生存者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 生存者の意味・解説 

生存者

作者ゲイリー・A.ブラウンベック

収載図書サイコ
出版社祥伝社
刊行年月1998.12
シリーズ名ノン・ポシェット

収載図書アメリカミステリ傑作選 2001
出版社DHC
刊行年月2001.6
シリーズ名アメリカ文芸年間傑作選


生存者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/19 02:51 UTC 版)

生存者』(英語: Alive: The Story of the Andes Survivors)は、イギリス作家ピアズ・ポール・リード (Piers Paul Read) 著作のウルグアイ空軍機571便遭難事故を題材にしたドキュメンタリー作品である。日本語版を含め、1974年4月に世界各国で出版された。


  1. ^ a b ピアズ・ポール・リード著、『生存者』、永井淳訳、新潮社、(1982年3月)ISBN 4102188010、p.444-5
  2. ^ 『生存者』p.5-6
  3. ^ ピアズ・ポール・リード, Alive: The Story of the Andes Survivors, Lippincott Williams & Wilkins,(1974年4月(初版))ISBN 039701001X、10ページ目
  4. ^ Alive: Sixteen Men, Seventy-two Days, and Insurmountable Odds(1996年6月(増版))ISBN 978-1885283085
  5. ^ 著:ピアス・ポール・リード、翻訳:永井淳 『生存者―アンデス山中の70日』 平凡社1974年ASIN B000J9TTE0


「生存者」の続きの解説一覧

生存者(サバイバー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 00:10 UTC 版)

アッチェレランド (小説)」の記事における「生存者(サバイバー)」の解説

シンギュラリティから数百年が経ち太陽系からの難民独自のワームホール・ネットワークを構築し無数の星系に入植行っていた。サーハンは妻リタと息マニと共にヒュンダイ系に作られたハビタット生活していた。そこへアイネコ帰還しマンフレッドに取引を持ちかけるもしそれ受諾されたならば、アイネコ今後一切一族干渉しないと言う

※この「生存者(サバイバー)」の解説は、「アッチェレランド (小説)」の解説の一部です。
「生存者(サバイバー)」を含む「アッチェレランド (小説)」の記事については、「アッチェレランド (小説)」の概要を参照ください。


生存者(1974年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 15:05 UTC 版)

ウルグアイ空軍機571便遭難事故」の記事における「生存者(1974年)」の解説

『生存者』(原題Alive: The Story of the Andes Survivors)は、イギリスノンフィクション作家ピアズ・ポール・リード英語版)によって、生存者とその家族へのインタビューを元に書かれた。冒頭で、生存者たちがこの本を出版することを望んだ理由記されていたが、これは2005年再版時に改訂された以下は改訂前の引用である。 「 我々は、この本が出版されるべきであると決めた多くの噂が流布されている真実山脈の中で起こった。我々は死んだ友人たちと、我々が必要としたとき愛を込めて我々のこと受け止めた彼らの両親理解に我々の苦しみ連帯感書かれたこの本を捧げる。 」 出版タイトル前述の通り2005年再版時に Alive: Sixteen Men, Seventy-two Days, and Insurmountable Odds改題された。序文著者および生存者のホセ・ルイス・インシアルテ、アルバロ・マンヒーノの2人インタビュー改訂された日本では1974年に『生存者 : アンデス山中70日』の題で平凡社から刊行され1982年には『生存者』の題で新潮文庫から文庫化された。また、本書アメリカ映画生きてこそAlive1993年)の原作となった

※この「生存者(1974年)」の解説は、「ウルグアイ空軍機571便遭難事故」の解説の一部です。
「生存者(1974年)」を含む「ウルグアイ空軍機571便遭難事故」の記事については、「ウルグアイ空軍機571便遭難事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生存者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「生存者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



生存者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

生存者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生存者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生存者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアッチェレランド (小説) (改訂履歴)、ウルグアイ空軍機571便遭難事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS