応急措置とは? わかりやすく解説

応急処置

(応急措置 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/07 09:46 UTC 版)

応急処置(おうきゅうしょち、英語: first aid)とは負傷病気などに対してのさしあたっての手当てを指す。厳密にいえば応急処置救急隊員が行う行為と定義されているため、一般市民(バイスタンダー)が行うものは応急手当(おうきゅうてあて)と呼ぶことになっている。


  1. ^ 総務省消防庁平成11年7月6日付通達「応急手当の普及啓発活動の推進に関する実施要綱の一部改正について」(消防救第174号)別紙


「応急処置」の続きの解説一覧

応急措置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 18:39 UTC 版)

クリスタルバイオレット」の記事における「応急措置」の解説

吸入した場合被災者新鮮な空気のある場所に移動し呼吸しやすい姿勢休息させること。医師診断手当てを受けること。 皮膚付着した場合化学物質除去されるまで、多量石鹸で洗うこと。医師診断手当てを受けること。皮膚刺激生じた場合医師診断手当てを受けること。 目に入った場合数分注意深く洗うこと。次にコンタクトレンズ着用していて容易に外せ場合は外すこと。その後洗浄続けること。眼の刺激が続く場合は、医師診断手当てを受けること。 飲み込んだ場合口をすすぐこと。 医師診断手当てを受けること。 予想される急性症状及び遅発性症状発がんのおそれの疑い生殖能または胎児への悪影響のおそれの疑い。 最も重要な兆候及び症状データなし)

※この「応急措置」の解説は、「クリスタルバイオレット」の解説の一部です。
「応急措置」を含む「クリスタルバイオレット」の記事については、「クリスタルバイオレット」の概要を参照ください。


応急措置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/10 09:40 UTC 版)

クラゲ刺傷」の記事における「応急措置」の解説

クラゲ類による受傷応急処置は、海水触手など付着物を洗い流し樹脂製品など刺胞防御するもので残余付着物を除去し直ち医療機関医師受診し適切な処置を受ける。受診まで時間要する場所では救急などの指示に従う。

※この「応急措置」の解説は、「クラゲ刺傷」の解説の一部です。
「応急措置」を含む「クラゲ刺傷」の記事については、「クラゲ刺傷」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「応急措置」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「応急措置」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「応急措置」の関連用語

応急措置のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



応急措置のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの応急処置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクリスタルバイオレット (改訂履歴)、クラゲ刺傷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS