石棺とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 石棺 > 石棺の意味・解説 

せき‐かん〔‐クワン〕【石棺】

読み方:せきかん

せっかん(石棺)1


せっ‐かん〔セキクワン〕【石棺】


石棺

読み方:セッカン(sekkan)

遺骸をおさめる石製容器


石棺

作者新井満

収載図書カフカの外套
出版社文芸春秋
刊行年月1991.12


石棺

作者田島伸二

収載図書沈黙の珊瑚礁
出版社蝸牛
刊行年月1996.2


石棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/09 15:42 UTC 版)

石棺(せっかん、せきかん、: stone coffinあるいはsarcophagus)は、石材で造られた


  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ 斎藤忠『日本考古学用語辞典 改訂新版』学生社 2004年 248ページ


「石棺」の続きの解説一覧

石棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/22 22:26 UTC 版)

江崎古墳」の記事における「石棺」の解説

石室のほぼ中央右側壁に近接して刳り抜き式の家形石棺置かれていた。部の長辺に各2、短辺に各1の縄掛け突起付いている。縄掛け突起傾斜面につき、小さく扁平実用機能をもたない部の南東はちょうど人が入りこめるほどに破壊され盗掘物語っている。身は、上縁長辺238センチ、同短辺131センチ基底長辺238センチ、同短辺125センチ、高さ68センチ刳り抜き深さ46センチである。長辺251センチ短辺143センチ 、高さ43センチ 刳り抜き深さ16センチで、長辺短辺とも中央わずかにふくらんでいる。石材貝殻石灰岩こうもり塚古墳の石棺と同じである

※この「石棺」の解説は、「江崎古墳」の解説の一部です。
「石棺」を含む「江崎古墳」の記事については、「江崎古墳」の概要を参照ください。


石棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 15:11 UTC 版)

石人山古墳」の記事における「石棺」の解説

後円部中央に緑泥片岩平石積みによる古式横穴式石室があり、内部に横口組合式家形石棺が安置されている。寄棟造底辺長2.8メートル妻側縄掛突起造り出されている。身は4板石組み合わせており、高さ1.4メートル長さ2.3メートルである。石棺には直弧文重圏文が浮き彫りされ、さらに丹彩されているが、これは最古期の装飾古墳として重要である石室江戸時代開口され天井部は失われているが、保護施設覆われておりのぞき込むようにして見学できる

※この「石棺」の解説は、「石人山古墳」の解説の一部です。
「石棺」を含む「石人山古墳」の記事については、「石人山古墳」の概要を参照ください。


石棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 03:19 UTC 版)

ギザの大ピラミッド」の記事における「石棺」の解説

王の間には、花崗岩製の簡素な置かれている。長さ2.28m、幅0.98m、高さ1.05mで、入口よりも大きいため完成前封入されと考えられるアスワン石切場から運ばれ花崗岩作られたもので表面装飾はまったく、見つかっていない。古代エジプトにおいて、花崗岩くり抜い作られた初めてのと考えられる当時は青銅道具はなく作られた円筒状の鋸で砂を撒きながら掘り削られたと考えられている。1999年行われた実験考古学により、こうした形状加工する為に延べ28000時間9年掛かった推定されている。

※この「石棺」の解説は、「ギザの大ピラミッド」の解説の一部です。
「石棺」を含む「ギザの大ピラミッド」の記事については、「ギザの大ピラミッド」の概要を参照ください。


石棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 00:13 UTC 版)

蓮華寺 (松山市)」の記事における「石棺」の解説

昭和41年頃に境内発見されたもので、九州阿蘇山溶結凝灰岩作られた古墳時代中期後半 (五世紀)の舟形石棺底部である。このことから、この山全体古墳ではないか推定されている。

※この「石棺」の解説は、「蓮華寺 (松山市)」の解説の一部です。
「石棺」を含む「蓮華寺 (松山市)」の記事については、「蓮華寺 (松山市)」の概要を参照ください。


石棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 14:11 UTC 版)

新安全閉じ込め構造物」の記事における「石棺」の解説

従来の安全閉込め構造物公式には「オブジェクト・シェルター("Object Shelter")」という名称であるが、一般には「石棺("the sarcophagus")と呼ばれている。これは1986年5月から11月にかけてチェルノブイリ原子力発電所(ChNPP)4号機残された放射性物質封じ込めるために緊急に設置されものである建設極めて線量環境において極めて厳し時間制約のもと進められた。石棺によって放射能汚染封じ込め概ね成功し損壊した原子炉モニタリングが行えるようになった。 石棺は一部損壊した4号機原子炉建屋支えにして建てられているが、原子炉建屋自体事故時爆発により構造的に不健全な状態になっていることが懸念されていた。石棺の屋根は主に3つの構造部材支えられている。東西に走る2本B-1およびB-2呼ばれる)が天井パネル桟木支持しており、さらに東西方向最長部に架けられた「マンモス・ビーム」と呼ばれる強度の高い天井パネル桟木支持補助している。石棺の屋根南北方向水平に並べた直径1mの鋼管と、そこにアングルを介して取り付けられ鋼板作られている。 石棺の南側壁面屋根から延び鋼板で、垂直から約15度傾斜つけられている。東側原子炉建屋そのもので、北側原子炉建屋とコンクリートセグメントが組み合わされている。西側補強のため控え壁設けたコンクリート壁になっている西側の壁は構造複雑なため放射線量の高い現地では組み立てられず、別の所で組み立てたものを遠隔操作タワー型クレーン取り付ける方式建設された。石棺の写真として紹介されるものの多くは、控え壁のある西側写したものである。 よく勘違いされることであるが、石棺は恒久的な閉じ込め構造物として設けられたものではない雨水による腐食内部放射性物質からの放射線により劣化進んでおり、放射性物質環境中漏れ出す危険性高まりつつある。2007年以前から屋根屋根へのアクセス通路集塵装置長期モニタリングシステムなどが設置されてきたものの、4号機残された放射性物質将来に渡って閉じ込め続けるためには、石棺の大規模な修繕あるいは交換必要な状態になってきた。4号機建屋内部には、事故当時内部にあった放射性物質のうち95%が残っている見積もられている[要出典]。

※この「石棺」の解説は、「新安全閉じ込め構造物」の解説の一部です。
「石棺」を含む「新安全閉じ込め構造物」の記事については、「新安全閉じ込め構造物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「石棺」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

石棺

出典:『Wiktionary』 (2021/10/12 10:47 UTC 版)

この単語漢字
せっ
第一学年
かん
常用漢字
音読み 音読み
この単語漢字
せき
第一学年
かん
常用漢字
音読み 音読み

発音

名詞

(せっかん または せきかん)

  1. 石で造られた

「石棺」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



石棺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石棺」の関連用語

石棺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石棺のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2023,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石棺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの江崎古墳 (改訂履歴)、石人山古墳 (改訂履歴)、ギザの大ピラミッド (改訂履歴)、蓮華寺 (松山市) (改訂履歴)、新安全閉じ込め構造物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの石棺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS