外傷とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 眼科 > 外傷 > 外傷の意味・解説 

がい‐しょう〔グワイシヤウ〕【外傷】

読み方:がいしょう

体外から加えられた力によってできた傷。打撲による損傷など。広く放射線・熱・寒冷などによる皮膚の傷害骨折内臓破裂なども含めていう。


外傷

・外傷(打った当たった,物が入ったなど)

目に直接でなく,頭部外傷によっても視神経管骨折していることもありますまた,化学薬剤(酸・アルカリ)が目に入ったときは,応急処置予後大きく影響しますとりあえ水道水でよいので5~10分ほど十分に洗眼してください。特にアルカリ場合は,応急処置予後が決まるといって過言ではないでしょう


外傷

【仮名】がいしょう
原文trauma

身体への傷、または精神面あるいは感情面に長期的被害をもたらす出来事心的外傷)。

外傷

【英】:Trauma

皮膚粘膜損傷
表面外力によって傷ついた状態。切創挫創擦過創咬創等がある。
外傷はその数と出血度合いから3段階に分ける。軽度では傷は1~2ヵ所で出血少ないか、殆どない中等度では傷は数ヵ所に見られ出血認められる。高度では、全身傷だらけ多量出血見られる動物集団長期飼育していると、雄の場合群内で争い多くの外傷が見られる軽度の外傷はその部位記録するようにする。

外傷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/07 08:06 UTC 版)

外傷(がいしょう、: injury, trauma)とは、外的要因による組織または臓器の損傷の総称。




「外傷」の続きの解説一覧

外傷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 03:20 UTC 版)

テムノドントサウルス」の記事における「外傷」の解説

2018年10月24日発表され論文テムノドントサウルス標本41個の解析が行われ、最も多く観察され病変同種間での競争端を発する外傷であり、頭骨肋骨胸骨前肢集中し回復に向かう兆候見られた。肋骨骨折は大抵の標本において頭部など他の部位の外傷の数と相関確認され頭部の外傷は絶滅したクジラ類モササウルス類のものと類似する。ただし、他の大半海生有羊膜類とは異なりテムノドントサウルス脊柱には外傷が見られなかったことから、これらの頂点捕食者には機能的な差異存在した考えられている。 さらにドイツ南部から出土した標本には減圧症による阻血壊死痕跡確認されず、この生物浅海域生息していた可能性がある。イギリスから出土したものには減圧症症状見られるため、両者には生息環境違いがあったと考えられる

※この「外傷」の解説は、「テムノドントサウルス」の解説の一部です。
「外傷」を含む「テムノドントサウルス」の記事については、「テムノドントサウルス」の概要を参照ください。


外傷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 22:09 UTC 版)

ハゲ」の記事における「外傷」の解説

頭髪の出る部分皮膚怪我をすると再生した皮膚から頭髪出ない小さものなら自他共に気付くことは無いが、ある程度範囲があると、小さなハゲとして認識される。やけどの場合、広い範囲となる可能性がある。

※この「外傷」の解説は、「ハゲ」の解説の一部です。
「外傷」を含む「ハゲ」の記事については、「ハゲ」の概要を参照ください。


外傷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 15:17 UTC 版)

急性呼吸窮迫症候群」の記事における「外傷」の解説

両側の肺挫傷あるいは多臓器不全を来たすような外傷。APACHE IIスコア16点上の場合9点未満比べて本症発症リスク2.5倍、20点上の場合は3倍になるという疫学調査結果がある。

※この「外傷」の解説は、「急性呼吸窮迫症候群」の解説の一部です。
「外傷」を含む「急性呼吸窮迫症候群」の記事については、「急性呼吸窮迫症候群」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「外傷」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「外傷」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



外傷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外傷」の関連用語

外傷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外傷のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
医療法人社団医新会医療法人社団医新会
Copyright (C) 医療法人社団 医新会 All Right Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2024 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外傷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテムノドントサウルス (改訂履歴)、ハゲ (改訂履歴)、急性呼吸窮迫症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS