蝸牛とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 蝸牛 > 蝸牛の意味・解説 

カタツムリ

別表記:蝸牛
英語:snail

カタツムリ(英: snail)とは、軟体動物門腹足綱(ふくそくこう)有肺亜綱ゆうはいあこう)に属する、陸に生息する巻貝を指す通称である。カタツムリという語は日常的に使われているが、あくまで通称であり、特定の分類群正式名称ではない。なお、カタツムリの別称として「マイマイ」が挙げられるが、これは学術用語である。

カタツムリは漢字では「蝸牛」と表記し、「かぎゅう」や「でんでんむし」とも読む。「蝸牛」という漢字は、カタツムリがうずを巻いた殻、そして牛のような角を持っていることに由来すると考えられている。

カタツムリという語は、陸に棲む貝類中でも特に触覚先に目があり殻に丸みがあるものを指すことが多いが、厳密な定義は定められていない一般的なカタツムリは背に巻いた殻を持ち、殻の中には内臓が収まっている。カタツムリは湿った状態でないと生きていけないため、体からは粘液分泌しながら活動する。気候により活動支障が出る場合は、殻の中に体を引き込み殻の口に粘膜の膜を張って乾燥から身を守る

カタツムリの殻と体は一体であるため、体と殻を無理に引き離したり、殻が大きく破損したりした場合は死んでしまう。殻を持たない陸生巻貝総称は「ナメクジ」といい、カタツムリの一種分類される。ナメクジはカタツムリの殻が退化してその形になったものであり、カタツムリが殻から出てきてナメクジになるというようなことはない。

カタツムリは地方ごとに生息する種類異なり日本国内だけでも600800程度生息するとされている。

かた つぶり [3] 【〈蝸牛〉】

カタツムリに同じ。 [季] 夏。

か ぎゅう くわぎう [0] 【蝸牛】

かたつむり」に同じ。
狂言の一。蝸牛(かたつむり)を知らぬ太郎冠者が、山伏をそれと思って失敗する
渦巻うずま)き管のこと。
[句項目] 蝸牛角上の争い

かた つむり [3] 【〈蝸牛〉】

〔「かたつぶり」の転〕
軟体動物腹足綱のうち陸上にすむ貝類総称。普通は右巻きの殻をもつ。二対の触角長い方の先端に目がある。雌雄同体食用になる種類もあり、フランス料理で使われる。マイマイマイマイツブロデンデンムシかぎゅう[季] 夏。 《 角出して這はでやみけり- /太祇

でんでん むし [3] 【〈蝸牛〉】

〔「ででむし」の転〕
カタツムリ異名[季] 夏。


蝸牛

読み方:カギュウ(kagyuu)

軟体動物腹足綱陸生巻き貝類の総称


カタツムリ

同義/類義語:蝸牛
英訳・(英)同義/類義語:Sigmurethra

軟体動物陸生巻き貝

かたつむり 【蝸牛】

マイマイ目の陸生有肺類巻貝ヨーロッパでは怠惰象徴とし、罪人なぞらえた。だが一方、露を吸うだけで繁殖していると信じられ、中世教会では処女懐胎真実性を示す生物だともされた。天の川カタツムリのはい跡だとする話もある。→ 処女懐胎

蝸牛

作者中上健次

収載図書中上健次全集 1
出版社集英社
刊行年月1995.8


蝸牛

作者ひろみ

収載図書大人のための面白童話
出版社郁朋社
刊行年月2001.4


蝸牛


蝸牛

読み方:マイマイmaimai

陸性巻き貝マイマイ超科のものの総称


蝸牛

読み方:カタツムリ(katatsumuri)

陸産巻き貝。湿った土地好み草の若葉を食べる。雌雄同体

季節

分類 動物


蝸牛

読み方:カギュウ(kagyuu)

分野 狂言

年代 成立未詳

作者 著者未詳


蝸牛

読み方:カタツムリ(katatsumuri)

作者 中上健次

初出 昭和49年

ジャンル 小説


蝸牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 00:48 UTC 版)

蝸牛(かぎゅう、cochlea)とは、内耳にあり聴覚を司る感覚器官である蝸牛管(cochlear duct)が納まっている、側頭骨の空洞である。蝸牛管を指して「蝸牛」と言うこともある。この名は、哺乳類においては蝸牛がカタツムリ(蝸牛)に似た巻貝状の形態をしていることによる。なお、中学校の理科と高等学校の生物では、蝸牛管はうずまき管と呼ばれる。




「蝸牛」の続きの解説一覧

蝸牛

出典:『Wiktionary』 (2016/07/23 08:54 UTC 版)

名詞

 かぎゅう

  1. かたつむりでんでんむし漢語表現。しばしば、和語かたつむり」「でんでんむし」と訓ずる。夏の季語
  2. 内耳にある感覚器官鼓膜から耳小骨通じて伝えられた振動を、神経繊維通じて中枢に送る。名は、形がかたつむりに似ることに由来

関連語

翻訳

かたつむり
内耳にある感覚器官



蝸牛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蝸牛」の関連用語

蝸牛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蝸牛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蝸牛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの蝸牛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS