螺旋とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 螺旋 > 螺旋の意味・解説 

ねじ〔ねぢ〕【螺子/捻子/捩子/螺旋】

読み方:ねじ

動詞「ね(捩)づ」の連用形から》

円筒円錐の面に沿って螺旋(らせん)状の溝を切ったもの。溝を外面切ったものを雄ねじ、それにはまり合うように内面切ったものを雌ねじという。物を締めつけるのに用いる。

ぜんまいを巻く装置また、ぜんまい

螺子/捻子/捩子/螺旋の画像

らせん


ら‐せん【×螺旋】

読み方:らせん

巻き貝の殻のようにぐるぐる巻いているもの。「―を描く」「―状」「―形」

螺子(ねじ)」に同じ。

[補説] 書名別項。→らせん


螺旋

読み方:ラセンrasen

巻貝のからのように渦巻形になっていること


らせん 【螺旋】


螺旋

作者永山則夫

収載図書木橋
出版社立風書房
刊行年月1990.4


螺旋


螺旋

作者A.P.ド・マンディアルグ

収載図書刃の下
出版社白水社
刊行年月1996.5


螺旋

作者作楽あおい

収載図書フーコー短編小説傑作選 16
出版社フーコー
刊行年月2005.5


螺旋

読み方:ラセンrasen

作者 阿部知二

初出 昭和39年

ジャンル 小説


螺旋

読み方:ラセンrasen

作者 中谷孝雄

初出 昭和12年

ジャンル 小説


螺旋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 06:58 UTC 版)

螺旋(らせん、: helice, : helix)とは、3次元曲線の一種で、回転しながら回転面に垂直成分のある方向へ移動(上昇または下降)する曲線である。螺線(らせん)とも。英語の helix はギリシャ語の ἕλιξ が語源で、ラテン語の helice(ヘリケー)を経由して英語に導入された。「螺」は「ラ」「にし」と読み、タニシ(田螺)やサザエ(栄螺)のような巻き貝貝殻を意味する。




「螺旋」の続きの解説一覧

螺旋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 02:51 UTC 版)

右手の法則」の記事における「螺旋」解説

螺旋については、 ( x , y , z ) = ( cos ⁡ α z , sin ⁡ α z , z ) {\displaystyle \left(x,y,z\right)=\left(\cos \alpha z,\sin \alpha z,z\right)} 、 ( α > 0 ) {\displaystyle \,\left(\alpha >0\right)} を「右手回り巻きと言う日本では右ねじ(の山)」(の螺旋)とも言う

※この「螺旋」の解説は、「右手の法則」の解説の一部です。
「螺旋」を含む「右手の法則」の記事については、「右手の法則」の概要を参照ください。


螺旋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/10 16:29 UTC 版)

ウズラ (藍坊主の曲)」の記事における「螺旋」解説

オリジナルソーダ』(2005年5月18日) 表 話 編 歴 藍坊主hozzy (ボーカル) - 藤森真一ベース) - 田中ユウイチギター) - 渡辺拓郎 (ドラムシングル インディーズ) - 空(インディーズ) - 1.ウズラ - 2.スプーン - 3.桜の足あと - 4.ハローグッバイ - 5.コイントス - 6.空を作りたくなかった - 7.言葉の森 - 8.マザー - 9.名前の無い色 - 10.伝言 - 11.あさやけのうた/すべては僕の中に、すべては心の中に - 12.星のすみか - 13.生命のシンバル - 14.ホタル - 15.星霜、誘う 配信 1.宇宙広がるスピードアルバム 藍坊主インディーズ) - 1.ヒロシゲブルー - 2.ソーダ - 3.ハナミドリ - 4.フォレストーン - 5.ミズカネ - 6.ノクティルカ - 7.ココーノ - 8.Luno ミニアルバム 1.ブルーメリー - 2.S/Normally ベストアルバム 1.the very best of aobozu この項目は、シングル関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJ 楽曲)。

※この「螺旋」の解説は、「ウズラ (藍坊主の曲)」の解説の一部です。
「螺旋」を含む「ウズラ (藍坊主の曲)」の記事については、「ウズラ (藍坊主の曲)」の概要を参照ください。


螺旋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/23 15:39 UTC 版)

護樹騎士団物語」の記事における「螺旋」解説

物語根幹いまだに多くの謎に包まれている。作品中でも血液から螺旋を所持しているかどうか判断できたりと「DNA」を思わせる

※この「螺旋」の解説は、「護樹騎士団物語」の解説の一部です。
「螺旋」を含む「護樹騎士団物語」の記事については、「護樹騎士団物語」の概要を参照ください。


螺旋(らせん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 23:57 UTC 版)

エクゾスカル 零」の記事における「螺旋(らせん)」の解説

葉隠覚悟使用全身使った極限まで捻り加えて放たれる掌打。その衝撃による波紋は、被弾者の内臓捻転させ、悶死させる。

※この「螺旋(らせん)」の解説は、「エクゾスカル 零」の解説の一部です。
「螺旋(らせん)」を含む「エクゾスカル 零」の記事については、「エクゾスカル 零」の概要を参照ください。


螺旋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 07:41 UTC 版)

インソムニア (鬼束ちひろのアルバム)」の記事における「螺旋」解説

アルバムリリース後、リュック・ベッソン監督フランス映画『WASABI』挿入歌として起用され話題呼んだ楽曲監督はもともと親日家であり、ヒロイン広末涼子起用したため、フランスの映画製作サイド劇中使用する挿入歌日本の楽曲良いとのことで日本人アーティスト楽曲使用したい申し出日本側いくつか楽曲送ったところこ楽曲選ばれたという。ちなみにこの楽曲はもともと「My Fragile Life」というタイトルで、シングルCage」が2ndシングルとしてリリースされる際のカップリング曲として発表予定であり既に収録済ませてあったが、発売自体お蔵入りとなってしまい(「Cage」のプロモーションCDのみ収録されていたが、非売品であるこはおろか製品盤が発売中止となってしまったため入手できない)、聴くことは出来ない。このアルバム収録のために新たに収録し直した際に本人曰く塔の螺旋状の階段上り塔のてっぺんから飛び降りる映像浮かんだとのことからタイトル「螺旋」変更されたという。

※この「螺旋」の解説は、「インソムニア (鬼束ちひろのアルバム)」の解説の一部です。
「螺旋」を含む「インソムニア (鬼束ちひろのアルバム)」の記事については、「インソムニア (鬼束ちひろのアルバム)」の概要を参照ください。


螺旋(トルネード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 22:03 UTC 版)

緋弾のアリア」の記事における「螺旋(トルネード)」の解説

片手での銃弾逸らし

※この「螺旋(トルネード)」の解説は、「緋弾のアリア」の解説の一部です。
「螺旋(トルネード)」を含む「緋弾のアリア」の記事については、「緋弾のアリア」の概要を参照ください。


螺旋(らせん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 18:27 UTC 版)

木高イサミ」の記事における「螺旋(らせん)」の解説

ハーフダウン相手へのスピニングスクリューキック。

※この「螺旋(らせん)」の解説は、「木高イサミ」の解説の一部です。
「螺旋(らせん)」を含む「木高イサミ」の記事については、「木高イサミ」の概要を参照ください。


螺旋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 02:58 UTC 版)

右巻き、左巻き」の記事における「螺旋」解説

図-2 螺旋(A)右手右ねじZ巻き(B)左手左ねじS巻き 螺旋(らせん)の例は、ばね、正確にコイルばねつるまきばねとも言う)である。定義をすると、円柱考え、その軸方向一つ進みながら、一定方向巻きつく様、形状である。なお、渦巻、つまり平面内のものを指して、螺旋と呼ぶ事もあるが、この項目で使わない。 螺旋の巻きには二種類ある、言葉で説明すると、不透明な円柱に糸を巻き付け、糸の見える部分、すなわち手前にある部分右上左下を結ぶもの(図-2(A)左上右下を結ぶもの(図-2(B)) がある。 螺旋の巻き方の呼称は、混乱している。前者(図-2(A))を右巻き後者(図-2(B))を左巻きと呼ぶ事が多いようだが、この方法も、逆の方法も、どちらも根拠があり、一方合理的という事は無い。これについては、「右巻き、左巻き」の混乱の節後述する。 螺旋の巻き方の名称には、統一されたものが無く混乱している。以下にいくつか何らかの分野使われている呼び名で、矛盾なく定義されたものを紹介する

※この「螺旋」の解説は、「右巻き、左巻き」の解説の一部です。
「螺旋」を含む「右巻き、左巻き」の記事については、「右巻き、左巻き」の概要を参照ください。


螺旋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:27 UTC 版)

左右」の記事における「螺旋」解説

分野によっては、どちらの螺旋が「右巻きと呼ぶ慣例であるか決まっているつる植物では、両方の定義が使われており、混乱している。 学術用語集では、いくつかの生物関係の分野で、巻き貝における「右巻き」「左巻き」と同じ定義を用いている。 ねじについては、右手握り親指立てたときに四本指先方向に回すと親指側にねじ込めるものを「右ねじ」という。

※この「螺旋」の解説は、「左右」の解説の一部です。
「螺旋」を含む「左右」の記事については、「左右」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「螺旋」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「螺旋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



螺旋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「螺旋」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



螺旋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの螺旋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの右手の法則 (改訂履歴)、ウズラ (藍坊主の曲) (改訂履歴)、護樹騎士団物語 (改訂履歴)、エクゾスカル 零 (改訂履歴)、インソムニア (鬼束ちひろのアルバム) (改訂履歴)、緋弾のアリア (改訂履歴)、木高イサミ (改訂履歴)、右巻き、左巻き (改訂履歴)、左右 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS