加藤和彦とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 日本の歌手 > 加藤和彦の意味・解説 

加藤和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/08 15:23 UTC 版)

加藤 和彦 (かとう かずひこ、1947年3月21日 - 2009年10月16日[1])は日本音楽プロデューサー作曲家ギタリスト歌手。「トノバン」または「トノヴァン」という愛称で呼ばれることもあるが、これはライブでドノヴァンの楽曲をカバーするなどしたことに由来する[2]




  1. ^ a b “「帰って来たヨッパライ」の加藤和彦さん 軽井沢で自殺”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2009年10月17日). オリジナルの2009年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091018141134/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20091017059.html 2009年10月18日閲覧。 
  2. ^ 読売新聞2009年10月23日付夕刊、3版、13面
  3. ^ 1979年から1981年にかけて主にヨーロッパで録音された『パパ・ヘミングウェイ』、『うたかたのオペラ』、『ベル・エキセントリック』からなる三部作。『ヴェネツィア』(1984年)を含めて四部作とする場合も多い。
  4. ^ たとえば、『アサヒグラフ』1978年3月3日号p.90 「支度の時間がいいのです」などの雑誌記事や、『加藤和彦、安井かずみのキッチン&ベッド』、『ワーキングカップル事情』などの著書で二人の暮らしぶりが紹介されている。
  5. ^ a b c d e 『エゴ~加藤和彦、加藤和彦を語る』
  6. ^ 週刊朝日朝日新聞社、1977年11月1日号、87頁
  7. ^ a b 『加藤和彦 ラスト・メッセージ』
  8. ^ 北山修著『くたばれ芸能野郎』
  9. ^ ミュージック・マガジン』2009年12月号
  10. ^ 『スーパー歌舞伎な男たち』(4/18/03 NHK)
  11. ^ e-days VITAMIN-Q featuring ANZA インタビュー Archived 2011年3月15日, at the Wayback Machine.
  12. ^ “死亡男性は加藤和彦さん、自殺か”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年10月17日). オリジナルの2010年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101201023427/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091017/crm0910171511013-n1.htm 2009年10月17日閲覧。 
  13. ^ プレミアムドラマ 優雅な生活が最高の復讐である|NHK名作選(動画等)
  14. ^ サポーティングメンバー・インタビュー 加藤和彦club willbe 2017年12月12日閲覧
  15. ^ 月刊プレイボーイ』 1976年5月号 p.150「ジャック・ニコルソンに捧げるメニュー」
  16. ^ 『ワーキングカップル事情』
  17. ^ 『男子専科』1979年6月号 / 『POPEYE』1980年12月10日号参照。なお、加藤のファッション遍歴については『MEN!S Precious』2010年秋号 (小学館) 特集「加藤和彦 世紀の伊達男伝説」で概要がつかめる。
  18. ^ 『安井かずみがいた時代』
  19. ^ 加藤和彦さん“遺書”の波紋…「売ろうとかいう呪縛」 - 芸能 - ZAKZAK
  20. ^ 『加藤和彦 あの素晴しい音をもう一度』
  21. ^ 『味の旅 フランス - 地球おいしいぞ』(日本テレビ放送網、1989年) / 『ヨーロッパ・レストラン新時代』(渡辺音楽出版、1990年)


「加藤和彦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加藤和彦」の関連用語

加藤和彦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



加藤和彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加藤和彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS