NSCとは? わかりやすく解説

NSC

別名:国家安全保障会議ナショナルセキュリティカウンシル
英語:National Security Council

国防国家の安全保障など、危機管理体制について集中的に審議する機関

米国をはじめ多くの国々それぞれ自国のNSCを設置している。日本でも構想段階から該当機関を(NSCの訳語相当する)「国家安全保障会議」と読んでいるが、報道などでは「日本版NSC」の通称呼ばれることが多い。

調査情報」第548号、『「日本版NSC国家安全保障会議)」の課題によれば、NSCは専任スタッフ外交軍事などの観点から首長助言行い手助けする他、各省庁に対して横断的に指示を行う場としても機能する米国のNSCには約200名のスタッフがいるという。

日本にも危機管理旨とする組織として「安全保障会議」がある。ただし、日本の安全保障会議外務省防衛庁にも所属する兼任スタッフ中心となって構成されており、意思決定機関であるというよりは会議体であるとされる米国のNSCとは組織性質異なるという指摘もある。

日本では2006年に、第一次安倍内閣の下で「日本版NSC」の発足検討された。安倍晋三退陣とともに日本版NSC検討は一旦廃案となった2012年12月に再び安倍晋三内閣総理大臣に就任し、改め日本版NSC実現向けた取り組み再開した2013年11月7日日本版NSC新設に関する法案衆議院通過し14日現在、参議院審議入っている

関連サイト
「日本版NSC(国家安全保障会議)」の課題 - 国立国会図書館



新安全閉じ込め設備


エヌ‐エス‐シー【NSC】

読み方:えぬえすしー

National Security Council》⇒国家安全保障会議


エヌ‐エス‐シー【NSC】

読み方:えぬえすしー

Nuclear Safety Commission》⇒原子力安全委員会


スカンジウム‐窒素


窒化スカンジウム

分子式NSc
その他の名称Scandium nitride、窒化スカンジウム、Nitriloscandium
体系名:ニトリロスカンジウム


NSC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 16:50 UTC 版)

NSC(エヌ エス シー)




「NSC」の続きの解説一覧

「nsc」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



NSCと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

NSCのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NSCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNSC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS