第67回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第67回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第67回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 17:32 UTC 版)

第67回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2016年平成28年)12月31日19時15分から23時45分まで放送された通算67回目のNHK紅白歌合戦である。


  1. ^ アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」を順に披露。
  2. ^ RPG」「Hey Ho」を順に披露(RPGは冒頭のみ)。
  3. ^ a b 東京都新宿区東京都庁都民広場からの中継で登場。
  4. ^ WAになっておどろう」「HONEY BEAT」を順に披露。
  5. ^ 少年」「1461日」を順に披露。例年通り、自身のカウントダウンコンサートを開催する神奈川県横浜市西区パシフィコ横浜展示ホールからの中継で登場。
  6. ^ RIVER」「君はメロディー」を順に歌唱。
  7. ^ 在住先である イギリスロンドンからの中継で登場。
  8. ^ 4月に発生した熊本地震で被災した熊本県熊本市中央区熊本城から市の特別許可を得て中継で出演。
  9. ^ A・RA・SHI」「Happiness」「One Love」を順に披露。[42]

注釈

  1. ^ テロップでは「第20回NHK紅白歌合戦(昭和44年)」と表示されていたが、正しくは第14回NHK紅白歌合戦(昭和38年)の映像である。
  2. ^ これ自体は石川さゆりの「天城越え」の作詞・作曲者。
  3. ^ 第55回での紅組優勝に批判が寄せられたことなどを受け、翌年の第56回における審査方法は会場審査員・視聴者を含めた全審査員の投票数全てをそのまま反映する形とした。第58回 - 第63回2012年)、第65回 - 前回も同様。第57回2006年)と第64回2013年)はボール審査を採用。
  4. ^ ただし、所属メンバーの一部はAKB48として出演した。
  5. ^ また、姉妹グループではNMB48から翌年4月10日卒業の上西恵、同4月19日卒業の薮下柊、同8月30日卒業の須藤凜々花、同9月27日卒業の木下百花が最後の出演となった。
  6. ^ 三山ひろしの歌唱中に画面テロップ紹介。また演奏・指揮者については公式ツイッターでもツイート >当該ツイート, 。
  7. ^ 選抜総選挙と同様、海外を拠点に活動するJKT48は対象外。
  8. ^ 中間発表では込山榛香高橋朱里藤江れいなが48位以内であり、加藤美南川本紗矢松村香織惣田紗莉渚が49位以下だった。
  9. ^ 兼任の場合、所属元チームで算出。
  10. ^ 公式発表では(労働基準法第61条に基づく18歳未満の者の夜間就業禁止規定による)「年齢のため」とされている。なお、この二人は翌年4月1日放送のBSプレミアムAKB48 SHOW!』で、紅白の本番でメンバーが着用したものと同じオリジナル衣装を披露、この衣装でAKB48のユニット曲『となりのバナナ』を歌唱している。
  11. ^ 選抜総選挙は「にゃんにゃん仮面」名義での立候補。
  12. ^ ビデオリサーチでは15分未満の番組を視聴率ランキングの対象外としており、「影の年間視聴率1位」として報じられている[87]

出典

  1. ^ 『紅白』テーマ発表 4年後の東京五輪に向けて「夢を歌おう」 ORICON STYLE 2016年9月8日閲覧
  2. ^ “第67回NHK紅白歌合戦司会者” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2016年11月12日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/mc/ 2016年11月12日閲覧。 
  3. ^ “第67回NHK紅白歌合戦出場歌手” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2016年11月24日), http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/ 2016年11月24日閲覧。 
  4. ^ “紅白総合司会は武田真一アナ「情熱と真心を込めて」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742524.html 2016年11月24日閲覧。 
  5. ^ a b c タモリ&マツコ 紅白特別ゲストに!矢島CP「どんな化学反応を…」,スポーツニッポン,2016年12月7日
  6. ^ RADは「前前前世」=宇多田さん朝ドラ曲も-NHK紅白歌合戦,時事通信社,2016年12月19日
  7. ^ ゲスト審査員”. 第67回NHK紅白歌合戦公式サイト (2016年12月21日). 2016年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月5日閲覧。
  8. ^ 【NHK紅白】ゲスト審査員に「真田丸」の草刈正雄さんら ドラマ「逃げ恥」のガッキーも,産経ニュース,2016年12月21日
  9. ^ オープニングテーマ曲「Fly into the Sun」,第67回NHK紅白歌合戦,2016年12月22日
  10. ^ [1]
  11. ^ “【紅白】タモリ&マツコが入場拒否される 開幕に寸劇”. デイリースポーツ. (2016年12月31日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/31/0009795018.shtml#btnMore 2017年1月5日閲覧。 
  12. ^ 【紅白】タモリ&マツコ 受信料に"苦情" 禁断ネタに切り込む デイリースポーツ 2017年1月1日
  13. ^ 【紅白】タモリ&マツコ オルガンで爆音…警備員につまみ出される デイリースポーツ 2016年12月31日。
  14. ^ 紅白 タモリ&マツコが高視聴率 会場内に姿現した場面42% スポーツニッポン 2016年12月31日。
  15. ^ a b “【紅白】欅坂46、21人で圧巻のパフォーマンス イエモン吉井もファン公言”. オリコン. (2016年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2083962/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  16. ^ a b “欅坂46が登場! イエモン吉井和哉は自前購入のCD披露 三山ひろしは大技「三山スパイク」を大成功”. 産経ニュース. (2016年12月31日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161231/ent1612310012-n1.html 2017年1月2日閲覧。 
  17. ^ 東京都庁前から椎名林檎が生出演 福田こうへいは「東北・日本を元気にしたい!」産経新聞 2016年12月31日
  18. ^ “ゆず「悲しみに寄り添いたい」 紅白リハ4日目 前半戦のトリを飾る”. 神奈川新聞. (2016年12月31日). http://www.kanaloco.jp/article/222249/2/ 2017年1月10日閲覧。 
  19. ^ “ゆず「悲しみに寄り添いたい」 紅白リハ4日目 前半戦のトリを飾る”. 神奈川新聞. (2016年12月31日). http://www.kanaloco.jp/article/222249/ 2017年1月10日閲覧。 
  20. ^ 初出場のRADWIMPS、『君の名は。』主題歌「前前前世」熱唱 オリコン 2016年12月31日。
  21. ^ オリラジ中田敦彦とピコ太郎がハグで和解 RADIO FISHが“黄金PERFECT HUMAN” モデルプレス 2016年12月31日
  22. ^ 紅白歌合戦、auのCM状態に "浦ちゃん"と"かぐちゃん"コラボとAI熱唱,T-SITE,2016年12月31日
  23. ^ “NMB山本彩が紅白センター さしこ抜き涙/紅白”. 日刊スポーツ. (2017年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1759555.html 2017年1月2日閲覧。 
  24. ^ Perfumeが宙に浮いた!?最新技術で観客を異次元へ モデルプレス 2016年12月31日
  25. ^ タモリ&マツコ、ついにステージに!まさかの場所から登場<紅白本番> (モデルプレス、2016年12月31日)2020年8月3日閲覧
  26. ^ 星野源 ガッキーも照れながら“恋ダンス”披露 「逃げ恥」再び 毎日新聞 2016年12月31日
  27. ^ “【紅白】「逃げ恥」コンビ再会 ガッキーはにかみながら「恋ダンス」披露「やるしかないと…」”. スポーツ報知. (2017年1月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170101-OHT1T50103.html 2017年1月7日閲覧。 
  28. ^ 滝沢文那 (2017年1月5日). “ガッキー、紅白で照れ笑い 恋ダンス「やるしかない」”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASK142DW4K14UCVL001.html 2017年1月7日閲覧。 
  29. ^ 【紅白】別人テロップで武田アナが謝罪 坂本冬美「夜桜お七」の作詞・作曲者 デイリースポーツ 2016年12月31日
  30. ^ TOKIO、ジャニーズ初の中継出演 都庁前から「宙船」歌う ORICON STYLE 2016年12月31日
  31. ^ ポール・マッカートニー、4月に東京ドーム3days ORICON STYLE 2017年1月1日付発信・閲覧
  32. ^ 初の大トリ・嵐 デビュー曲などヒットメドレーで「夢届ける」,スポーツニッポン,2016年12月30日
  33. ^ 【紅白】嵐・相葉 ソロ初司会に「ポンコツでした」と猛省…歌唱中涙も,デイリースポーツ,2017年1月1日
  34. ^ 作曲家の平尾昌晃さん死去 「カナダからの手紙」など多くのヒット曲手がける スポーツニッポン 2017年7月22日
  35. ^ タモリがマツコと夫婦役で爆笑も「何も見られなかったな」毎日新聞 2017年1月1日
  36. ^ 【紅白】紅組が2年連続優勝 有村架純「えっ、えっ」と驚き,ORICON STYLE,2016年12月31日
  37. ^ 春風亭昇太、紅白歌合戦の裏側明かした!紅組が勝った理由とは…,スポーツ報知,2017年1月4日
  38. ^ 「紅白歌合戦」全舞台裏 視聴者置いてけぼりだった「紅組勝利」のカラクリ,週刊新潮,2017年1月12日号
  39. ^ 「審査方法がよく分からない」「暗い気持ちになる」 昨年のNHK紅白に厳しい意見78%,産経新聞,2017年2月1日
  40. ^ 『デイリースポーツ』2017年1月18日付
  41. ^ 「紅白」審査方法に今回も疑問の声 男女で勝敗…そもそも必要なのか!?,産経新聞,2018年1月16日
  42. ^ “【紅白】大トリ・嵐、気になるメドレー内容は?”. smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年12月30日). https://thetv.jp/news/detail/97102/ 2016年12月30日閲覧。 
  43. ^ a b 【紅白】SMAP出演打診「最後の最後まで」 矢島良CPの一問一答,ORICON STYLE,2016年11月24日
  44. ^ PUFFYが初紅白 やむなく断念の96年以来悲願,日刊スポーツ,2016年11月24日
  45. ^ a b c 【紅白】KinKi Kids など計10組が初出場 “世代交代”一気に加速,東京スポーツ,2016年11月24日
  46. ^ 【紅白】イエモン・吉井和哉、会見欠席も「紅白は僕らの憧れ」,スポーツ報知,2016年11月24日
  47. ^ NHK紅白の中継企画、氷川きよしは被災熊本城から,日刊スポーツ,2016年12月19日
  48. ^ 欅坂46が紅白初出場 メジャーデビュー年で快挙,日刊スポーツ,2016年11月24日
  49. ^ 市川由紀乃が水森かおり以来、13年ぶりに女性演歌歌手の初出場/紅白,サンケイスポーツ,2016年11月24日
  50. ^ 嵐が初の大トリ 紅組トリは石川さゆり 紅白曲順決定,スポーツニッポン,2016年12月25日
  51. ^ 嵐が初の紅白大トリ 8回目で大役…石川さゆりがトリ,デイリースポーツ,2016年12月25日
  52. ^ 嵐・相葉、史上2人目の司会&大トリ!美空さん以来46年ぶり,デイリースポーツ,2016年12月26日
  53. ^ 紅白大トリは嵐が確実 初出場KinKiはデビュー曲「硝子の少年」歌う,スポーツニッポン,2016年12月20日
  54. ^ 嵐がNHK紅白初の大トリへ 人気、実績十分と判断,日刊スポーツ,2016年12月20日
  55. ^ 嵐、SMAPの“後継者”に!8年連続紅白メドレーで初大トリ有力,サンケイスポーツ,2016年12月20日
  56. ^ “『第67回紅白歌合戦』司会に嵐・相葉&有村架純”. Oricon News. Oricon. (2016年11月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2081383/full/ 2020年1月12日閲覧。 
  57. ^ NHK紅白司会は嵐・相葉&有村 相葉「本当に悩んだ」有村「恐れ多い」,スポーツニッポン,2016年11月12日
  58. ^ 紅白司会決まった!嵐の相葉雅紀&次期朝ドラのヒロイン有村架純
  59. ^ 相葉 紅白司会決定で嵐メンバーから「ミスもして」,スポーツニッポン,2016年11月13日
  60. ^ 【紅白】嵐・相葉 ソロ初司会に「ポンコツでした」と猛省…歌唱中涙も,デイリースポーツ,2017年1月1日
  61. ^ “紅白総合司会は武田真一アナ「情熱と真心を込めて」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1742524.html 2016年11月24日閲覧。 
  62. ^ 紅白、有働アナ見送り理由 五輪モードで「切り替え」,デイリースポーツ,2016年11月24日
  63. ^ 武田アナ紅白総合司会、東京五輪へ有働アナから変更,日刊スポーツ,2016年11月25日
  64. ^ 紅白司会の武田アナ、有働アナのサポートに感謝「やらかしたらペチッとやって」,デイリースポーツ,2016年12月28日
  65. ^ 有働アナ 紅白司会“外れ”「ホッと」当日は武田アナを“後方支援” ,スポーツニッポン,2017年1月6日
  66. ^ “【紅白】タモリ&マツコ 疲れへたり込む「ポール牧さんはコメントできないわよ!」”. デイリースポーツ. (2016年12月31日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/31/0009795781.shtml 2017年1月1日閲覧。 
  67. ^ a b ピコ太郎 紅白企画枠で出場決定「ドッキリですよね」,デイリースポーツ,2016年12月22日
  68. ^ 事前番組『Road to 紅白 スペシャル』内でオーディションの模様が放送された。
  69. ^ 紅白楽屋トーク,第67回NHK紅白歌合戦,2016年12月22日
  70. ^ AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!|第67回NHK紅白歌合戦
  71. ^ “AKB48「NHK紅白歌合戦」“夢の紅白選抜”中間結果発表<48名メンバー>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月15日). https://mdpr.jp/news/detail/1646377 2017年2月1日閲覧。 
  72. ^ a b “AKB48「夢の紅白選抜」メンバー決定、島崎遥香は最後のステージに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年12月29日). http://natalie.mu/music/news/215221 2017年2月1日閲覧。 
  73. ^ 岡田隆志 (2016年12月29日). “AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう! 結果”. Google+. 2017年2月1日閲覧。
  74. ^ a b c d “AKB48“紅白選抜”全順位発表<1位~48位/全メンバー最終獲得票数>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1651212 2017年2月1日閲覧。 
  75. ^ 紅白のステージで一緒に踊れる!RADIO FISH 「PERFECT HUMAN」 ダンスオーディション!|第67回NHK紅白歌合戦
  76. ^ 桐谷健太と日本中の皆さんの歌声で一夜限りの『海の声〜みんなの海の声バージョン〜』を届けます!|第67回NHK紅白歌合戦
  77. ^ 紅白にゴジラ"襲来" スペシャル企画を発表,ORICON STYLE,2016年12月22日
  78. ^ a b c “【紅白】ゴジラ襲来で武田アナ"緊迫"の実況 突如「PPAP」ダンスも披露”. オリコン. http://www.oricon.co.jp/news/2083980/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  79. ^ a b “【紅白】ピコ太郎、第九バージョン「PPAP」を披露”. オリコン. (2016年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2084011/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  80. ^ a b “武田真一アナがまさかのPPAPパロディー 相葉雅紀「後悔してないですよね?」 松田聖子はYOSHIKIと…”. 産経ニュース. (2016年12月31日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161231/ent1612310024-n1.html 2017年1月2日閲覧。 
  81. ^ a b 安藤健二 (2016年12月31日). “X JAPAN、シン・ゴジラを撃退 紅白歌合戦でコラボ”. ハフィントン・ポスト日本版. http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/31/shin-godzilla-kouhaku_n_13910418.html 2017年1月2日閲覧。 
  82. ^ a b c d “武田真一アナがまさかのPPAPパロディー 相葉雅紀「後悔してないですよね?」 松田聖子はYOSHIKIと…”. 産経ニュース. (2016年12月31日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161231/ent1612310024-n2.html 2017年1月2日閲覧。 
  83. ^ “X JAPAN「紅」熱唱でゴジラを止める/紅白”. 日刊スポーツ. (2017年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1759567.html 2017年1月2日閲覧。 
  84. ^ “「紅白」後半視聴率40・2% 2年ぶり大台回復 歴代最低の前年上回る”. スポーツニッポン. (2017年1月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/02/kiji/20170102s00041000013000c.html 2017年1月2日閲覧。 
  85. ^ “嵐が歌手別最高43.7%、番組最高は結果発表…紅白「毎分視聴率」”. デイリースポーツ. (2017年1月5日). http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/05/0009803607.shtml 2017年1月6日閲覧。 
  86. ^ “紅白歌手別視聴率、1位は嵐相葉雅紀の「男泣き」”. 日刊スポーツ. (2017年1月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1760971.html 2017年1月5日閲覧。 
  87. ^ a b “影の年間視聴率1位「絶対に笑ってはいけない高瀬アナ」とは?”. デイリースポーツ. (2017年1月6日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/01/06/0009806576.shtml 2017年1月6日閲覧。 


「第67回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第67回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第67回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第67回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第67回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS