取り組みとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 取り組みの意味・解説 

とり‐くみ【取(り)組(み)】

取り組むこと。物事にあたること。「問題への取り組み」

組み合わせること。取り合わせ。特に、相撲組み合わせ。「好取り組み」

信用取引で、売り残買い残の状態または関係。


取り組み

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

取り組み

信用取引における買い残売り残の関係。
買い残売り残の取り組み状態は、相場先行きをみるうえで重要な材料になります信用取引では、基本的に信用買いは6カ月以内売り要因信用売りは6カ月以内の買い要因となるため、買い残圧倒的に多いことは、売り要因のふるい落とし進んでいないことを意味し、「取り組みが悪い」などと言われます。逆に、「取り組みがいい」と言われるのは、商い盛況相場上昇し、買い残売り残いずれも増えていくケースです。また、買い残売り残比率信用倍率)が低くなると、相場底入れが近いとされて株価反転することも多く、取り組み好転となります。個別銘柄場合は、この信用倍率が3倍を切って取り組み接近になると、目先の強弱感が際立って対立していると考えられ、仕手人気化して株価乱高下することがあります


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取り組み」の関連用語

取り組みのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



取り組みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS