右手の法則とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 右手の法則の意味・解説 

右手の法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 02:51 UTC 版)

右手の法則(みぎてのほうそく、: right-hand rule)とは、三次元空間において、座標系の「右手系」の取り方、クロス積電磁誘導による起電力の向き、方向ベクトル(回転軸)に基づく「右手回り」回転方向、螺旋の巻く向きなどの定義を言い表したものを指す。日本では「右ねじ」(の法則)とも言う。なお本稿では右手系直交座標系の採用を仮定する。


  1. ^ クロス積の定義式自身は右手系・左手系ともに同じ形となる。
  2. ^ なおどちらの半空間側から回転面(回転運動を射影した面)を観察しているか(どちらの面が表か)を基にした表し方として「時計回り・反時計回り」がある。


「右手の法則」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「右手の法則」の関連用語

右手の法則のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



右手の法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの右手の法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS