水晶体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 水晶体の意味・解説 

すいしょう‐たい〔スイシヤウ‐〕【水晶体】

読み方:すいしょうたい

眼球内の前方にあり、外からの光線屈折して網膜上に像を結ばせる器官透明なレンズ状をなす。

「水晶体」に似た言葉

水晶体

「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  気管支樹  水力学的骨格  水孔  水晶体  水晶体板  水晶体胞  水管系

水晶体

水晶体

水晶体

水晶体は外から入ってくる光を屈折させ,網膜に像をうつすという重要なレンズ役割をはたしています。また,単に光を屈折させるだけでなく,目にとって害のある紫外線吸収し紫外線網膜達するのをふせいでます。

 水晶体の特徴としては,

(1)水晶体はほとんど65%)とたん白質35%)からなりたっています。

(2)血管神経全くありませんそのため他の器官のように血液から栄養をとるではなく房水角膜と水晶体の間にある液)から栄養をとり,いらなくなった老廃物房水中にもしています

(3)水晶体の厚さは4~5mm,直径9~10mm,碁石のような形をした透明なもので,チン氏帯(毛様小帯)が付いてレンズささえてます。

(4)水晶体は外側から,水晶体上皮,水晶体皮質水晶体核からなりたっています。水晶体核赤ちゃんにはなく,年とともに水晶体皮質増えながら中央移っていき,圧縮され25歳ごろから硬くなり,だんだん淡黄色着色してになります

(5)水晶体は新生児の場合はほとんど球形で強い屈折力をもってます。これは,眼球前後径が短いために光学的に手助けをしているためです

Q.チン氏帯とはどういう働きしていますか

水晶体 

水晶体

チン氏帯(毛様小帯)は毛様体と水晶体の間を結び水晶体を支えはたらきしていますまた,毛様体の節肉(毛様体筋)と協力して遠く近くを見るときに水晶体の厚さ変えるはたらき調節作用)をしています

遠くのものを見るとき  毛様体筋ゆるんでチン氏帯がひっぱられレンズひらたくます。

近くのものを見るとき  毛様体筋がちぢみ,チン氏帯がゆるんでレンズはまるみと厚みをもち,屈折力増します

なお,遠く近くのものを見るとき,焦点を合わせるのにかかる時間調節時間といいます

調節緊張時間  近くのものを見るのにかかる時間(約1秒くらい)。

調節弛緩時間  遠くのものを見るのにかかる時間(約0.6秒くらい)。


レンズ、水晶体

【仮名】れんず
原文lens

光を収束させることのできる透明な円盤のことで、カメラ顕微鏡使用されている。眼では、眼の前部の瞳孔後方に位置する透明で彎曲した構造体である水晶体が、レンズの役割果たしている。瞳孔ら眼内部に入ってきた光がこのレンズによって収束されることにより、網膜眼の後方に存在する、光を感知できる神経組織の層)上に像が作られる

水晶体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 04:42 UTC 版)

水晶体(すいしょうたい、: lens)は、脊椎動物の中にある組織。カメラでいう凸レンズの役割を果たす。




「水晶体」の続きの解説一覧

「水晶体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水晶体」の関連用語

水晶体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水晶体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
医療法人社団医新会医療法人社団医新会
Copyright (C) 医療法人社団 医新会 All Right Reserved.
レーシック・ネットレーシック・ネット
Copyright (C) Japan medical net communications co.,ltd All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水晶体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS