日本コカ・コーラとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 企業情報 > 日本コカ・コーラの意味・解説 

日本コカ・コーラ株式会社


日本コカ・コーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 23:19 UTC 版)

日本コカ・コーラ株式会社(にほんコカコーラ)は、アメリカ合衆国に本拠を置くザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人である。




  1. ^ 清涼飲料市場 - 日刊経済通信社 (PDF)
  2. ^ 【ビジネスTODAY】酒類再参入「巨人」の一歩/コカ・コーラが缶チューハイ/九州で 販路、ゼロから開拓『日本経済新聞』朝刊2018年5月29日(企業1面)2018年6月2日閲覧。
  3. ^ 2003年2月25日 日経新聞 2002年度では2位がユニクロ(ファーストリテイリング)で3位がマイクロソフト
  4. ^ 帝国データバンク「法人申告所得ランキング」
  5. ^ 『もっと知りたい!図鑑 日本はじめて図鑑』(2012年3月、ポプラ社発行)26ページ。
  6. ^ a b c d 喉とともに「人と人をうるおす」ボトラー。「コカ・コーラCJ」の地域密着事業 ヨコハマ経済新聞 2006年10月17日
  7. ^ 日本コカ・コーラ、コカ・コーラウエストとコカ・コーライーストジャパンの 経営統合に関する最終合意の発表を支持する声明 - 日本コカ・コーラ 2016年9月30日
  8. ^ コカ・コーラ ボトラーズジャパングループの新法人体制に関するお知らせコカ・コーラボトラーズジャパン 2017年12月6日
  9. ^ 3D VIS コカ・コーラ自動販売機に新型標準機採用 - 日本コカ・コーラ株式会社 ニュースリリース 2010年12月1日(2013年10月28日閲覧)
  10. ^ 仙台コカ・コーラ創業25周年250ml缶 - ゴーストスープのコカ・コーラブログ、2015年4月15日閲覧。
  11. ^ 第9回世界水泳選手権大会福岡2001 - ゴーストスープのコカ・コーラブログ、2015年4月15日閲覧。
  12. ^ 初代ダイヤモンド缶と復刻缶 - ゴーストスープのコカ・コーラブログ、2015年4月15日閲覧。
  13. ^ コカ・コーラZEROフリー350ml缶 - ゴーストスープのコカ・コーラブログ、2015年4月15日閲覧。
  14. ^ コカ・コーラ250ml 2nd缶 - ゴーストスープのコカ・コーラブログ、2015年4月15日閲覧。
  15. ^ 新しいRTDコーヒー登場 新ブランド 「LUANA(ルアーナ)」 - 5月13日(月)全国で新発売 - - 日本コカ・コーラ 2013年4月19日
  16. ^ 緑茶も「プレミアム戦争」勃発…市場飽和で差別化図る - フジサンケイビジネスアイ 2007年8月29日
  17. ^ オリジナル商品「ソフトドリンク」茶流彩彩 大地のルイボス 500ML(セブン-イレブン・ジャパン)
  18. ^ 無糖茶系飲料(アクエリアスを含む)用は47g。なお、発表当時2Lペットボトルでは国内最軽量となっていたが、2010年1月にサントリー食品のサントリー天然水がボトル改良により36gを達成したので、1年満たないうちに2Lペットボトルの国内最軽量記録が塗り替えられた。
  19. ^ コカ・コーラがチルドコーヒーに参入、世界的なパティシエとコラボ。
  20. ^ 2017年「コカ・コーラ」の新キャンペーン "ウチのコークは世界一"
  21. ^ 年度上半期(4月 - 9月)のみ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本コカ・コーラ」の関連用語

日本コカ・コーラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本コカ・コーラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本コカ・コーラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS