琉球音階とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 音階 > 琉球音階の意味・解説 

りゅうきゅうおんかい りうきう- [5] 【琉球音階】

日本五音音階の一。各音の音程関係は洋楽階名のド・ミ・ファ・ソ・シと同じ形。主に沖縄音楽で用いられる。 → 五音音階

琉球音階

読み方りゅうきゅうおんかい

琉球音階とはレとラがないド・ミ・ファ・ソ・シ・ドの六音から成る音階。ただしあくまでも西洋音階基準対比させると六音であるということである。三線チンダミ(調弦)についても琉球音階と同じで、ド・ファ・ドの音が奏者各人により微妙に違う。その日の喉の調子男性女性各自音階で変わってしまう。琉球音階はそれが許される。絶対音階がないといえる。なおインドネシアのぺロッグ音階同様の構成ガムランとの共通性はこの音階による。

琉球音階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/14 06:21 UTC 版)

現在一般に琉球音階(りゅうきゅうおんかい)と「呼ばれる」音階は、沖縄県全域及び、鹿児島県奄美群島沖永良部島与論島に伝わるレとラを除いたド・ミ・ファ・ソ・シ・ドの5音で構成される音階である。近年は本土でもポップスに採り入れられる場合が出てきている。






「琉球音階」の続きの解説一覧



琉球音階と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「琉球音階」の関連用語

琉球音階のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



琉球音階のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウルマックスウルマックス
©2019 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの琉球音階 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS