光線とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 光学 > 光線 > 光線の意味・解説 

こう‐せん〔クワウ‐〕【光線】

読み方:こうせん

光のエネルギー流れ道筋を示す線。また一般に、光。「太陽―」


光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 17:18 UTC 版)

光線(こうせん、: ray of light)は、幾何光学における概念であって、光の道筋を表す線のことである。光源より出たをスクリーン上の十分に小さいピンホールを通した光線束を極限に細くしたものを光線と考えるが、実際には回折現象のために極限に細くすることはできない。均質な媒質中では、光線は波面に垂直である。




「光線」の続きの解説一覧

光線(正式名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:27 UTC 版)

勇者指令ダグオン」の記事における「光線(正式名称不明)」の解説

ライト部分から放つ光線。

※この「光線(正式名称不明)」の解説は、「勇者指令ダグオン」の解説の一部です。
「光線(正式名称不明)」を含む「勇者指令ダグオン」の記事については、「勇者指令ダグオン」の概要を参照ください。


光線(正式名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:27 UTC 版)

勇者指令ダグオン」の記事における「光線(正式名称不明)」の解説

ロボットモードの目から放つ光線。

※この「光線(正式名称不明)」の解説は、「勇者指令ダグオン」の解説の一部です。
「光線(正式名称不明)」を含む「勇者指令ダグオン」の記事については、「勇者指令ダグオン」の概要を参照ください。


光線(正式名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:27 UTC 版)

勇者指令ダグオン」の記事における「光線(正式名称不明)」の解説

キッドファイターとキッドタンクの中央銃口から放つ光線。メカージュ星人自分の根を張るための荒野作り出す際に使用したダグオンの敵だった頃はキッドタンクの状態で放とうとした。

※この「光線(正式名称不明)」の解説は、「勇者指令ダグオン」の解説の一部です。
「光線(正式名称不明)」を含む「勇者指令ダグオン」の記事については、「勇者指令ダグオン」の概要を参照ください。


光線(フラーシュ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:17 UTC 版)

マギの登場人物」の記事における「光線(フラーシュ)」の解説

マグノシュタットでの修行で会得した光魔法。光線を撃つ。

※この「光線(フラーシュ)」の解説は、「マギの登場人物」の解説の一部です。
「光線(フラーシュ)」を含む「マギの登場人物」の記事については、「マギの登場人物」の概要を参照ください。


光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:12 UTC 版)

武器」の記事における「光線」の解説

光や電磁波投射する光線武器SFではおなじみ武器である。現時点では光線を制御する技術不十分で強力な光線を発生させるエネルギー供給が難しいため、実用的な武器としての利用少なく大型兵器での実用化模索されている程度である。光は直進する性質利用した低出力のものが、競技用ビームライフル遊戯用の光線銃や、銃の照準としてレーザーポインター利用されている。 目潰し目的とした最も強力なものに、目潰しレーザー (Blinding Laser Weapon) がある。目の網膜損傷させ回復不可能ダメージ与え恐れがある非人道的武器」として、またテロリストうってつけの武器といえるため、実用化以前研究段階ながらジュネーブ協定によって使用禁止されている。 目をくらませる目的で他に閃光手榴弾しゅりゅうだん)などもある。 また光線というよりも光そのもの武器とし、鏡による反射利用した目潰しかく乱大鏡による着火利用した兵器など比較古い時代から少数ながら存在する

※この「光線」の解説は、「武器」の解説の一部です。
「光線」を含む「武器」の記事については、「武器」の概要を参照ください。


光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 16:33 UTC 版)

レイトレーシング」の記事における「光線」の解説

レイトレーシング基本は、レイ (英: ray) すなわち光線を扱うものであり、光の光学的振る舞いシミュレートする。これは3次元コンピュータグラフィックス (3DCG) を描画するレンダリング技法のひとつとして応用されている。 光は反射鏡レンズに対して反射屈折をするが、その様子を幾何光学的に追いかけて、光がどのような振る舞いをするのかについて知ることができる。通常反射正反射用い屈折スネルの法則に従って計算する。またレンズなどの複数光学素子組み合わせた場合、光線を追う計算複雑で面倒なものになってしまうが、1930年代Thomas Smithにより行列用いて容易に計算する方法見出された。 レンズ反射鏡用い光学機器開発用いられ物体の像をつくるときに発生する収差推定することに用いられるコンピュータ出現以前は手計算用いていたため膨大な時間かかったが、コンピュータによって高速かつ大量の計算可能になった。コンピュータ進歩に伴い3次元コンピュータグラフィックスで光の当た方や物体見え方シミュレーションにも用いられるようになっているこの場合乱反射散乱といった現象含めて計算されるこの手法は、カメラ観察者相当する受信点を中心に画角となる2次元方向内の微小な角度ごとのそれぞれの方向から受け取るはずの光線(レイ)について、算術演算理をそれぞれ行うことで仮想的逆方向追跡しその方向に何が見えるかを判定する透明な物体では境界面ごとに複数屈折光反射光分かれるが、それぞれの伝播経路計算するわずかな吸収除けばほとんどが反射光となる鏡面反射では演算量があまり増えないが、透明や鏡面でない物体表面周囲のあらゆる方向へ光を乱反射しているため、それらをすべて演算しようとすれば演算量が指数関数的に増えてしまい有限時間内には処理できなくなる。こういった拡散反射乱数によってランダムに選ばれた方向のみに限定することで演算量を現実的な処理量に抑えた「モンテカルロ・レイトレーシング」(Monte Carlo Ray Tracing) によってシミュレートされる。モンテカルロ・レイトレーシングの内でも「分散レイトレーシング」と呼ばれる手法では、ある程度リアルさシミュレートするために拡散反射する表面ごとに逆追跡必要な経路多数生じるため、複数表面同士反射する光まで再現しようとしてやはり演算処理量が爆発的に増加してしまう。拡散反射する表面での逆追跡必要な経路ランダムに1つだけ生む手法は「パス・レイトレーシング」と呼ばれるレイトレーシング似た手法、または最も広義のレイトレーシング手法1つとも考えられるものに「フォトン・マッピング」がある。レイトレーシング観察者カメラ側から光線の経路を逆追跡するに対してフォトン・マッピングでは光源側から光線の経路再現する。 「光線行列解析」も参照

※この「光線」の解説は、「レイトレーシング」の解説の一部です。
「光線」を含む「レイトレーシング」の記事については、「レイトレーシング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「光線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

光線

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:28 UTC 版)

名詞

こうせん

  1. 進む経路示す線。

発音(?)

こ↗ーせん

「光線」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



光線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「光線」の関連用語

光線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



光線のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの勇者指令ダグオン (改訂履歴)、マギの登場人物 (改訂履歴)、武器 (改訂履歴)、レイトレーシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの光線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS