炉心溶融とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 炉心溶融の意味・解説 

炉心溶融

読み方:ろしんようゆう
別名:メルトダウン
英語:melt-down

原発事故において、炉心内部格納された核燃料高温により溶け出し炉心溶解破損する現象原発事故中でも最も過酷事態一つとされる

炉心溶融のうち、炉心全て高温によって溶融した状態を特に、「全炉心溶融」(フルメルトダウン)と呼ぶ。また、メルトダウンにより原子炉の底に落下した核燃料が、原子炉破損して炉外に露出することを、「メルトスルー」と呼ぶこともある。

1979年発生したスリーマイル島原子力発電所事故と、映画チャイナシンドローム」の影響で、炉心溶融事故を「チャイナシンドローム」と呼ぶこともある。チャイナシンドロームとは、メルトダウン・メルトスルーした核燃料を指す冗談交じり表現である。

2011年3月11日発生した東京電力福島第一原子力発電所原発事故では、当初、炉心溶融は発生ていない発表されていたが、後に撤回し、5月12日原子炉1号機事故発生後まもなく炉心溶融が起こっていたことを認め5月25日までに2号機3号機でも炉心溶融が発生した可能性のあることを認めている。

ろ しんようゆう [4]炉心溶融

冷却材流出などにより炉心高温になって核燃料溶ける現象原子炉事故で最も危険。メルトダウン

炉心溶融

原子炉冷却材冷却能力異常な減少、あるいは炉心異常な出力上昇により、燃料体が過熱し、かなりの部分燃料集合体または炉心構造物溶融することを炉心溶融という。 または、炉心損傷により生じた破片状の燃料が、原子炉冷却材冷却能力喪失により溶融することをいう。

炉心溶融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/25 23:48 UTC 版)

炉心溶融(ろしんようゆう)、あるいはメルトダウン英語: nuclear meltdown, core meltdown)とは、原子炉中の燃料集合体が(炉心を構成する制御棒やステンレススチール製の支持構造物等をも含めて)核燃料過熱により融解すること。または燃料被覆管の破損などによる炉心損傷で生じた燃料の破片が過熱により融解すること[1]


  1. ^ 原子力防災基礎用語集:さくいん”. 原子力安全技術センター. 2011年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月7日閲覧。など
  2. ^ ATOMICA 軽水炉燃料の炉内挙動(通常時)「原子炉運転中の被覆管温度は約550Kから700Kである。」
  3. ^ ATOMICA 燃料棒内温度分布(典型例)
  4. ^ 二酸化ウランの融点は2865 °C (3140 K)と、鋼よりも遥かに高い。
  5. ^ “4号機、燃料溶融寸前だった…偶然水流入し回避”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年4月28日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/Y3XQR 
  6. ^ 炉心損傷に関する現状と課題 (PDF) 日本原子力研究所(JAERI)1982年5月 IAEAサイト
    なお、同報告書では炉心損傷事故(Severe Core Damage Accident)あるいは炉心損傷と訳出して,SCDというアブレビに対応させている(pi,p1)。カタカナ語のメルトダウンの語源であるmelt downに対しては「溶融落下」という訳出がなされている(p28)。
  7. ^ カナダELYSIUM社の溶融塩原子炉、メルトダウンなく安全、10年後の実現目指す日経ものづくり』(2018年1月31日)2018年5月21日閲覧。
  8. ^ 炉心溶融挙動を予測する新しい数値シミュレーションコードの開発~デブリの詳細な組成分布の推定に光が見えた~国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(2018年3月23日)2018年5月21日閲覧。
  9. ^ 「メルトダウン詳細に再現 原子力機構 燃料堆積状況など把握」『日経産業新聞』2018年5月10日(先端技術面)。
  10. ^ ATOMICA チェルノブイリ原子力発電所事故の経過 (02-07-04-12) 図6 象の足
  11. ^ 齊藤誠:原発危機の経済学 (PDF)
  12. ^ a b 小林健介、石神努、浅香英明、秋元正幸:BWRの炉心損傷・炉心溶融事故解析の現状 日本原子力学会誌 Vol.27 (1985) No.12 P1093-1101
  13. ^ 大坪国順(2014)福島第一原子力発電所の事故に関わる疑問点 上智地球環境学会 Global Environmental Studies No.9 p.109-119, 2014-03-27, ISSN 1880-7143
  14. ^ Ralph Eugene Lapp は1971年に次のように述べており、これがチャイナ・シンドロームの最初の用例とされている。 : ・・・ The behavior of this huge, molten, radioactive mass is difficult to predict but the Ergen report contains an analysis showing that the high-temperature mass would sink into the earth and continue to grow in size for about two years. In dry sand ahot sphere of about 100 feet in diameter might form and persist for a decade. This behavior projection is known as the China syndrome. ・・・ ("Thoughts on Nuclear Plumbing," New York Times, 12 Dec. 1971, p.E11)
    引用中の the Ergen report とは、The Ergen Report, 1967 – ECCS, Meltdown studies. by W K Ergen; U.S. Atomic Energy Commission. Advisory Task Force on Power Reactor Emergency Cooling.
  15. ^ “チャイナシンドローム”. 知恵蔵2015. 朝日新聞社. http://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0 2013年1月12日閲覧。. 
  16. ^ 山崎久隆「隠された原発大事故--福島第1原発2号・1981年5月12日」『世界』第586巻、世界、1993年9月、 266-273頁、 NAID 40002107787P267
    「原発で問題なのは、スクラムで核分裂反応を止めても、燃料の中に出来ている放射性物質の崩壊熱で、原子炉停止直後も、長時間にわたって大きな熱を出すことである。(中略)この冷却に失敗すれば、燃料棒は自ら発する熱のために、ついには溶け出して崩れ落ちる。これをメルトダウンという」と述べられている。
  17. ^ 水―ジルコニウム反応について
  18. ^ 運転状態を踏まえたBWRにおける可燃性ガスへの対応 (PDF)”. 電気事業連合会 (2010年1月19日). 2011年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月7日閲覧。
  19. ^ “3号機にホウ酸注入、再臨界防止に1・2号機も”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年3月16日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/WhcbL 


「炉心溶融」の続きの解説一覧



炉心溶融と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「炉心溶融」の関連用語

炉心溶融のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



炉心溶融のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2020 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炉心溶融 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS