来るモン,ORICON STYLE,2013年12月24日
  17. ^ “【紅白歌合戦ライブ】(1)「あまちゃん」で開幕! 司会・綾瀬さんは不安な船出…”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年12月31日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131231/ent13123119370010-n1.htm 2014年1月2日閲覧。 
  18. ^ “【紅白】杉良太郎、妻・伍代を絶賛 20回目で初“夫婦共演””. ORICON STYLE (オリコン). (2013年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2032645/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  19. ^ 紅白歌合戦”. 渡辺えりオフィシャルブログ (2013年12月31日). 2014年1月2日閲覧。
  20. ^ “【紅白】壇蜜、花魁姿で藤あや子と秋田美人コラボ”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2032631/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  21. ^ くまモン&ふなっしー 通路で“乱闘状態” 嵐・二宮にもアタック スポーツニッポン
  22. ^ “リンホラ、テレビ初歌唱!アッコ「進撃の巨人」写真に苦笑/紅白”. サンケイスポーツ. (2014年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140101/oth14010104020023-n1.html 2014年1月1日閲覧。 
  23. ^ “【紅白】リンホラ、TV初パフォーマンス 巨人似のアッコ“襲来””. ORICON STYLE (オリコン). (2013年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2032633/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  24. ^ “Linked Horizon、「紅蓮の弓矢[紅白スペシャルVer.]」1位獲得、イェーガー!”. BARKS. (2014年1月3日). http://www.barks.jp/news/?id=1000098238 2014年1月4日閲覧。 
  25. ^ 関ジャニ∞大倉、セクシーな袴で和太鼓披露 坂本冬美・TOKIOと共演<紅白本番> モデルプレス
  26. ^ 綾瀬はるか、涙の「花は咲く」 出演者から「頑張れ!」のフォロー サンケイスポーツ
  27. ^ “鉄拳悲運ネタ飛ばされニュースに/紅白”. 日刊スポーツ. (2013年12月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140101-1238604.html 2014年1月4日閲覧。 
  28. ^ “EXILE・HIRO、万感ラストダンス”. スポーツ報知. (2014年1月1日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140101-OHT1T00054.htm 2014年1月4日閲覧。 
  29. ^ “ももクロ、金色4000万円!?マー君が曲紹介も/紅白”. サンケイスポーツ. (2014年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140101/ido14010104040000-n1.html 2014年1月1日閲覧。 
  30. ^ 『トピックニュース』2014年1月2日付
  31. ^ “TOKIO初出場時の映像も、国分「今の長瀬はゴリラ」”. サンケイスポーツ. (2014年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140101/joh14010104020003-n1.html 2014年1月4日閲覧。 
  32. ^ a b c あけましておめでとうございます!”. ドリブログ (2014年1月1日). 2014年1月4日閲覧。
  33. ^ “きゃりー巨大衣装からくり、黒人男性に肩車されていた”. サンケイスポーツ. (2014年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140101/oth14010104010011-n1.html 2014年1月4日閲覧。 
  34. ^ “110人AKBが110カ国の衣装!五木ひろしと夢コラボも/紅白”. サンケイスポーツ. (2013年12月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131230/akb13123005050000-n1.html 2014年1月1日閲覧。 
  35. ^ “【紅白】大島優子、突然のAKB卒業宣言!3月国立がラストか”. スポーツ報知. (2014年1月1日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140101-OHT1T00053.htm 2014年1月1日閲覧。 
  36. ^ “AKB大島優子、電撃卒業発表に「晴れやかな気持ち」 NHKが発表許可”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2032649/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  37. ^ “AKB大島の卒業発表に賛否分かれる”. デイリースポーツ. (2013年12月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/12/31/0006608913.shtml 2014年1月7日閲覧。 
  38. ^ “泉谷しげる熱唱も「もう二度と出ねえよ」”. MSN産経ニュース. (2013年12月31日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131231/ent13123123430023-n1.htm 2014年1月1日閲覧。 
  39. ^ “北島三郎が感謝のフィナーレ”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2013年12月31日). http://mantan-web.jp/2013/12/31/20131231dog00m200041000c.html 2014年1月4日閲覧。 
  40. ^ a b c “サブちゃん ラスト紅白で“究極の大トリ” 紅組トリは高橋真梨子”. スポーツニッポン. (2013年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/26/kiji/K20131226007272920.html 2015年2月21日閲覧。 
  41. ^ a b c “【紅白】北島三郎 歌唱中に5度も「ありがとう」”. 東京スポーツ. (2014年1月1日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/220046/ 2015年2月21日閲覧。 
  42. ^ “北島三郎さん 最後の紅白歌合戦 大トリで締めくくり”. 朝日新聞デジタル. (2014年1月1日). http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312310350.html 2015年2月21日閲覧。 
  43. ^ 「ヨイトマケの唄」(オリジナル盤)では「ふるさとの空の下で」と表記されている。
  44. ^ a b c d e 泉谷しげるら9組初出場 「紅白」出場者決まる,東京新聞,2013年11月26日朝刊放送芸能面
  45. ^ 山本彩「これを目標に突っ走ってきた」=NMB48、悲願の紅白初出場,時事ドットコム,2013年11月25日
  46. ^ 65歳・泉谷しげる、初出場で吠えた!「やめとけNHK」…紅白出場51組発表,スポーツ報知,2013年11月26日
  47. ^ 実際、泉谷の出場は今回限りとなっている。
  48. ^ 【紅白】泉谷しげる「帰りたくても帰れないやつに歌った」 初出場で魂の熱唱,ORICON STYLE,2013年12月31日
  49. ^ [1],スポーツニッポン,2014年1月14日
  50. ^ <紅白歌合戦>サカナクション、紅白初出場に「バンド界にとって勇気になる」,クランクイン!,2013年11月25日
  51. ^ 聖子2年ぶり「本当に幸せ」クリスとハーモニーで魅せる/紅白,サンケイスポーツ,2013年11月26日
  52. ^ なぜ?リンホラ 紅白初出場 NHK「アニソンも音楽の1つ 評価すべき」,スポーツニッポン,2013年11月25日
  53. ^ a b NHK紅白出場者決定 高橋真梨子29年ぶりの出場 小林幸子は…,ZAKZAK,2013年11月25日
  54. ^ サカナクション、miwa……NHK『紅白』内定情報続々 AKB独占状態“アイドル枠”の行方は!?,日刊サイゾー,2013年11月23日
  55. ^ [2],デイリーニュース,2013年11月26日
  56. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2032532/full/ ORICON STYLE(2013年12月29日)
  57. ^ a b “紅白出場者発表の陰で泣いたアーティストたち”. リアルライブ. (2013年11月26日). https://npn.co.jp/article/detail/39818561/ 2018年9月10日閲覧。 
  58. ^ HKT48紅白出場ならず…指原莉乃「焦らずに待つのみです」 シネマトゥデイ
  59. ^ 小林幸子また落選、新曲発売も1歩及ばず,日刊スポーツ,2013年11月26日
  60. ^ “モー娘、セカオワ、倖田來未らは「紅白」出場ならず”. 東京スポーツ. (2013年11月25日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/207795/ 2016年3月9日閲覧。 
  61. ^ “3作連続1位も紅白落選…モー娘。道重さゆみ「悔しい…ですが」”. スポーツニッポン. (2013年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/26/kiji/K20131126007087120.html 2016年3月9日閲覧。 
  62. ^ 初紅白セカオワ、有働アナからムチャ振り,日刊スポーツ,2014年11月26日
  63. ^ <紅白歌合戦>小泉・薬師丸ら『あまちゃん』出演者ナシ 「企画枠でご期待に応えたい」,クランクイン!,2013年11月25日
  64. ^ 正規出場では第71回2020年)で並んだ五木ひろしと共に最多出場記録となっている。ただし、北島は勇退後に後述する特別出演が1度ある。
  65. ^ “北島三郎 NHKにとっても重要事項だった紅白引退”. Sponichi Annex. (2013年12月5日). オリジナルの2013年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131212151133/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/05/kiji/K20131205007140300.html 2013年12月12日閲覧。 
  66. ^ “北島三郎、2年前にも紅白引退決意していた…東日本大震災で翻意”. Sponichi Annex. (2013年12月5日). オリジナルの2014年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140416133952/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/05/kiji/K20131205007141880.html 2014年4月16日閲覧。 
  67. ^ “北島三郎さん紅白引退へ 心ある歌を”. NHK NEWS WEB. (2013年12月5日). オリジナルの2013年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131205112955/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131205/k10013606831000.html 2013年12月7日閲覧。 
  68. ^ 北島三郎 「紅白」勇退でますます気になる“後継者問題”,日刊ゲンダイ,2013年12月7日
  69. ^ 女性自身』2016年10月25日号
  70. ^ “大トリは北島三郎「まつり」が有力 トリは和田アキ子か”. スポーツニッポン. (2013年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/26/kiji/K20131126007085980.html 2015年2月21日閲覧。 
  71. ^ [3],東スポWeb,2013年12月21日付
  72. ^ [4],スポーツニッポン,2013年12月25日
  73. ^ “大トリは北島三郎「まつり」が有力 トリは和田アキ子か”. スポーツニッポン. (2013年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/26/kiji/K20131126007085980.html 2015年2月21日閲覧。 
  74. ^ “石川さゆり赤組トリ有力!北島三郎「まつり」で有終/紅白”. サンケイスポーツ. (2013年12月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131219/oth13121905040012-n1.html 2015年2月21日閲覧。 
  75. ^ a b “紅白 白組トリはSMAP有力 紅組はドリカムか…AKBも急浮上”. スポーツニッポン. (2013年12月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/24/kiji/K20131224007260930.html 2015年2月21日閲覧。 
  76. ^ 『日刊スポーツ』2016年8月14日付22面
  77. ^ [5],リアルライブ,2014年12月12日
  78. ^ ジャニー喜多川氏が紅白歌合戦に異例の苦言を呈した“真意”」『週刊文春』、文藝春秋、2014年1月8日。
  79. ^ “北島三郎、紅白引退!節目の50回目大トリで幕「今年で身をひく」”. スポーツ報知. (2013年11月25日). オリジナルの2013年11月27日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/liiZK 2013年11月27日閲覧。 
  80. ^ 『スポーツニッポン』2013年11月26日付
  81. ^ 『サンケイスポーツ』2013年12月19日付
  82. ^ 『スポーツニッポン』2013年12月25日付
  83. ^ a b c “今年の紅白司会は“八重の桜”綾瀬はるか&“4年連続”嵐に決定”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年10月18日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2029849/full/ 2013年10月18日閲覧。 
  84. ^ nhk_kouhakuのツイート(285737698440916992)
  85. ^ [6] 日刊スポーツ 2013年10月19日
  86. ^ [7] ZAKZAK 2013年1月11日
  87. ^ 杏 紅白司会の大本命に!松下奈緒、堀北真希も同じ流れだった スポーツニッポン 2013年7月5日付
  88. ^ [8] ZAKZAK 2013年7月8日
  89. ^ [9] 東スポWeb 2013年8月5日付
  90. ^ [10] アサ芸プラス 2013年9月18日付
  91. ^ [11] J-CASTニュース 2013年9月23日付
  92. ^ 『週刊文春』2013年10月10日号
  93. ^ 「能年玲奈VS綾瀬はるか」紅白司会でメディア報道が真っ二つ”. メンズサイゾー (2013年10月6日). 2018年9月10日閲覧。
  94. ^ [12] サイゾーウーマン 2013年4月17日付
  95. ^ [13] サイゾーウーマン 2013年7月18日付
  96. ^ [14]
  97. ^ [15] リアルライブ 2014年3月23日付
  98. ^ “【紅白】綾瀬はるか、自身の司会は「60点」 続投にも意欲”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年1月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2032644/full/ 2015年2月21日閲覧。 
  99. ^ “綾瀬はるか:紅白司会を反省「次はもっと練習して」”. 毎日新聞デジタル. (2014年1月16日). https://mantan-web.jp/article/20140116dog00m200025000c.html 2015年2月21日閲覧。 
  100. ^ 第65回での綾瀬の紅組司会続投は実現しなかった(紅組司会は吉高由里子〈同年上期の連続テレビ小説『花子とアン』のヒロイン〉に交代。一方で綾瀬の続投案も報じられた)が、その次年の第66回2015年)で紅組司会再登板を果たしている。なお、第66回ではほぼ安定した仕切りを見せた。その後、第70回2019年)でも紅組司会を担当。
  101. ^ 「あまちゃん」夏ばっぱ 紅白審査員でがす 宮本信子が決定 スポニチ Sponichi Annex 2013年12月9日
  102. ^ “ゴールデンボンバー 今年は“エアメンバー”で驚きパフォ”. スポーツニッポン. (2013年12月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/31/kiji/K20131231007302381.html 2014年1月2日閲覧。 
  103. ^ 第64回NHK紅白歌合戦 「ラジオ」中継、「紅白ウラトークチャンネル」アナウンサー・キャスター決定について (PDF)”. 日本放送協会. 2015年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  104. ^ NHK、紅白歌合戦を8K/SHVでライブパブリックビューイング”. AV Watch. 2015年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  105. ^ 視聴率の年間1位は紅白歌合戦 裏番組トップは「笑ってはいけない」”. J-CASTニュース (2014年1月2日). 2014年1月2日閲覧。
  106. ^ 日刊スポーツ2014年1月3日版の23面
  107. ^ [16],ScoopieNews,2013年12月30日
  108. ^ “「紅白」 あまちゃん続編で視聴率50%”. デイリースポーツONLINE. (2014年1月6日). オリジナルの2014年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140107222712/http://daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/01/06/0006618346.shtml 2014年1月27日閲覧。 


「第64回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第64回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第64回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第64回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第64回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS