FNSの日とは?

FNSの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 00:56 UTC 版)

FNSの日』(エフエヌエスのひ)[1] は、フジテレビフジネットワーク(FNS)系列各局(テレビ大分を除く)が、毎年1つのメインコンセプトテーマを掲げ、1987年から毎年に総力を挙げて制作、生放送されている長時間特別バラエティ番組




注釈

  1. ^ クイズ出題以外のコーナー(「ニュースコーナー」・「列島リレーニュース」)では、露木茂が進行。
  2. ^ 27日早朝の「世紀の早朝ゴルフ対決 IN 大箱根」から参加。これは、放送直前まで「FNNニュース555 ザ・ヒューマン」の土曜日キャスターを担当していた関係上。27日早朝までは、インフォメーション担当の牧原俊幸が進行。
  3. ^ 参議院議員通常選挙実施日だったため、開票速報を交えた放送となった。
  4. ^ 2014年6月15日放送の『ワイドナB面』で発表された。
  5. ^ 2012年から2016年までは、当日に重賞レースが2つ組まれた場合はそのうちの1つを中継していた。
  6. ^ 「すぽると」「スポーツLIFE HERO'S」単発での特別番組放送がなかった2008年 - 2010年と2013年、2014年、2016年も『さんま・中居の今夜も眠れない』に内包する形で10分程度のスポーツニュースをこの番組の女性キャスター2名が担当して伝えている。ただ通常の番組とは大幅に時間が短いダイジェスト編集のため、プロ野球・Jリーグの結果速報は各2試合程度で、残りは字幕のみという形になっている
  7. ^ 2011年のニュースの時間にはアナログ放送が終了するため放送せず、フルネットとなった。
  8. ^ NNSおよびFNSには加盟しているものの、両ネットワークの業務協定に参加していない準加盟に近い形態となっている。
  9. ^ 2017年は18:00-20:25に『ワールドグランドチャンピオンズカップバレー』(日本テレビ製作)を放送される為、後日に振替放送される。
  10. ^ NNS系列には非加盟だった。
  11. ^ JNNニュース』『(関口宏の)サンデーモーニング』『報道特集』(当時は日曜枠、枠移動により現在は土曜枠)等、JNN加盟局が必ずネット受けしなければならない報道関連番組の多くが土日に集中している事情があったものと見られる。[独自研究?]

出典

  1. ^ 日本民間放送連盟 「日本民間放送年鑑'87(昭和62年版)」436ページ
  2. ^ フジ27時間TV全平均9・8%、昨年下回る 文化通信.com 2013年8月6日閲覧。
  3. ^ FNS27時間テレビ2016 フジテレビ2016年6月7日閲覧
  4. ^ フジ「27時間テレビ」視聴率7・7% 13年下回りワーストに スポニチアネックス 2016年7月26日配信・閲覧
  5. ^ [1] フジテレビ2017年7月18日閲覧
  6. ^ [2] フジテレビ2018年6月21日閲覧
  7. ^ フジ「27時間テレビ」視聴率は7.3% 歴代ワーストに - スポーツニッポン新聞社、2018年9月10日配信、同日閲覧
  8. ^ 意味としてはオタク住宅(御宅)を引っ掛けたテーマ。実際に、本番中(24時間以内)に一軒家を建てようという企画が行われ、オタク評論家宅八郎がゲスト出演した。
  9. ^ FNS27時間テレビ2015 フジテレビ2015年4月15日閲覧
  10. ^ FNS27時間テレビ2016フジテレビ2016年5月26日閲覧
  11. ^ FNS27時間テレビ2016フジテレビ2016年5月26日閲覧
  12. ^ FNS各局だけでなく飛び入りで参加できた。(FNS27時間テレビ2016公式サイト・7月25日閲覧)
  13. ^ FNS27時間テレビ2017フジテレビ2017年8月6日閲覧


「FNSの日」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FNSの日」の関連用語

FNSの日のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FNSの日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFNSの日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS