水管系とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 構造 > 水管系の意味・解説 

すい かんけい -くわん- [0] 【水管系】

ウニ・ヒトデなどの皮(きよくひ動物特有細管からなる構造。中は海水体腔液で満たされ、呼吸排出器官運動器官とを兼ねる。歩管系管足系。

水管系

英訳・(英)同義/類義語:water vascular system, Aqueduct system

棘皮動物移動に使う管足を動かすための器官で、放射相称体制中央部にある環状管があり、ここから、各頂点に対して放射水管伸び管足出し入れする。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  水晶体  水晶体板  水晶体胞  水管系  永久組織  泌尿生殖系  海綿状組織

水管系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/06 13:59 UTC 版)

水管系(すいかんけい)は、棘皮動物の体内に見られる構造の一つである。体内を走るであり、その内部には外から取り入れられた海水が流れる。呼吸や循環などの役割を持っている。




「水管系」の続きの解説一覧



水管系と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水管系」の関連用語

水管系のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水管系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水管系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS