スリーマイル島原子力発電所事故とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 事件・事故 > 原子力事故 > スリーマイル島原子力発電所事故の意味・解説 

スリーマイル島原子力発電所事故

読み方:スリーマイルとうげんしりょくはつでんしょじこ
別名:スリーマイル島原発事故TMI原子力発電所事故TMI原発事故スリーマイルアイランド原発事故スリーマイルアイランド事故
英語:Three Mile Island accident

米国ペンシルバニア州スリーマイル島建設されたスリーマイル島原子力発電所1979年3月発生した原発事故。「国際原子力事象評価尺度レベル5」と判断された世界有数の重大な原発事故となった。

スリーマイル島原子力発電所事故は、冷却システム停止したことによる冷却水喪失起因して発生し、炉が「空焚き」状態となり、露出した燃料棒炉心溶融メルトダウン)および崩壊を引き起こした。ほどなく給水システム復旧したことで、大爆発などには至らず収束したが、この事故きっかけとして米国では猛烈反核運動勃発した。

米国では、一時原子力発電所新設計画があったものの、スリーマイル島原子力発電所事故の発生した1979年から2011年現在に至るまで、新規原子力発電所建設されていない

なお、事故発生時の米国は、ほんの十数日ほど前に原発炉心溶融事故題材とする映画チャイナシンドローム」が公開されたばかりであった。

スリーマイル島(TMI)原子力発電所事故

アメリカペンシルバニア州スリーマイルアイランド原子力発電所2号炉(Three Mile Island-2:加圧水型原子炉PWR)、電気出力959MW)で、1979年3月28日発生した事故で、世界各国原子力防災体制強化拡充する契機となった。 同炉の定格出力での運転中蒸気発生器を送っていた主給水ポンプ停止し、自動的補助給水ポンプ起動したが、ポンプ出口弁が閉じていたため給水できず、非常用炉心冷却装置ECCS)が自動作動したにもかかわらず、運転員の誤判断で同装置手動停止したなどの機器故障誤操作が重なった結果炉心上部露出し、炉心溶融するというこれまでにない事故となった。 放射性希ガス放射性ヨウ素環境放出され、住民一部避難したが、周辺公衆の受けた放射線の量は最大で1ミリシーベルト平均で0.01ミリシーベルトであり、放射線障害発生はみられていない。 この事故国際原子力事象評価尺度INES)のレベル5分類された。 スリーマイル島原子力発電所事故

スリーマイル島原子力発電所事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 15:43 UTC 版)

スリーマイル島原子力発電所事故(スリーマイルとうげんしりょくはつでんしょじこ、: Three Mile Island accident)は、1979年3月28日アメリカ合衆国東北部ペンシルベニア州スリーマイル島原子力発電所で発生した重大な原子力事故。スリーマイル島 (Three Mile Island) の頭文字をとってTMI事故とも略称される。原子炉冷却材喪失事故 (Loss Of Coolant Accident, LOCA) に分類され、想定された事故の規模を上回る過酷事故 (Severe Accident) である。国際原子力事象評価尺度 (INES) においてレベル5の事例である。




  1. ^ この状態は In-vessel melt = 圧力容器内溶融と呼ばれる。
  2. ^ 『実務入門 ヒューマンエラーを防ぐ技術』東京電力技術開発研究所ヒューマンファクターグループ著、河野 龍太郎編
  3. ^ 「信じられないミス」はなぜ起こる 著:黒田 勲
  4. ^ What Happened and What Didn't in the TMI-2 Accident”. American Nuclear Society. 2008年11月9日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ “Three-Mile Island cancer rates probed”. BBC News. (2002年11月1日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/2385551.stm 2008年11月25日閲覧。 
  6. ^ a b c d Mangano, Joseph (September/October 2004). “Three Mile Island: Health Study Meltdown”. Bulletin of the Atomic Scientists (Metapress) 60 (5): 30--35. doi:10.2968/060005010. ISSN 0096-3402. http://thebulletin.metapress.com/content/t0778475220w1365/?p=90575ba504f3478da3d2aeac62e52ec1&pi=0 2009年3月31日閲覧。. 
  7. ^ Teather, David (2004年4月13日). “US nuclear industry powers back into life”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/business/2004/apr/13/nuclearindustry.usnews 2008年12月29日閲覧。 
  8. ^ Harvey Wasserman, CounterPunch, 24 March 2009, People Died at Three Mile Island
  9. ^ スリーマイル島原発事故から32年 周辺住民から放射性物質の影響など心配する声”. フジニュースネットワーク (FNN). 2011年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月1日閲覧。
  10. ^ Melvin A Benarde (2007). Our Precarious Habitat—It's in Your Hands. Wiley InterScience. p. 256. ISBN 0471740659. http://books.google.com/?id=9O82L8QEZXcC&pg=PA256 


「スリーマイル島原子力発電所事故」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スリーマイル島原子力発電所事故」の関連用語

スリーマイル島原子力発電所事故のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スリーマイル島原子力発電所事故のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2020 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスリーマイル島原子力発電所事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS