友近とは?

友近

読み方
友近ともちか
友近ゆうこん

友近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/21 09:08 UTC 版)

友近(ともちか、1973年8月2日 - )は、日本お笑いタレントものまねタレント女優。本名、友近 由紀子(ともちか ゆきこ)。




注釈

  1. ^ 大学在学中より『とにかく愛媛5:00』(テレビ愛媛)のレポーター、『特盛鴻上丼』(あいテレビ)のアシスタントなどと務めた。
  2. ^ 道後温泉大和屋。

出典

  1. ^ アメトーーク! 2013年11月7日放送分より
  2. ^ 楽天占い:友近千鶴で占う”. 楽天. 2018年7月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f WEB.05 友近さん(お笑い芸人)”. オンラインマガジン「くらしと保険」私の元素. 生命保険文化センター (2014年10月16日). 2018年2月27日閲覧。
  4. ^ a b 日本テレビ 浜ちゃんが!”. TVでた蔵. 富士ソフト (2012年2月8日). 2018年2月28日閲覧。
  5. ^ 関連記事
  6. ^ 友近、「伊予観光大使」に 熱愛は否定”. サンケイスポーツ (2011年7月22日). 2013年7月1日閲覧。
  7. ^ “友近、不倫騒動の宮崎議員に「やっぱりイヤですよね…京都は不倫の街ではないです」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2016年2月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160213/owa16021322320004-n1.html 2016年2月14日閲覧。 
  8. ^ 短編映画「水たまり」では夫婦役を演じている。
  9. ^ 海原やすよ ともこ&友近が大放言!『やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です』4・24よりレギュラーに”. TVLIFE web (2018年3月17日). 2018年3月17日閲覧。
  10. ^ Inc., Natasha,. “秋山&友近、“国産”会場・目黒雅叙園で会見「洋画を観たことがない」 - お笑いナタリー” (日本語). お笑いナタリー. 2018年9月8日閲覧。
  11. ^ “秋山竜次&友近、“和製洋画”を制作「完全オリジナル」と“パクリ”を否定” (日本語). スポーツ報知. (2018年8月31日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180831-OHT1T50144.html 2018年9月8日閲覧。 
  12. ^ 友近&渡辺直美、『ゴーストバスターズ』アフレコ挑戦も荷物が重くて苦戦!”. シネマカフェ. 2016年7月6日閲覧。
  13. ^ “M寸、L寸、舶来品…友近出演CMに中年のピザ屋店員・西尾一男が登場”. お笑いナタリー. (2016年5月2日). http://natalie.mu/owarai/news/185811 2016年5月2日閲覧。 
  14. ^ “女の肌をどっこいしょ!水谷千重子が「なめらか本舗」イメージキャラクターに”. お笑いナタリー. (2016年8月17日). http://natalie.mu/owarai/news/198453 2016年8月17日閲覧。 
  15. ^ 水谷千重子「ハッスルしちゃった」山内惠介とデュエットシングル発売”. お笑いナタリー (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  16. ^ 田原俊彦×水谷千重子、デュエットソングで欲求不満の恋を歌う”. お笑いナタリー (2015年11月2日). 2015年11月2日閲覧。


「友近」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「友近」の関連用語

友近のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



友近のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2018 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの友近 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS